柳月で販売されている三方六の魅力を紹介!三方六の切れ端って?

photo by 柳月http://www.ryugetsu.co.jp/particular/sanpouroku.html
バームクーヘン

この記事では北海道にある柳月や、販売されている三方六の魅力を紹介しています。層を重ねた味わい深いバウムクーヘンは、つい食べ過ぎてしまうほどに魅力を持ったお菓子です。

ぜひ柳月や三方六のよさを知ってみてください。

柳月の特徴

柳月はさまざまなバウムクーヘンの販売を行っていて、多くの年代に評価されています。看板商品である 三方六は白樺の木肌を意識し、バウムクーヘンをホワイトチョコとミルクチョコレートでコーティングした大人気商品です。

食感はふんわりさとしっとりさが両立し、口に入れるとすっきりとした甘さが口に広がります。層が厚いので食べがいもあり、バウムクーヘン好きなら一度は食べておきたい一品です。

ホワイトチョコとミルクだけではなく抹茶やメープルでコーティングしたタイプもあるので、選ぶのが楽しくなるでしょう。

三方六 年輪

北海道命名150年を記念して作られた、濃厚ミルクとチーズの二層仕立てのバウムクーヘンです。まさに年輪を感じさせるデザインで、大きく食べがいもあります。

賞味期限が21 日間あるので、少しづつ食べるもよし。みんなで分けるもよし。さまざまな食べ方ができるでしょう。

三方六の小割

三方六の小割は三方六を小ぶりにカットし、食べやすくした商品です。個包装されているので扱いやすく、自分用としてはもちろん、お土産用としても向いています。

三方六を食べてみたいけどカットするのが面倒だし、残ってしまうのが不安・・・そういった方は三方六の小割を選んでみてください。

季節限定 三方六の小割

三方六の小割には季節限定のタイプが存在します。それぞれの季節に合わせたフレーバーが採用されているので、季節感を感じることができるでしょう。

春なら三方六の小割 いちご・夏なら三方六の小割 北海道メロン・冬なら冬の濃厚ショコラといったように、全く違った味が楽しめます。

柳月の商品がお得に購入できる三方六の切れ端

三方六には通常の商品のほかに、三方六の切れ端という商品が存在します。三方六の製造過程でどうしても切り落とす必要があった切れ端を商品として販売し、有効的に活用しているのです。

もちろん正規の商品と比べてそれほど味に違いがないので、お得に三方六を楽しむことができます。

三方六の切れ端はどこでかえる?

三方六の切れ端を購入するためには音更町にある、スイートピア・ガーデンを訪れるようにしてください。スイートピア・ガーデンでは柳月の商品が製造されているため、三方六の切れ端が出ます。

平日よりも休日のほうが製造数が多くなるため、休日を狙った方がいいかもしれません。どちらにしろ行列が予想されるので、早めに並ぶようにしましょう。

店舗情報
店名:スイートピア・ガーデン店

住所:河東郡音更町下音更北9線西18-2

営業時間:
夏期営業時間(2019年4月15日〜2019年11月4日)
 店舗/午前9時から午後6時まで
 喫茶/午前9時から午後5時まで
冬期営業時間(2019年11月5日〜2020年4月19日)
 店舗/午前9時から午後5時まで
 喫茶/午前9時から午後4時半まで

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。