モンブランケーキ情報!おすすめ商品からニュースまで

photo by 銀座スカイラウンジhttps://www.kaikan.co.jp/branch/skylounge/menu/teatime.html
ケーキ

ケーキ屋の定番商品でありながら、店により素材も味も全く異なる奥が深いモンブラン。
今回はモンブランケーキの豆知識と、有名洋菓子店からスーパーで購入できるものまで様々なモンブランケーキをご紹介いたします。

モンブランケーキの由来は?

モンブランという名前は、アルプス山脈のモンブランからきています。フランス語で白い山を意味し、モンブランケーキの山のような形からこう呼ばれるようになりました。
イタリアの家庭菓子が原型で、元々は栗のペーストに泡だてた生クリームを添えたものだったのですが、1907年にフランスパリのカフェが現在の形に完成させたことでモンブランのレシピが確立されました。

銀座スカイラウンジ東京會舘 マロンシャンテリーで至福のひととき

真っ白なクリームの中に裏ごししたクリームがたっぷり入った東京會舘 マロンシャンテリー
銀座の景色を眺めながら楽しめます。

福岡で発見!変わり種モンブランケーキ!

福岡県で話題のジャックのモンブランケーキは、カップにたっぷりのマロンクリームが入っており、別添えのメレンゲを乗せていただく珍しい形。
サクサクのメレンゲがやみつきですよ!

不二家の定番モンブランケーキ

不二家には黄色い見た目でおなじみのマロンモンブランと、3種のマロンクリームを使用した贅沢モンブランの2種類がラインナップ!
両方食べたいけどカロリーが気になる…という方には、両方のクリームを使用したWクリームモンブランもありますよ!
不二家ではモンブランのホールケーキも取り扱っています。

ヤマザキのモンブランケーキはお子さんのおやつにも

スーパーで購入できるヤマザキのモンブラン。値段は300円ほどで2つ入りなのでとっても安いのですが、きちんと栗の風味がして意外と侮れません!

こんなモンブランケーキのニュースを知ってましたか?

・大丸東京駅出店60周年記念 60種モンブラン
2014年、大丸では東京駅出店60周年記念として60種類のモンブランが販売されました。
その際、有名な山に見立てた「世界の名山シリーズ」や、お団子やどら焼きをモンブランにしたもの
など、名店から変わり種までたくさんのモンブランケーキが販売されたそうです。

・モンブランの名店、モンブランコウベの破産
大人気でテレビや雑誌でもよく紹介されていたモンブランコウベが2018年10月22日で閉店しました。
知名度も高く売上額はかなりのものだったようですが、原材料費の高騰や新店舗設立への借り入れ負担などで赤字になっていたようです。

モンブランケーキはとっても魅力的!

スーパーから高級店までどこにでも売っているのに、一つ一つこだわりが違うモンブランケーキ。
マロンクリームの配合、組み立て方、それぞれにいいところがあるので、ぜひお気に入りのモンブランケーキを見つけてみてください!

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。