ステキな隠れ家「ジェラテリアテオブロマ」でほっと一息

photo by ジェラテリアテオブロマhttps://www.facebook.com/gelateria.theobroma/
ジェラート

チョコレート専門店テオブロマがプロデュースした、神楽坂にあるジェラートのお店「ジェラテリアテオブロマ」。インスタ映えしそうなオシャレな店内と、濃厚な味わいのジェラートに注目が集まっています。そんなジェラテリアテオブロマの人気の秘密にせまってみました。

ジェラテリアテオブロマのチョコレートは見た目も味も抜群

ジェラテリアテオブロマは、シェフショコラティエである土屋公二さんが、手がけるチョコレート専門店です。1999年に東京都渋谷区にオープンしました。現在は、渋谷本店と、新宿小田急店、ジェラテリアテオブロマ、オンラインショップを運営しています。

パケ買いしたくなるようなおしゃれで個性的なパッケージと、芳醇なカカオの香りの漂うチョコレートが人気のジェラテリアテオブロマ。この「テオブロマ」という名前は、「テオブロマ・カカオ」というカカオの学名からとったのだそうです。

その名前からもわかるように、ショコラティエの土屋さんはカカオ豆にこだわりを持っており、世界中から厳選したカカオ豆のみを使用しています。素材を丁寧に吟味しているからこそ、あのおいしさと香りが表現できるのですね。

神楽坂にひっそりとたたずむ「ジェラテリアテオブロマ」

ジェラテリアテオブロマは、神楽坂の路地裏にひっそりと、まるで隠れ家のようにたたずんでいます。その一角だけまるで西洋の絵本から抜け出したような、かわいらしくおしゃれな雰囲気です。
ジェラテリアテオブロマは、チョコレート専門店テオブロマがジェラートを看板商品として、2007年にオープン。
土屋さんのこだわりの素材で、毎日作りたてのジェラートが神楽坂で食べられるということで話題になったお店の一つです。

ジェラテリアテオブロマの店舗内に入ると、ジェラートとともに色とりどりのチョコレートのパッケージが目に飛び込みます。どれもキュートで手をのばしたくなってしまいますよ。

ジェラートは定番のもののほかに季節限定フレーバーも。トッピングをチョイスすると味の変化を楽しめますし、見た目もキュートに仕上がりますよ。

カフェスペースもあり、店内でちょっと一息、ジェラートをテイクアウトして神楽坂散策のおともになど、お好みしだい。神楽坂を訪れた際は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

ジェラテリアテオブロマのおすすめメニュー

ジェラテリアテオブロマのスイーツはどれもおいしいのですが、そのなかから特におすすめのものをご紹介しましょう。

ジェラテリアテオブロマの自分好みにカスタマイズできる「Guruguru(ぐるぐる)」

ジェラテリアテオブロマの人気商品である「Guruguru」。
何と言っても、フルーツやクッキーを混ぜ込み、ぐるぐるにしたスイーツです。こだわりの柔らかいジェラートに、
長年作り続けたクッキー、新鮮なフルーツを自分好みにカスタマイズできるというところ大人気となっています。

ジェラテリアテオブロマのかわいいパッケージに胸キュン「キャビア」

テオブロマといえば、やはりチョコレートは欠かせません。この「キャビア」はテオブロマの定番の一つ。オシャレなイラストが描かれた缶の中には、キャビアに見立てた小さな粒状のチョコレートがぎっしり。缶のデザインは数年ごとに変わるよう。全部集めたくなりますね。

チョコレートのジェラート

数あるジェラートの中で一番おすすめなのは、チョコレート専門店だけにやはりチョコレートのジェラートでしょう。濃厚で香り豊かなチョコレートの風味を楽しめます。

ジェラテリアテオブロマのジェラートは、どれも濃厚なのに甘すぎないところも魅力。いくつかのフレーバーを組み合わせ、味のハーモニーを楽しむのもおすすめです。

ジェラートダブルの値段 799円

イートインで楽しみたい「パフェ」

季節ごとに内容が変化する、オリジナルのパフェも人気メニューの一つ。トッピングがふんだんにあしらわれており、見た目も華やか。贅沢な気分を味わえそうです。

ジェラテリアテオブロマの季節のパフェの値段 1425円

渋谷テオブロマ本店のブランドストーリー

日本のチョコレート専門店の顔とも言える土屋さん。その土屋さんのテオブロマの始まりはどのようなものだったのか取材させていただいています。

ジェラテリアテオブロマの店舗情報

お店情報
店名:ジェラテリアテオブロマ

住所:東京都新宿区神楽坂6-8 Borgo Oojime

定休日:月曜日(祝日は営業)及び年末年始

営業時間:10:30 〜 19:30

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。