宮内庁御用達の老舗洋菓子ブランド「コロンバン」特集

rollcakerollcake
Colombin

コロンバンについて

コロンバンは、東京都渋谷区神宮前の原宿に本社を、東京都中央区銀座に本店を置くショートケーキやクッキーなどを中心としたフランス菓子のお店です。

喫茶店や百貨店内の売店ではケーキを主力商品として販売しているコロンバンは、原宿本店サロン屋上での養蜂プロジェクトや、「原宿ロール」、「焼きショコラ」など、他社と差別化した商品を販売しており、クリスマスの時期にはバタークリームを使用したデコレーションケーキは受注生産しかしていないなど、コロンバンは高い人気を誇っています。また、戦前から今に至るまで、洋菓子では唯一の宮内庁御用達になっており、昔から高い人気を誇っているお店です。

今回は、コロンバンの人気商品や歴史について紹介します。

歴史

定番の日本風ショートケーキを考案したのもコロンバンとも言われ、フランス菓子の老舗となっているコロンバン。
これまでどんな歴史を歩んで来たのかを簡単に紹介します。

創業は1924年の深い歴史

コロンバンは日本にフランス菓子を提供した老舗洋菓子ブランドになっており、1915年(大正4年)に、宮内省大膳寮員を拝命した門倉国輝がフランスに渡り、その帰国後である1924年(大正13年)に、東京大森に日本初のフランス菓子店コロンバン商店を創業したのがコロンバンの発祥と言われています。

コロンバンはショートケーキの考案者

コロンバンは今やケーキの大定番になっている日本風ショートケーキの考案を初めて行い、製作販売もしたと言われています。1931年(昭和6年)に銀座にオープンテラス喫茶のパイオニアである路傍風の店舗「テラスコロンバン」を開店しました。その店は、格式が高く先駆的な会社として評判が高く、人々によく親しまれていたと言われています。しかしながら、第二次世界大戦の最中に一時休業に追い込まれてしましたが、戦後再興し今に至っています。

「コロンバン」が日本初の「洋生菓子実演室付き店舗」を設置

1951年(昭和26年)には渋谷の東横百貨店(現:東急百貨店東横店)の「東横のれん街」に日本初の洋生菓子実演室付き店舗を設置。営業規模の最盛期は1985年(昭和60年)頃で、関東だけで110を超える百貨店内の喫茶店、売店等があったが、次第に規模を縮小した。

一度は倒産の危機に。

2009年(平成21年)には営業益が最低に落ち込み、倒産の危機にもあったが、2006年(平成16年)に就任した小澤俊文新社長の300項目に渡る社員意識改革、「売り場改革」戦略で、業績も回復。特にクッキーは年間売上高4400万円が6億円と、約13倍に急伸するなど、積極的な商品・市場開拓展開、営業展開により、新たな成長を見せている。

「コロンバン」の徹底的な素材のこだわり

これまでに高い人気を誇ってきたコロンバンですが、その人気の一つとして原材料への徹底的なこだわりが挙げられます。

「コロンバン」原宿のミツバチ飼育

コロンバンでは、「植物や農作物の花粉交配などに大きな役割を担うミツバチを増やすことで自然環境に貢献したい。」という思いから、2010年5月より原宿本店屋上で養蜂事業を開始しています。
ミツバチを飼育していく上で、副産物として採取することができた「原宿はちみつ」は、明治神宮、代々木公園、赤坂御所、新宿御苑等で咲き乱れる草花、樹木の花から、ミツバチたちがせっせと花粉や蜜をあつめて作った香り高いはちみつです。一匹のミツバチが集められるハチミツは、ティースプーン1杯足らず。貴重な自然の恵みをぜひお楽しみください。

そしてこのはちみつはコロンバンの商品にも使用されています。

無農薬のこだわり

コロンバンでは、 2011年の1月から神奈川県海老名にて無農薬で野菜を育てるアグリ事業を開始指定ます。「お客様に提供する素材にこだわりを」をモットーに、試行錯誤を繰り返し、。農薬を使用せず、じゃがいも、さつまいも、玉ねぎ、生姜など、根菜を中心に栽培し、サロンメニューに活用しています。

「コロンバン」のグルテンフリーのお菓子

コロンバンでは、「グルテン」という小麦等に含まれるたんぱく質にアレルギーを持っており、食事が制限されてしまうお客様に対して、グルテンを含まない「グルテンフリー」の専用工場でお菓子を作っています。グルテンフリーのお菓子は主に、米粉で作られていて、コロンバンは、にも、美味しいお菓子を提供したいという思いで専用工場を稼働し、お菓子を製造しています。

現在は、小麦粉、卵不使用の「グルテンフリークッキー」を発売しており、今後もグルテンフリー商品のラインアップが増えていくことに期待できます。

人気メニュー

歴史が積み重なっていることに加え、様々なこだわりがある「コロンバン」の人気メニューを紹介します。

「コロンバン」人気商品の焼きショコラ

「ふわふわ」エアインチョコに「サクサク」クランチを混ぜてしっとり焼き上げたコロンバンの焼きショコラは、しっかり焼きしめられているので、気温が上がるこれからの季節でも溶けたりしないのも嬉しい商品です。一個ずつの個包装ですし、賞味期間が一ヶ月と日持ちもするので、その日の内に食べきれなくても問題なく、お子様からご年配の方まで幅広い年齢層に喜ばれる商品です。

コロンバンでは「焼きショコラ」や「東京スカイツリー®焼きショコラ」、「大阪レモンの焼きショコラ」など、地域限定の商品も販売しており、様々な味の焼きショコラを楽しむことができます。

地域限定商品にも注目したい!「コロンバン」のロールケーキ

新鮮な牛乳からつくられた軽くなめらかな生クリームを、じっくり時間をかけてふわふわに焼き上げたロール生地で巻き上げたコロンバンのロールケーキ。こちらも地域限定の商品があり、原宿本店サロン屋上で開始した養蜂事業により採取した原宿産のハチミツを使った「原宿はちみつロール」が大人気となっています。
「原宿はちみつロール」は、大変ソフトな食感に仕上げられており、口に入れた時にはハチミツの優しい甘さと口どけの良い生地の一体感を楽しむことができます。

また、「原宿ロール」の売上金の一部は「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」様を通じて、世界の子どもたちの健康を守るために役立てられており、社会貢献もできるソールケーキになっています。

最後に

いかがでしたでしょうか?

「焼きショコラ」や「原宿ロール」など、人気商品を多数揃えているコロンバンにはこれまで長い歴史を重ね、人々に愛され続けてきた魅力がたくさん詰まっています。
原宿だけでなく、新宿や東京駅にもお店を構えているので、近くに行った際はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

店舗情報

お店情報
店名: 原宿本店サロン
住所: 東京都渋谷区神宮前6-31-19
Tel: 03-3400-3838
公式サイト: https://www.colombin.co.jp/shop/harajuku.php
お店情報
店名: 東京駅グランスタ店
住所: 東京都千代田区丸の内1-9-1
Tel: 03-3201-3055
公式サイト: https://www.colombin.co.jp/shop/post_21.php
お店情報
店名: 京王新宿サロン
住所: 東京都新宿区西新宿1-1-4
Tel: 03-5321-5239
公式サイト: https://www.colombin.co.jp/shop/post_1.php

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  1. この記事へのコメントはありません。