お取り寄せ可能!絶品フルーツ大福5選

フルーツ大福フルーツ大福
大福

旬の果物と和菓子が一緒に楽しめる”フルーツ大福”。最近はいちごだけではなく、様々なフルーツが入ったフルーツ大福が販売されています。本記事では、フルーツ大福の中でも、ネット販売でお取り寄せ可能な逸品をご紹介します。

苺は「あとのせ」。銀龍苺の“苺大福”【フルーツ大福】

フルーツ大福の代表格、いちご大福。そんないちご大福の代表格がこちらの銀龍苺です。銀龍苺は北海道の十勝・音更町の農業法人ブルームにて生産している苺のブランド。銀龍苺の特徴は、「甘さ」「香り」、程よい「酸味」のバランス。銀龍苺の苺大福は、苺のみずみずしさを最大限に活かすために、苺と大福が分けて販売されています。食べる直前に大福の真ん中に切れ目を入れてヘタを取った苺をのせて召し上がって下さい。大福はクリーム大福になっており、餡は音更産小豆が使用されています。

 

ネット販売でのお取り寄せは下記のボタンをクリック

ネット販売でのお取り寄せも可能な銀龍苺ですが、2017年の12月に東京の代官山に店舗をオープンしています。店舗限定のメニューも複数ありますので代官山近郊を訪れた際は是非店舗にも足を運んでみて下さいね。

出典[十勝 銀龍苺:http://ginryu.hokkaido.jp/]

養老軒の“丸ごと巨峰の大福”【フルーツ大福】

こちらは、巨峰のフルーツ大福。岐阜県加茂郡の養老軒が販売する“丸ごと巨峰の大福”です。養老軒は数々のおりじなる大福を販売しており、“丸ごと巨峰の大福”以外にも、苺・ばなな・栗が入った“ふるーつ大福”や“かぷちーの大福”等の個性豊かな大福を販売しています。“丸ごと巨峰の大福”に使用される巨峰の皮向きは、全て一粒一粒手作業で行っています。巨峰の旨味は薄皮につまっているそうで、薄皮を剥いてしまわないように手作業が必要だそうです。巨峰の旬に合わせて販売を行うため、7月~10月の期間限定販売となっております。

今の季節ですと、バレンタイン限定の“しょこらふるーつ大福”が販売されています。

ネット販売でのお取り寄せは下記のボタンをクリック

出典[おりじなる大福 お菓子処 養老軒:http://www.yoroken.com/]

 

清光堂の“まるごとみかん大福”【フルーツ大福】

みかんのフルーツ大福といえばこちら、愛媛県の清光堂が販売する“まるごとみかん大福”。みかん大福のみかんは、愛媛県南予のみかんを使用しています。みかんのみずみずしさを最大限に味わってもらうために、全て手作業で、みかんのスジを取り除いているそうです。また、大福の生地は、もち米・砂糖・求肥蜜をバランスよく配合しているので、解凍後も出来立てのようなもちもち感で食べることができます。

 

ネット販売でのお取り寄せは下記のボタンをクリック

出典[一福百果 清光堂:http://www.ichifuku-hyakka.com/]

 

一心堂の“すいかの雫”【フルーツ大福】

大阪府堺市にある一心堂が販売するすいかの雫。フルーツの質に徹底的にこだわっており、良いフルーツが入荷できないときは販売しないこともあるそうです。“すいかの雫”は厳選して仕入したスイカを、大き目に切り、柔らかな白餡とお餅で包んだ製品になっています。スイカ好きなら必ず食べたい一品です。

 

ネット販売でのお取り寄せは下記のボタンをクリック

出典[一心堂:http://www.issindo-osaka.com/]

仁々木の“りんごの福”【フルーツ大福】

京都の仁々木の“りんごの福”。りんごの福には秋田県産の「紅の夢」という品種のりんごを使用しています。りんごのシャリっとした食感とりんごの酸味とクリームとあんの甘さが絶妙にマッチした商品です。

 

ネット販売でのお取り寄せは下記のボタンをクリック

出典[菓実の福 ninigi:http://kajitsunofuku.jp/#about]

まとめ【フルーツ大福】

フルーツ大福4選、いかがでしたでしょうか?旬のフルーツを使用することもあって、期間限定のものが多いので、ネット販売でのお取り寄せを活用して是非召し上がってみて下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。