東京のいちご大福の名店6選!

和菓子

東京にはいちご大福の名店が数多くあります。それぞれのいちご大福にはどんな特徴があるのか、気になりますね。今回は東京のいちご大福の名店を6軒、ピックアップしてみました。お気に入りのいちご大福が見つかるでしょうか?

まずは名店の看板和菓子をぜひ!翠江堂「いちご大福」

八丁堀駅から徒歩5分、創業80年の老舗和菓子屋である翠江堂で、一番人気の和菓子となっているのがいちご大福です。大粒のいちごが透けて見えるほど柔らかく薄くのばされたお餅の柔らかさ、絶妙な餡の甘さ、そしてみずみずしいいちごの旨さ。翠江堂のいちご大福は、誰にでも喜ばれる名品です。季節によって一番おいしい大粒のいちごの品種を選びながら、夏場を除いて通年販売をされています。

【翠江堂 いちご大福】 1個 200円

元祖「いちご豆大福」といえば大角玉屋

いちご大福の元祖であり、いちご大福の特許を持つのが住吉町にある大角玉屋です。いちご大福の誕生は昭和60年のこと。それまで誰も思いつかなかった、大福の中に生のいちごを入れるというアイディアが大当たりし、いちご豆大福はお店の看板商品となりました。こちらのいちご豆大福の餅には希少な「羽二重餅米」が使われているため、真っ白な色と、最高のツヤ、粘り、伸び具合を誇っています。一味違う絶品のいちご豆大福を味わってみてください。

【大角玉屋 いちご豆大福】 1個 249円

かわいすぎ注意!江戸うさぎ「妖怪いちご大福」

日暮里にある「江戸うさぎ」の「妖怪いちご大福」は、見た目のインパクト絶大!苺がはみだしている様子がどうしても妖怪にしか見えなかったことから、ゴマで目を付けて「妖怪が苺を食べている」形のいちご大福にしたそうですが、毎日300個が昼頃には完売する大人気商品となっています。白あんに練乳を混ぜた「ミルクあん」と「こしあん」の2種類があります。

【江戸うさぎ 妖怪いちご大福】 6個入り 1,605円

朝から長蛇の列ができる静花「いちごの雫」

上北沢駅近くにある和菓子屋「鈴花」(すずはな)では、冬から春の間、朝から行列ができます。

お目当ては、あまおういちごを使った「いちごの雫」という名のいちご大福です。いちごがはっきりと見えるほど薄い求肥と白あんに包まれているからこそ際立つ、ジューシーないちごの美味しさが堪能できます。

【鈴花 いちごの雫】 1個 232円

白あん派におすすめ!銀座甘楽「いちご大福」

銀座コリドー街の中にある銀座甘楽(かんら)のいちご大福は、もっちりとした白あんに特徴があります。また、冬にしか扱っていないところが多いいちご大福を、通年扱っておられるのも嬉しいところです。

【銀座甘楽 いちご大福】 1個 237円

形も味も個性的!蜂の家「いちご大福」

自由が丘駅から徒歩1分、「蜂の家」のいちご大福は形も中身も少し個性的です。最大の特徴は、生クリームが入っていること。ホイップクリームによって、マイルドないちご大福となっています。

【蜂の家 いちご大福】 1個 216円

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。