「丸三老舗」は茨城県で190年愛される老舗和菓子店

photo by LINE https://page.line.me/
大福

鹿島神宮やプロサッカークラブ鹿島アントラーズで知られている茨城県鹿嶋市は、年間を通して全国から多くの人が訪れます。そんな鹿嶋を代表する老舗和菓子店「丸三老舗」は、江戸時代から続く伝統の技を守りつつ、常に進化を続けています。今回は丸三老舗についてご紹介します。

茨城を代表する老舗和菓子店「丸三老舗」とは?

茨城県鹿嶋市に本店を構える「丸三老舗(まるさんろうほ)」は、関東最古の神社のひとつ、常陸国一之宮「鹿島神宮」の近くで文政5年(1822年)に創業して以来190年にわたり日本の伝統的な和菓子を作り続けています。

現在7代目の当主笹沼和彦さんは代々伝わり続ける伝統の技を大切に守りつつ、現在の時代に合わせ新たな味を常に追及しています。

素材はできるだけ国産にこだわり、店主自ら吟味し、丸三老舗のお菓子に最適なものだけを使用しています。 特に、茨城県産の農産物は生産者の方と必ずお話し、安心、安全で美味しい素材を厳選しています。素材本来の美味しさを引き立てるために、防腐剤、保存料などの使用は極力控えているので、小さなお子さまでも安心して食べられます。

銘菓「常陸風土記」や「極大福」シリーズが人気!

天皇陛下御献上の実績もある「常陸風土記(173円)」はふっくらと炊き上げた小豆の中に、とろりと柔らかなお餅を包んだシンプルで奥深い味わいが魅力の茨城県を代表する銘菓です。

水羊羹のように滑らかな舌触りで、あんこの優しい甘味が味わえます。中に入っているぎゅうひ餅が柔らかく弾力があり、食感が楽しい和菓子です。

「極いちご大福(値段 216円)」は高級もち粉「羽二重粉」で練ったお餅で、茨城県名産のいちごを包みました。なめらかな口当たりの生地と、さっぱりとした白あんが口の中でとろけ、いちごの風味が引き立つ一品です。

それ以外にも、「極ブルーベリー大福」や、「極トマト大福」など季節に合わせて果物や野菜を包んだ大福も展開しています。販売をはじめると連日完売するほどの人気を誇ります。

丸三老舗のお店情報をチェック

丸三老舗は3店舗展開しています。また、神宮駅前店には「まるさんCafe」というカフェも併設しています。ランチやスイーツのメニューも多くありますので、観光の休憩にはぴったりですね。

店舗情報
店名:丸三老舗(まるさんろうほ)本店

住所:茨城県鹿嶋市宮中1-9-23

定休日:年中無休

営業時間:9:00~19:00

店舗情報
店名:丸三老舗(まるさんろうほ) 神宮駅前店

住所:茨城県鹿嶋市宮下2-9-6

定休日:年中無休

営業時間:
まるさんCafe:10:00~17:30(カフェラストオーダー :17:00)

店舗情報
店名:丸三老舗(まるさんろうほ) 神栖店

住所:神栖市大野原1-6-35

定休日:月曜日・元旦

営業時間: 9:00~18:00

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。