言問団子のってどんなお菓子?名前の由来や口コミを紹介!

photo by 東東京マガジンhttp://higashi-tokyo.com/2015/03/04/kototoidango/
和菓子

言問団子ってご存知ですか?
もちもちとしたまんまるな形が可愛いお団子です。

今回はこの言問団子の基本的な情報や口コミなどをご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

言問団子の気になる基本情報!

言問団子の基本情報として、値段・種類・どのくらい日持ちするのか・店舗をご紹介します。

言問団子は3種類!

言問団子は小豆餡・白餡・青梅の3種類です。
小豆餡と白餡は米の粉を餅状にしたものに餡を包んだものになります。
青梅は、クチナシから取った色素で染めた生地に味噌餡を包んだ団子です。

言問団子の値段は?

3種類各種1個ずつで690円で食べることができます。
3種類を贅沢にひとりじめしたいときにおすすめです。
逆に、家族や友人とたのしみたいときは3種類が2個ずつ入った6個入り1260円を購入するのがおすすめです!

言問団子の日持ちはどのくらい?

言問団子は残念ながら当日が賞味期限となっています。
なので日帰りの旅行やちょっと買い物に来たついでのおみあげには最適です。

言問団子はどこで買えるの?

言問団子を取り扱っている店舗は、東京を中心に約20店舗あります。
東京以外には神奈川県や埼玉県にあります。

主にデパートや百貨店に入っているのでお買い物に行く際はぜひ立ち寄ってみてください。
店舗によっては販売が終了次第閉店してしまうところもあるので、心配な方は事前に問い合せるなどしてからお店に行きましょう。

言問団子というちょっと変わった名前の由来とは?

植木の商をしていた初代の外山佐吉が考案した団子です。

言問団子とは在原業平が詠んだ和歌から来ています。
「名にしおはゞ いざ言問はむ都鳥 我が思ふ人はありやなしやと」という和歌にちなんで名付けられました。
外山佐吉は多くの文豪たちと交流があったそうです。そのため和歌から名前をもらったのです。

言問団子の気になる口コミを紹介!

実際に言問団子を食べた方はどんな感想をもったのでしょうか。
いくつかご紹介します。

■言問団子 店内3ヶ+お土産用9ヶ入り
白・紫・黄の三色から成るお団子。まん丸~♪
白は米粉を餅状にして手亡豆を包み込み。紫は小豆あんのお団子。
黄色はクチナシで色を付けて、白玉粉でみそあんを包み込んだもの。
餅皮になっている白・黄はむっちりした噛み応え。
あんこは白あん・小豆あん・みそあん、どれも滑らかで上品な口当たり。
一緒に提供され煎茶がまた美味しくて。お団子の甘みをよく感じられます。
引用元:食べログ
https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131203/13002945/dtlrvwlst/B269704671/?lid=tabelog_pickup_review

◇言問団子(690円) 
 白餡は甘い+餡多め、濃いめの味だが餡の水分が多いのでしっかり甘いが重すぎず良い塩梅。
 小豆餡は滑らかで食べた時に引っ掛かりが一切ない、このお店外側(餡子)が多くて好み。
 みそ餡は中に餡子が入る構成、白玉粉のもちもちが楽しめるので他と差別化されている。
 スーパー素朴団子だが美味しい、正直老舗というと長くやっているだけで味は…みたいな
 お店が多いが、有名な老舗というだけではなく味も伴っている。
引用元:食べログhttps://tabelog.com/tokyo/A1312/A131203/13002945/dtlrvwlst/B411433698/?lid=unpickup_review

まとめ

言問団子についてご紹介しました。

もちもちとしていてとても上品な味のお団子が食べられます。
ぜひお店に行って味を確かめてみてください!

お店情報
店名:言問団子

住所:東京都墨田区向島5-5-22

定休日:火曜日

営業時間:9:00~18:00

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。