かつてないレアな食感、治一郎のバームクーヘン

治一郎治一郎
お菓子屋

ドイツの伝統菓子のバームクーヘン、日本では大正から昭和初期にかけて作られるようになったといわれております。

バームクーヘンの樹の年輪に似た形が、「歳月を重ねる」という縁起のよさを感じさせることから、結婚式の引き出物などのお祝い事に重宝されてきました。

そんなバームクーヘンの中で、静岡県を中心に東海地方に展開する菓子ブランド「治一郎」が作るバームクーヘンが人気を博しております。

今回は、バームクーヘン自体の味わいや見た目、香り、食感は勿論のこと、パッケージのデザインやロゴ、お店のディスプレイに至るまで、美味しさを感じるための創意工夫をこなした「治一郎」のバームクーヘンを特集します。

治一郎のバームクーヘンの歴史

治一郎では、今から40年以上前にバームクーヘンを作り始めましたが、もっとしっとりとして、飲み物がなくても美味しく食べられるものはないかと試行錯誤を重ねていきました。そうして2002年にようやく出来上がったのが「治一郎」のバームクーヘンとなります。彼らのひたむきな「ものづくり精神」に敬意をあらわし、当時の職人の1人の名をとって、このお菓子を「治一郎」と名づけられました。

 

治一郎のバームクーヘン

治一郎のバームクーヘンには、「飲み物が要らないしっとり感」・「ケーキのようなふんわり感」・「大満足のボリューム感」という3つの特徴があります。

飲み物が要らないしっとり感

職人が片時も離れることなく、生地の状態や火加減を調整しながらうすくレアな層を重ねて作り上げていきます。季節によっても異なりますが、1回の焼成時間は1時間。24層ものレアな層を重ねることにより、このしっとりとした食感が出来上がります。直径が大きくなってくるその重みで棒芯から生地が落ちてしまうこともあります。

ケーキのようなふんわり感

卵を多く使用し別立て法で混ぜ合わせている為、きめ細かい生地に仕上がっています。このきめ細かい生地が、まるでケーキのようなふんわりした食感を生み出します。

大満足のボリューム感

高さ8㎝のボリューム感は分け合うことで”団らんのひととき”を大切な人と過ごしてほしいという想いから。ずっしりした重さが送りての大切な気持ちを伝えます。

 

治一郎の切りたてバームクーヘン

1本のバームクーヘンを店頭でカットしてお渡ししております。コーティングには、ほどよい甘さのグレーズを使用しております。
治一郎のバームクーヘンは、卵黄とバターを贅沢に使った、濃厚でありながらも上品な甘さが口の中でふわっと広がっていきます。

治一郎の焦がしバウム

パリパリのカラメルとふわふわのバームクーヘンが絶妙な一品。香ばしくてほろ苦いキャラメルの風味がしっとりした治一郎のバームクーヘンの味を一層引き立てています。

その他の治一郎のお菓子

 

治一郎のラスク

優しくまろやかな甘みの風味豊かなラスク。奄美諸島産のサトウキビを使用していることで、上品な甘さに仕上がっており、フランスパン本来の小麦の香ばしさを引き立てております。

 
治一郎のロールケーキ

治一郎のロールケーキのスポンジ生地は、治一郎のバームクーヘンと同じ素材を使用しております。そのスポンジに包まれた生クリームは、北海道産の濃厚な原乳から作られており、牛乳本来の味を楽しむことができます。

治一郎のプリン

卵は卵黄だけを贅沢に使い、北海道産の原乳から作った生クリームをたっぷり混ぜ合わせることでとろける濃厚な味わいに仕上がっています。

 

治一郎の本店

お店情報
店名: 治一郎 大平台本店

住所:〒432-8068 静岡県浜松市西区大平台3丁目1番1号

定休日:無休

 

 

治一郎のオンラインショップ

治一郎のバームクーヘンは、オンラインショップから簡単に購入もできます。

 

まとめ

治一郎のバームクーヘン特集はいかがでしたでしょうか?友人へのプレゼントや結婚式の引き出物で一つ購入してみてはいかがでしょう。

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。