絶対に外さない!錦糸町のとっておき和菓子3選

錦糸町錦糸町

下町の風情が残る町、錦糸町。錦糸町は、有名洋菓子店のスイーツから老舗和菓子店まで、たくさんの美味しいスイーツが食べることができる町です。今回は、そんなスイーツの中でもお土産や、ゆっくりとしたひと時を過ごすのにぴったりな和菓子3選を紹介させて頂きます。

船橋屋 亀戸天神前本店の“元祖くず餅”【亀戸天神社の近く】

“元祖くず餅”は上質の小麦でんぷんを天然水で15カ月発酵精製し、ひとつひとつ丁寧に蒸し上げています。鮮度には徹底的にこだわっており、製造工程は15カ月ですが、消費期限はわずか2日間のみです。弾力がありモチモチのくず餅は甘すぎない秘伝の黒糖蜜と香ばしいきな粉との相性抜群です。

あんみつも有名ですが、この季節は梅あんみつが特におススメです。錦糸町で春を感じることができる一品。

くず餅は、オンラインショップでもくず餅を購入することが可能です。

アクセス:錦糸町駅から徒歩10分。亀戸天神社の近く
営業時間:(販売)9時~18時、(お召上がり)9時~17時
定休日:無休

出展(亀戸天神船橋屋:http://www.funabashiya.co.jp/)

山田家本店の“人形焼き”【錦糸町駅から190メートル。四ツ目通り沿い】

山田家本店の“人形焼き”。山田家本店は卵問屋から始まっているため、卵には特にこだわりがあり、生地に使用している奥久慈卵は卵かけごはん専用と言われるほどの高級なブランド卵です。この奥久慈卵と良質な蜂蜜が使用された、薄手の生地はしっとりとした舌ざわりと甘い香りが特徴です。北海道産の国産小豆と極上ザラメを使用して作られたコシ餡はしっとりとした生地との相性も抜群です♪

紅葉の形をした人形焼きは餡なしになってります。生地の味をシンプルに楽しみたいならこちら。

人形焼きはオンラインショップでの購入も可能です。

アクセス:錦糸町駅から190メートル。四ツ目通り沿い
営業時間:9時~20時
定休日:無休
出展(東京銘菓の人形焼きなら「山田家」:http://yamada8.com/)

北斎茶房の“白玉宇治ぜんざい”【錦糸町駅北口徒歩9分・堅川中学校の近く】

北斎通り沿いにある北斎茶房。この辺りは葛飾北斎ゆかりの地として地元で盛り上げられているエリアになります。そんな本店でも特におススメのメニューが“白玉宇治ぜんざい”。
大き目の茶碗には丁寧に点てられた宇治抹茶、かなり苦味のある本格的なものです。上品な甘さと本格宇治抹茶のバランスのとれたぜんざいです。

アクセス:堅川中学校の近く
営業時間:11時30分~22時(L.O.21時)
定休日:火曜

出展(北斎茶房facebook公式アカウント:https://www.facebook.com/pages/%E5%8C%97%E6%96%8E%E8%8C%B6%E6%88%BF/125898130816417)

まとめ

絶対に外さない!錦糸町のとっておき和菓子3選いかがだったでしょうか?今回紹介した店以外にも錦糸町駅にはたくさんのスイーツがあるので、是非錦糸町駅を訪問してみてくださいね。

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。