名古屋の最中の名店といえば 尾頭橋の不朽園

photo by hideのLittleRADIO http://hide.littleradio.net/
和菓子

名古屋で美味しい最中と言えば、尾頭橋の不朽園です。
最中種は餡を引き立て、餡は最中種との相性をととのえると考え、最中の餡にも種(皮)にもこだわりがいっぱい。

名古屋の老舗 不朽園をご紹介します。

こだわり続けて約1世紀の絶品最中

創業1927年の不朽園。

水分を含んだ餡と、水分を嫌い香ばしさが命の種(皮)の組み合わせの最中。

その相反する材料を組み合わせてできる最中の美味しさにとことんこだわり続けて約1世紀が立とうとしています。

細やかな角がたった種は、見るからにパリッと音が聞こえてきそう。

中の餡はこだわりの北海道小豆を丁寧にふっくらと炊き上げて、上品な甘みです。

この二つが合わさって絶品の最中が生まれます。

本店では種と餡のバランスが絶妙なタイミングでお客様が召し上がれるよう、注文を受けてから仕上げます。

店舗では1個から購入可能:菊最中(小) 値段98円 (大)値段152円 (賞味期限6日。日持ちはそれほどしないのでお早めに召し上がりください。)

意外な組み合わせの商品が!?

不朽園は最中だけのお店ではありません。

お菓子の種類が豊富です。

名古屋のお土産にぴったりと小倉トースト

餡が苦手な人が喜ぶ!サツマイモを使った鬼蒸まんじゅう

老舗のお菓子とは思えない、超意外な組み合わせ白菜大福!

地元の名産品である国産白菜の元祖と言われる「野崎白菜」とのコラボ商品。

大福のお餅と餡の間に、白菜の漬物が入っています。

白菜の漬物の塩味とアンの相性が絶妙で、大人気商品です。

店舗で楽しめるアイス最中

お店で出来立ての最中が楽しめるのはもちろん周知の事実。

何と夏場にはその美味しい最中にアイスを挟んだ、アイス最中も登場します。

パリと香ばしい種(皮)と上品なアンの間に、濃厚な抹茶のアイス。

抹茶かバニラが選べるので、抹茶が苦手なお子様でも楽しめますよ。

お店ではいろんな商品の試食も楽しめますし、お茶も用意されているので自分の好きなお菓子をじっくり探してみて下さい。

店舗情報
店名:不朽園

住所:愛知県名古屋市中川区尾頭橋3丁目4-8

定休日:無休

営業時間:7:00~19:00

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。