思わず笑顔がこぼれる、雅庵の絶品和菓子

photo by 雅庵http://www.wagashi-miyabian.com/sea/s1.html
和菓子

中目黒に本店を構える和菓子店「雅庵」では、職人こだわり和菓子を心ゆくまで堪能することができます。今回は、伝統を重んじつつ、若い世代でも手に取りやすいようにと革新的なスタイルに挑戦する雅庵の姿に迫りました。

職人・皆川典雅が織りなす和菓子の世界

雅庵を率いるのは、博覧会等で多数の受賞歴を持つ皆川典雅氏です。雅庵公式ホームページにも記載があるように、「ひとくち食べて思わず笑みがこぼれるような和菓子を」という想いを込めた和菓子作りをおこなっています。

中でも素材へのこだわりは一入で、北海道十勝産の小豆や、ザラメの中でも特に純度が高い「鬼ザラ糖」、厳選素材で育った御養卵等を使用。定番の和菓子だからこそ、多くの人が知っている味だからこそ、本当によい素材が活きるのでしょう。

とろん!幸せがとろける雅庵のわらび餅

多くのメディアに取り上げられている雅庵ですが、「雅庵といえばわらび餅」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。食感を追求した職人こだわりのわらび餅は、一度食べたら忘れられないおいしさです。

原材料にこだわった雅庵のわらび餅

わらび餅の原料は、山菜であるワラビの根から採れる「わらび粉」です。このわらび粉に
砂糖・加工デンプン等を混ぜて練り上げることで、ぷるぷるとした食感が生み出されるのです。
スーパーで販売されているわらび餅を「ぷるん」と表現するならば、雅庵のわらび餅には「とろん」という表現がよく合います。通常よりも水分を多めに含んでいて非常に柔らかく、ぎりぎりのところでやっと形を保っているような繊細な仕上がりです。

この柔らかさを支えているのが、箱いっぱいに敷き詰められている大量のきな粉。粒子の細かい「極上きなこ」を使用しています。
わらび餅の繊細な香りを損なわないよう、甘さは控えめです。

わらび餅だけではない。リピートしたくなる雅庵の和菓子

雅庵では、素材にこだわった和菓子がたくさん販売されています。全ての和菓子に共通している、繊細で上品な甘さは雅庵ならではと言えるでしょう。

◆上生菓子

上品な甘さと繊細なデザイン。季節ごとに変わる上生菓子は、定番の人気商品です。

◆揚げ饅頭「あげ丸」

塩気の効いた羊羹でつつみ揚げた和菓子。さっぱりした小倉餡と香ばしい生地の相性は抜群です。

◆口福まんじゅう

本店限定販売のまんじゅう。西表島の黒糖が奥深い味わいを演出します。

和菓子の大きさ・デザイン・包装、どこを取っても職人・皆川氏の想いが伝わって笑顔がこぼれます。気になる方はぜひ、本店へ足を運んでみてください。

趣深い「中目黒本店」と、利便性抜群の「エキュート品川サウス店」

◆菓匠雅庵 中目黒本店
中目黒本店は閑静な住宅街に佇んでいて、外装・内装にもこだわりを感じます。季節の生菓子などは本店のみで取り扱っている場合がありますので、必見の価値ありです。

店舗情報
店名:菓匠雅庵 中目黒本店

住所:東京都目黒区東山 1-13-4

営業時間:10:00~18:00(日曜10:00~17:00)

◆菓匠雅庵 エキュート品川サウス店
品川駅内に位置しているので、仕事帰りやちょっとした空き時間にも寄ることができます。旅行の際は、お土産にも最適です。

店舗情報
店名:菓匠雅庵 エキュート品川サウス店

住所:東京都港区高輪3-26-27

営業時間:8:00~22:00(日祝8:00~21:00)

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。