ひな祭りの主役!?人気のひなあられ特集

ひなあられひなあられ
あられ

ひな祭りのお菓子といえば“ひなあられ”。ひな祭りに向けてひな人形の準備をされているご家庭も多いかと思いますが、ひなあられの用意はできていますでしょうか?本記事では、日本各地のおいしいひなあられに関してまとめさせて頂きます。準備万端でひな祭りを迎えましょう!

300年営業の超老舗。日本橋 長門

長門は、将軍家吉宗公の代に、幕府御用の菓子司となり、「松岡長門掾藤原信吉」の名前を拝領、苗字帯刀を許されていたそうです。以降300年営業を続けている老舗です。全ての商品は保存料、防腐剤を使用しておらず、安心して食べることができます。お子さんが食べることも多いひなあられですので、安心・安全は重要ですね。

オススメのお菓子屋さん

 

 

久寿もちも有名です。

出展(江戸風御菓子司 日本橋 長門:http://nagato.ne.jp)

静岡 葵煎餅本家

明治二年創業の葵煎餅本家。葵煎餅本家は久能山東照宮や静岡浅間神社に煎餅を御神共として奉納している伝統ある御菓子司です。ひなあられはお店でついたお餅を使って焼き上げているそうです。

オススメのお菓子屋さん

 

 

新しい煎餅の創作にも取り組んでおり、珈琲紋葵(コーヒーモンド)は大人気商品だそうです。厳選されたコーヒー豆とたっぷりのアーモンドの香りが楽しめるおせんべいです。

 

 

 

出展(静岡浅間神社参道の和菓子店 葵煎餅本家:http://www.aoisenbei.com)

鎌倉まめや

鎌倉まめやは鎌倉の豆菓子専門店です。いろいろな種類の豆が小袋で販売されていますが、なんと全部試食可能だそうです。太っ腹ですね(笑)。国産の黒大豆と大豆で作られた砂糖を使用しているです。小さめのあられが混じっているのが特徴ですね。

店内の様子はこんな感じで、自由に試食ができるようになっています。

 

出展(鎌倉 まめや:http://www.mame-mame.com/)

中目黒 大江戸あられ

大江戸あられのあられは全て店内で揚げられています。厳選に厳選を重ねた素材を使用しており、2日目でもおいしく食べられるのが特徴だそうです。

 


 
 
定番の桜おかきも要チェック。全てのおかきに1つずつ入っています。目黒川の桜をイメージした一品です。
 
 

 

毎週、祝祭日を除く「火・木・土」のお昼頃に、あられの実演販売を行っているそうです。色々なあられの揚げたてを食べることができますので、お近くにお立ち寄りの際は是非訪問してみてください。

 

出展(大江戸あられ 中目黒・東京の人気お土産!:http://o-edo-arare.com/)

 

 

 

ぬまづ花見せんべい

ぬまづ花見煎餅は沼津で営業する手作り米菓の専門店です。四季折々の手作りあられや手焼きおかき、せんべいを取り扱っています。主原料の餅米は静岡御殿場産と秋田大潟村産のものを使用しているそう。そんなぬまづ花見煎餅の雛あられはフワっとした口当たりが特徴です。

 

 

出展(ぬまづ花見煎餅 | 創業明治40年 手作り米菓専門店:http://www.numazu-hanami.com/)

 

まとめ

ひなあられ特集いかがでしたでしょうか?ひな祭り前にしっかりとひなあられを準備して、楽しい1日を過ごしましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。