知る人ぞ知る穴場「トレフ・ミヤモト」でいただく絶品フレンチ

本格フランス料理が味わえる、東京都港区六本木にある「トレフ・ミヤモト」は、伝統的なフランス料理を味わえるとひそかに人気のお店です。

本格的な味わいに、タレントの高橋真麻さんもとりこになっているのだそう。

そんなトレフ・ミヤモトの魅力をご紹介しましょう。

トレフ・ミヤモトとは?

トレフ・ミヤモトは、シェフの宮本雅彦氏が運営するお店です。

宮本氏は、1988年に渡米し三ツ星レストランなどで主要ポジションを歴任していました。三ツ星レストランジョルジュ・ブランでは、アジア人で初めてソーシエを任されます。

そしてこのとき、イタリアの美食クラブ「3fff トレフ」の料理長にスカウトされ、ミラノに渡りましたが、1991年、オーナーの死後に帰国しました。

帰国後は「クラブ・ニュクス」の料理長などを経て、96年自身のフレンチレストラン「クリニャンクール」をオープンさせました。2004年に六本木に店を移転。店名も「3fff トレフ ミヤモト」と改め心機一転し、現在に至ります。

宮本氏の作るフランス料理は、しっかりとした基礎の技術に裏打ちされた確かな味わいです。また伝統的な味とともに、時代に合わせた新しい感覚も柔軟に取り入れています。

宮本氏が特にこだわっているのが「ソース」。ソースの複雑な味わいを四季の素材と合わせ、その素材の良さを引き出すよう努めています。宮本氏こだわりの一皿を、ぜひ味わってみてくださいね。

上質な味わいが自慢のフレンチ

見た目も鮮やかな、シェフ自慢のフレンチは、ランチのコースやディナーのコースが用意されており、季節ごとに内容が変わります。

幸せを呼ぶてんとう虫のデザインに仕上げたトマトのサラダ

その中でも人気を集めているメニューが「幸せを呼ぶてんとう虫のデザインに仕上げたトマトのサラダ」。ヨーロッパでは、てんとう虫は幸せの象徴として親しまれているのでそうです。

トマトをてんとう虫に見立てたかわいらしいデザインですが、その見た目とは裏腹に味は本格的です。トマトの中にはズワイガニやホタテが詰め込まれており、うまみがぎゅっとしみこんでいます。

江戸前穴子とフォアグラの一皿

日本料理で定番の食材「穴子」をフレンチに仕立てた「江戸前穴子とフォアグラの一皿」も人気です。和を感じさせる江戸前の穴子と西洋食材のフォアグラを、ソースで一体化させています。ここでしか出会えない、こだわりの逸品です。

そのほかの料理もどれも丁寧に作りこまれており、味、見た目、香りのどれもが一級品。上質な味わいを楽しめますよ。

通販でも購入可能の焼き菓子とパン

トレフミヤモトでは、通販も行っています。

中でも人気なのが天然酵母を使用した食パンと、バターをたっぷり使ったフィナンシェです。本格的な味わいを、自宅でも楽しめます。遠方にお住まいの方は、通信販売を利用してみてくださいね。

ご利用はこちら↓

トレフミヤモトのオンラインショップ

ドレスコードは?

フレンチのお店といえば、気になるのがドレスコード。

特に決められているわけではないようですが、落ち着いた雰囲気の高級フレンチ店ですので、男性はタイとスーツ、女性はワンピースなどドレッシーな服装をおすすめします。

トレフ・ミヤモトの店舗情報

店舗情報
店名:トレフ・ミヤモト

住所:東京都港区六本木7-17-20明泉ビル 1F

営業時間:
火~金 18:00~23:00
土、日 12:00~15:30、18:00~23:00

定休日:月曜