• HOME
  • コラム
  • カフェ
  • 江戸切子でいただく錦糸町「すみだ珈琲」の自慢のコーヒー コーヒー豆の通販購入もおすすめ

江戸切子でいただく錦糸町「すみだ珈琲」の自慢のコーヒー コーヒー豆の通販購入もおすすめ

photo by すみだ珈琲 http://sumidacoffee.jp/

墨田区錦糸町にあるすみだ珈琲は、落ち着いた空間でおいしいコーヒーを楽しめると人気のカフェです。2019年の3月には錦糸町のPARCOにも出店し、話題になりました。

今回はそんなすみだ珈琲の魅力をご紹介しましょう。

すみだ珈琲とは?

すみだ珈琲は、2010年に錦糸町にオープンしたカフェです。レトロでモダンな雰囲気の外観が目を引きます。

すみだ珈琲の店主廣田さんは、もともと無印良品に勤めていたそうで、いつかは自分のお店を持ちたいと思っていたそうです。コーヒー専門店を開くことを決めたのは、「堀口珈琲」との出会いがきっかけだったそう。

堀口珈琲のおいしさに心を奪われた廣田さんは、堀口珈琲で修行を積み、すみだ珈琲をオープンしたのです。すみだ珈琲のうりは、自家焙煎した希少なスペシャリティコーヒー。一つ一つ丁寧にドリップしていれてくれます。

おいしいコーヒーとともに、ゆったりとした時間を過ごしたい方は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

すみだ珈琲自慢のコーヒー

すみだ珈琲のコーヒーは、豊かな香りが特徴です。そんなすみだ珈琲自慢のコーヒーの魅力をご紹介しましょう。

すみだ珈琲の厳選されたコーヒー豆

すみだ珈琲では、店主の廣田さんが厳選したコーヒー豆を使用しています。これらはすべて生産地や品種、精製方法が明確なもののみ。その豆を丁寧に自家焙煎。浅煎りから深煎りまで3種類の中からお好みに合わせて選ぶことができます。

コーヒー豆は購入することもできます。

パッケージがかわいいすみだ珈琲のコーヒーバッグ

すみだ珈琲では手軽に楽しめる、コーヒーバッグも用意しています。お茶のティーバッグと同じ要領で、お湯を注ぐだけですみだ珈琲の味を楽しめるのです。

このコーヒーバッグの魅力は、味もさることながらパッケージのデザインの良さにもあります。これは墨田区の「ものづくりコラボレーション事業」から誕生したのだそう。

アイスコーヒーを楽しめるすみだ珈琲のコーヒーリキッド

コーヒーリキッドは、このままでアイスコーヒーとして楽しめる他、牛乳で割るとアイスカフェオレを楽しむことができます。コーヒーゼリーやコーヒーかき氷を作るなど、アイディア次第で色々な楽しみ方ができそうですね。

江戸切子でいただくすみだ珈琲のコーヒー

角田珈琲のコーヒーは、江戸切子のカップでいただくことができます。江戸切子は墨田区に職人が多いことで有名な、下町の伝統工芸です。

江戸切子はもともと冷たい飲み物を入れるものなのですが、すみだ珈琲では熱い温度に耐えられるよう、特注のカップを使用しています。なんとも贅沢ですね。ちなみに江戸切子のカップは店内で購入も可能です。

すみだ珈琲の自家製スイーツ

すみだ珈琲は、自家製スイーツも人気です。季節によってケーキの種類が異なります。いつ訪れても新しい出会いがあり、ワクワクしそうですね。

すみだ珈琲のモカチーズケーキ

チーズの濃厚な味わいに、ふんわりとコーヒーの香りがただようコーヒー店ならではのチーズケーキです。

すみだ珈琲のコーヒーソフトクリーム&ゼリー

このメニューは季節限定。「さすがコーヒー店のコーヒーゼリー!」と唸りたくなるような、香り豊かなコーヒーゼリーとソフトクリームのハーモニーが病みつきに。

すみだ珈琲はギフトにもおすすめ

すみだ珈琲では、コーヒー豆やコーヒーバッグ、コーヒーリキッドなど購入できる商品もあります。しかもどれもパッケージのデザインにこだわっているので、ギフトにもぴったりです。

コーヒー豆の販売は、豆のままだけではなく挽いた状態でも行っています。インドネシア、東ティモール、エチオピア、グアテマラ、そしてオリジナルブレンドと種類色々。

無印良品でも取り扱いあり!?すみだ珈琲のコーヒー豆は通販で購入できる?

すみだ珈琲は錦糸町にしか店舗がないため、遠くにお住いの方はなかなか購入できないですよね。

しかしすみだ珈琲のコーヒー豆は通販でも購入できます。無印良品のオンラインショップでも購入可能です。気になっている方は、ぜひ利用してみてくださいね。

オンラインショップで通販はこちら↓

すみだ珈琲オンラインショップ

楽天市場

すみだ珈琲の店舗

店舗情報
店名:すみだ珈琲

住所:東京都 墨田区太平4-7-11

営業時間:11:00~19:00

定休日:水曜、第2・4火曜(祝日は営業・翌日に振替)