「銀座ウエスト」のレトロな空間で楽しむ贅沢なひととき

昔ながらの老舗洋菓子店銀座ウエスト。丁寧に作られた素材の味を生かしたケーキは、長い間老若男女問わず幅広く愛され続けてきました。今回はそんな銀座ウエストの人気の秘密やおすすめメニューをご紹介しましょう。

銀座ウエストとは?

「銀座ウエスト」といえば、デパ地下スイーツを思い浮かべる方も多いかもしれませんね。そんな銀座ウエストには、創業当時から変わらず営業している喫茶室が銀座の路地にひっそりとあります。

銀座ウエストは、昭和22年に銀座に開店した老舗のお店です。開店当初は高級な洋食を郵船のシェフが提供するというコンセプトのレストランでした。この頃はコーヒーが1杯10円という時代。そんな時代に1000円のコースを提供していたのですから、いかに超高級路線だったかがわかりますね。

そんな矢先、条例で75円以上のメニューを提供することが禁止されてしまいました。そこで銀座ウエストは開店して間もないにもかかわらず、喫茶室としての再出発を余儀なくされたのです。

喫茶室として再出発した銀座ウエストは、店内にクラッシック音楽を流し解説をつける「名曲の夕べ」という催しを開催するようになりました。飲み物以外にも付加価値があるといった特別感が話題になり、文化人の間でその名が広がるように。これがきっかけで文化人が集う店とし、銀座ウエストは成長を遂げることとなったのです。

現在の銀座ウエストは、濃い青に白抜きで「GINZA WEST」とかかれたひさしが目印。店内はクラシカルで高級感漂う雰囲気で、昔の高級喫茶だったころの面影を残しています。店内にあるキャビネットの中には、昔店内で流していたクラッシックレコードの数々が収納されており、クラシカルな印象を一層強めています。高級感がありつつどこか懐かしくほっとする雰囲気です。

店内は全席喫煙なので、タバコが苦手な方でも安心してのんびり過ごすことができそうですね。もちろんお店の方のサービスも一級品。気持ちの良いサービスを受けることができ、リラックスできますよ。

銀座ウエストでは以前、お子様連れのお客様の非常識な振る舞いに対し、ツイッター上で苦言を呈したことがありました。しかし一方で、「行儀良くできるお子様をお店から締め出すようなことはできないので、年齢制限はしない」という旨もコメントしました。

問答無用で子供を締め出す店も多い中、「さすが老舗」というような粋な対応ですね。この対応にも、銀座ウエストの素晴らしいサービス精神があらわれていますね。

銀座ウエストの人気のメニューとは?

銀座ウエストのお菓子はどれも、素材にこだわり丁寧に手作りしています。そして味わいはどれもシンプルで、どなたの口にも合う優しいおいしさです。そんな多くの人から愛される銀座ウエストのスイーツメニューの中から、特におすすめのものをご紹介しましょう。

リーフパイ

リーフパイは、東北地方の牛乳から作った新鮮なバターをたっぷり使用し、職人の手で丁寧に何層にも重ねて作ったパイ生地を使用。サクサクとした食感と、芳醇なバターの香り、パイの表面にのせられたザラメの甘さが一体となり素晴らしいハーモニーを奏でます。繊細で美しい木の葉の形のパイは、ギフトにも喜ばれそうですね。

カロリー 69.8kcal
値段 5枚入り ¥600

ドライケーキ

ドライケーキは、東京土産の定番地しても有名です。デパ地下などで購入したことのある方も多いのではないでしょうか?ドライケーキとは、クッキー生地とケーキ生地の両方の食感を楽しめる焼き菓子で、現在は焼き菓子の詰め合わせギフトとして販売されています。11個入りのものから用意されており、季節限定デザインの缶に入ったものもあります。おしゃれなイラストが描かれており、大切な方への贈り物に最適ですね。

バリエーション豊かな焼き菓子の詰め合わせは、フタを開けるとワクワクすること間違いなし!特別感のある贈り物となりそうですね。

値段 11袋入り 2000円〜

クッキー

銀座ウエストは、昭和32年に一度経営の危機に陥ったことがありました。そのときに窮地を救ったのがクッキーでした。なかでもクッキー缶はビジネスにも重宝され大人気に。これが現在でも人気のドライケーキの始まりなのだそう。そんな銀座ウエストのクッキーはバリエーションが豊富でバターや小麦の風味を生かしたシンプルな味わいが魅力です。ギフトだけではなく、自分へのご褒美にもいかがでしょうか。

■ヴィクトリア
クッキー生地とケーキ生地を使用して焼き上げた、ドライケーキシリーズの中の一番人気を誇る商品です。生地の真ん中には国産のイチゴジャムがのせられており、見た目も華やかです。

値段 1袋 180円
カロリー 161.5kcal

■バタークッキー
コシの強い小麦粉に、カシューナッツのクランチを混ぜ込み、バターを加えて焼き上げたシンプルな味わいのクッキーです。ほろっと崩れるシンプルな食感が魅力です。

値段 1袋 180円
カロリー 171.2kcal

ケーキ

どこかほっとするような味わいのケーキも人気です。ケーキは店内で食べることも、テイクアウトも可能です。

■モザイクケーキ

ココア風味の茶色いスポンジと、バター風味のクリーム色のスポンジをモザイク柄に組み合わせた、見た目も楽しいケーキです。濃厚なチョコレートのクリームが癖になる美味しさです。

¥380
212kcal/カット

■ケーキセット

ケーキをイートインする際には、お飲み物の値段+300円のセット価格で頼むことも可能。しかも飲み物はおかわり自由!とってもお得ですね。さらに店内には、「味加減が好みに合わない時は入れ直す」むね記載された注意書きが。とても嬉しい心配りですね。

セットのケーキは、その日に提供しているたくさんのケーキの中から好きなものを一つ選ぶのですが、どれも美味しそうで悩んでしまうかも。ケーキや飲み物の器にもこだわりが見え、贅沢な気分になりますよ。時間がある方は、ぜひイートインでケーキを楽しんでみてくださいね。

銀座ウエスト クリスマス

銀座ウエストのクリスマスケーキは、昔ながらのバタークリームのものが人気です。コクがあり甘すぎないバタークリームとふわっとしたスポンジがマッチし、懐かしく優しい味わいです。見た目もほっこりとかわいらしく、お子様にも喜ばれそうです。

銀座ウエストはオンライン通販で購入できる?

銀座ウエストの一部の商品は、楽天やアマゾンの公式サイトから購入が可能です。なお電話で直接注文することもできるようです。詳しくは、公式サイトを見てみてくださいね。

オンラインショップで通販する
www.ginza-west.co.jp/store/html/

銀座ウエストの店舗は?

銀座ウエストは現在、銀座本店、青山店、横浜店の3つの店舗があります。軽食なども用意されています。なお席の予約は受け付けていないそうです。

店舗情報

店名: 銀座ウエスト銀座本店
住所: 東京都中央区銀座7-3-6
営業時間: AM9:00~PM10:00/土曜・日曜・祝日AM11:00~PM8:00
定休日:無休