東京でパンケーキを食べるならココ!「木と水と土と」の新食感パンケーキの魅力

photo by 木と水と土と https://www.ki-mizu-tsuchi.com/
ケーキ

東京の表参道はスイーツの激戦区。そんな表参道で、一際長い行列を作っているのが“木と水と土の”です。東京にはパンケーキ専門店も多い中、なぜ木と水と土とが人気を集めているのでしょうか。この記事では、“木と水と土の”の人気スイーツの紹介をします。

木と水と土と のコンセプトは?

木と水と土とでは、昔ながらの伝統的なパンケーキを現代風にアレンジした、“ネオクラシック”なオリジナルパンケーキを食べられます。小麦粉、乳製品、卵、白砂糖を使わない米粉でできたものも販売されていて、アレルギーがある方でも安心。
木と水と土との店内は、木目調の家具やオブジェが並び、あたたかな空間。大きな窓からは、明るい日差しが差し込みます。テラス席も用意されているので、天気がいい日には外の風を感じながら、懐かしくて新しい木と水と土とのパンケーキをぜひご賞味ください。

木と水と土とで絶対に食べたい人気メニュー

東京では、パンケーキが食べられるカフェやレストランがたくさんありますが、木と水と土とのパンケーキは一味違います。他にも、インスタ映え抜群なかき氷や再びブームが起こっているタピオカなどは押さえておきたいスイーツです。

木と水と土とのクレームブリュレパンケーキ

木と水と土との人気ナンバーワンは、クレームブリュレパンケーキ!パンケーキといえばフワフワな食感を想像しますが、木と水と土とのクレームブリュレパンケーキは、ナイフを入れると表面はサクッ、中はフワッとしています。表面のパリッと食感の秘密は、キャラメリゼをしてあるからです。間には優しい甘さのカスタードクリームが挟まれ、ベリーソースでデコレーションされています。キャラメリゼの香ばしさと、カスタードクリームの甘さ、ベリーソースの酸味のバランスが最高です。どこを探してもこの新しさは、木と水と土とだけでしか味わえません。まさに新食感!

商品名 クレームブリュレパンケーキ 
値段 980円(税抜)

木と水と土とのかき氷

東京をはじめ、全国でかき氷の専門店が増えていますよね。木と水と土とはかき氷の専門店ではないものの、負けず劣らずのクオリティです。
ガラスの涼しげな容器に入った冷たいかき氷は、暑い日に食べれば、体も心も涼ませてくれそうですね!

木と水と土との生苺みるく

かき氷といえば、いちご味は外せません!木と水と土とのいちご味は“生苺みるく”というネーミング。名前からしておいしそうです・・・
たっぷりと盛られたふわふわの氷の上に、濃厚な生苺ソースとミルクソースが半分ずつかかっています。そしててっぺんには、生のいちごをトッピング。ボリュームといい色合いといい、甘いもの好きな女の子なら心を踊ること間違いなしです。

商品名 生苺みるく
値段 880円

木と水と土とのじゃばら梅

じゃばらは、東京ではあまり馴染みがないですが、和歌山名産の柑橘類です。和歌山県の中でも北山村のみで栽培されている希少なフルーツ。すっきりとした酸味がクセになるおいしさです。このじゃばらソースと梅シロップがかかったかき氷は、スッキリ爽やかで、いくらでも食べられます。別添えの練乳をかけると、また全く違う味わいになるので面白いですよ。

商品名 じゃばら梅
値段 880円

木と水と土と のタピオカいちごミルフィーユパフェ

数年前から、またタピオカが大ブームになっていますね。東京にも、30店舗以上のタピオカ専門店があります。木と水と土とには、このタピオカを使ったパフェがありこちらもヒット中です。
タピオカいちごミルフィーユパフェは、 いちごムース、フィアンティーヌ、クリームチーズ、ピスタチオアイス、フレッシュ苺が層になったパフェで、一番下にはいちごみるくのタピオカが入っています。ふんわりとしたムース、サクサクのフィアンティーヌ、滑らかで冷たいアイス、もちもちのタピオカと、様々な食感が楽しめる贅沢なパフェです。かなりボリュームがあるので、シェアするのもおすすめ。

商品名 木と水と土と のタピオカいちごミルフィーユパフェ
値段 980円

とれとれ市場でも木と水と土とを愉しめる!

木と水と土とは、東京だけではなく、和歌山県白浜市にもオープンしました。木と水と土と白浜店は、新鮮な食材を味わうことができる“とれとれ市場”の一角にあります。
一番人気のパンケーキをはじめ、東京では食べられない、パンダパンケーキを販売しています。可愛いパンダのアイスが乗ったパンケーキは、お子さんウケもばっちり!
他にもタピオカドリンクや、マグロカツバーガーといったご当地グルメバーガーも食べられるので、和歌山県に行った際もはぜひ立ち寄ってみてください。

木と水と土とは予約できる?混雑状況は?

木と水と土とは行列必至の人気店なので、休日のランチタイムからカフェタイムは特に混雑しています。待ち時間をなくすためには、予約が必要です。電話で問い合わせをしてみましょう。また、予約ができるのは平日のみです。行きたい日にちと時間が決まったら、早めに連絡してみましょう。

木と水と土と の店舗情報を紹介します

上記でも紹介したとおり、木と水と土とは、表参道店と和歌山県にある白浜店の2店舗です。今回は本店である、東京の表参道店の店舗情報を紹介します。

店舗情報
店名: 木と水と土と

住所:〒107-0061 東京都港区北青山3丁目10−13 FPGlinksOMOTESANDOビルB棟1階

営業時間: 10:00~22:30

定休日:無休(年末年始は除く)

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。