ビーントゥバーって?チョコレート通の方に教えたいビーントゥバーの魅力とおすすめ店8選

チョコレート

ビーントゥバーとは?

最近よく聞く「ビーントゥバー」という言葉。とくにチョコレートファンならビーントゥバーは常識といっても過言ではないかもしれませんね。

ビーントゥバーとは、チョコレートの原材料カカオ豆がタブレットに生まれ変わるまでの工程を一貫して行うことをいいます。ビーントゥバーのブームの発祥はアメリカと言われており、日本の専門店でも、ビーントゥバーを売りにしているところが増えてきています。ビーン=「カカオ豆」、トゥ=~まで、バー=「板チョコ」という意味です。

メーカーによりチョコレートの作り方のみならず、カカオの仕入れ方から異なるため、ビーントゥバーはお店ごとの個性の違いが一層楽しめるでしょう。カカオ豆の本来のおいしさを引き出すため、添加物や香料などを一切加えないのもビーントゥバーの特徴。ビーントゥバー、気になりますよね!

ビーントゥバーの歴史

「ビーントゥバー」は、アメリカ発ですが、ムーブメントの始まりは2000年頃。アメリカではチョコレートが香料や植物性油脂などがたっぷりの「甘いお菓子」でカカオ豆の風味が失われつつありました。そんな時起こったビーントゥバーの動き。素人の個人が、カカオ豆とシュガーなどのシンプルな材料で自宅で作り始めたケースが多かったのです。このビーントゥバーのムーブメントが2010年代前半ごろ、日本にも到来。

ビーントゥバーの魅力

ビーントゥバーは主に単一産地のカカオ豆で作られるので、豆本来の風味や味を楽しめます。カカオ豆は産地や品種で風味が全く違います。また、発酵や焙煎によっても味が変わるのも魅力。色々なカカオ豆の風味を楽しむためにビーントゥバー店巡りをしている人もいるのだとか!

ビーントゥバーのおすすめチョコレート専門店8選

ではビーントゥバーのチョコレート専門店の中から、オススメの店舗を東京都内のお店を中心にご紹介しましょう。

ビーントゥバー店①ダンデライオン・チョコレート

このビーントゥバーの専門店は、東京都浅草蔵前にあります。お店の前がガラスばりになっており、チョコレートを製作している様子が見えるのがポイント。原料にはシングルオリジンのカカオ豆とオーガニックのケインシュガーのみを使用するなど細部までこだわってチョコレートを仕上げています。

ビーントゥバー店②ショコル

ビーントゥバーのお店ショコルは、等々力駅から15分ほど歩いた閑静な住宅街の中にあります。ここのチョコレートのこだわりは、多くのチョコレートに使われている乳化剤や香料などの添加物を使用していないところ。そのため雑味の少ないカカオ本来の味わいを堪能できますよ。

ビーントゥバー③ミニマルビーントゥバーチョコレート

ビーントゥバーのお店ミニマルは、富ヶ谷にあります。ミニマルのチョコレートの特徴は、フレーバーのレパートリーが豊富なところ。カカオと砂糖のみで作ったシンプルなチョコレートに、フルーツやミントなどの爽やかな味と香りを加えたものがたくさん揃っています。

ビーントゥバー店④グリーン ビーン トゥ バー チョコレート

このビーントゥバーのお店は中目黒にあります。原材料は厳選したカカオ豆とオーガニックなシュガーのみというシンプルな味わいが特徴です。使用するカカオ豆ごとに製造工程を研究するというこだわりで、カカオ豆本来の香りを最大限引き出しています。

ビーントゥバー店⑤クラフト チョコレート ワークス

このビーントゥバーのお店は三軒茶屋駅から徒歩9分ほどのところにあります。デザイン性の高いモダンな店内には、チョコレートがまるでアート作品のように並んでいます。お店で購入できるソフトクリームも人気を集めています。

ビーントゥバー店⑥サマーバードオーガニック

東京都表参道にあるビーントゥバーのお店は、デンマーク生まれ。オーガニックな食材にこだわったチョコレートが特徴です。お子さまにも安心して食べさせることができそうですね。

ビーントゥバー店⑦ボナ

このビーントゥバーのお店は、フランスで生まれました。なんと百三十年の歴史を誇る老舗チョコレート専門店です。現在ではよくみられるようになったシングルオリジンのタブレットの先駆けとなったお店なのだそう。このシングルオリジンのラインナップはかなりのもの。食べ比べてみるのも楽しいかもしれませんね。こちらは長年日本にお店がなく通販のみの購入となっていましたが、最近広尾に店舗をオープンしたそうです。

ビーントゥバー店⑧ビーントゥバーチョコレートichiji

兵庫県芦屋駅の近くにあるビーントゥバーのお店です。2016年にオープンしました。乳製品を入れず、カカオ本来の風味を存分に楽しめるのが特徴です。カフェも併設しており、チョコレートドリンクなどを楽しめます。

ビーントゥバーの個性的なメニュー

ビーントゥバーのチョコレートには、他の食品とコラボした個性的なメニューもたくさんあります。そのなかから人気のものをご紹介しましょう。

ビーントゥバーチョコレート×ビール

ビーントゥバーのチョコレートはクラフトビールと似ていると言われることがよくあるが、ビーントゥバーのチョコレートとクラフトビールのコラボ商品も登場しています。それが先ほどご紹介したダンディライオンと「COEDO」のコラボビール「チョコレート・デュンケル」ほのかな甘みとカカオの豊かな香りを感じられ、新しい美味しさと出会うことができますよ。

ビーントゥバーチョコレート×プリン

チョコレート専門店「マジドゥショコラ」で販売しているのが、ビーントゥバーのチョコレートとプリンがコラボした商品です。プリンに合わせてカカオ豆の焙煎を行なっているので、カカオの風味がしっかりと感じられる仕上がりです。

ビーントゥバーのチョコレート まとめ

いかがでしたか?

ビーントゥバーはお店ごとに味が全然異なるので、気になる店舗のチョコレートを食べてみるのも良し、ビーントゥバー巡りも良し!

ぜひ、ビーントゥバーのチョコレートを食べてみて下さいね。

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。