ブロードハーストは英国食文化を発信する洋菓子店

photo by パンケーキ&ホットケーキ 美味しいカフェに行こう!&作ろう! http://pancake-hotcake.seesaa.net/
クッキー

大阪・玉造の「ブロードハースト」は英国人パティシエ兼ショコラティエのピーター・ジョン・ブロードハーストさんが手掛ける洋菓子店です。2002年の開店以来、スイーツだけでなくイギリス文化も発信してきたブロードハーストの魅力を探っていきましょう。

ブロードハーストのスコーンは正統派英国風

イギリスのお菓子と聞いて思い浮かぶのはスコーンですね。ブロードハーストのスコーンは正統派の英国風ですが、よくありがちなボソボソした感じは一切なく、パンに近い感じで何もつけなくても食べやすいスコーンです。もちろん、ジャムを添えても絶品です。

ブロードハーストのショートブレッド

ブロードハーストの焼き菓子のうち一番人気の「ショートブレッド」は、濃厚なバターの香りとホロホロした食感が楽しめるお菓子です。ショートブレッドは、ブロードハーストのものが一番おいしいという声が多数聞かれます。


可愛らしいアヒルの形が目を引くブロードハーストの「ダックショートブレッド」。イギリスのお菓子は紅茶を合わせてじっくり時間をかけて楽しむものなので、フランス菓子に比べると甘さ控えめに作られています。

ブロードハーストのお菓子のキュートさに萌え

何ともキュートなジンジャーマン!


ブロードハーストの一番人気のケーキは、ケーキの上にスマイリーマークがついた「Manbo(マンボ)」。マンゴー味のババロアとチョコのブリュレを食べた人も笑顔になるケーキです。

「イギリス料理は美味しくない」を完全払拭するブロードハーストのパンケーキ

イギリス料理=美味しくない、というイメージがありますが、ブロードハーストはそんなイメージを変えることも目指しています。ブロードハーストではイギリスのパブや自宅で軽いランチやおやつによく食べられる、食事系とスイーツ系のパンケーキやチーズトーストも人気。イギリス料理のイメージががらりと変わります。

ブロードハーストは残念ながら閉店するもチョコレート専門店は営業中

イギリスの食文化の魅力を発信し続けたブロードハーストは、残念ながら2018年11月に閉店。しかし、ブロードハーストがプロデュースするチョコレート専門店の「ティカール バイ カカオマス」は営業中です。レトロ建築として人気の芝川ビルにあるこの店舗では、ギネスビールやスパイスを練りこんだり、カクテルにアイディアを得た個性的なチョコレートが楽しめます。

【店舗情報】

お店情報
店名:ティカール バイ カカオマス

住所:大阪市中央区伏見町3-3-3 芝川ビル1F

定休日:月曜日

営業時間: 11:30~19:00

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。