中目黒「パティスリーカカオエットパリ」のシンプルだけど個性際立つケーキ

photo by パティスリー カカオエット・パリ:ブログ http://www.cacahouete-paris.jp/2016/01/26/2016.html
ケーキ

パティスリーカカオエットパリのスイーツは、斬新で個性的なものが多いのにシンプルな味わい。そのおいしさのとりこになってカカオエットパリのファンになる方が多いようです。今回は、そんなカカオエットパリの、魅力あふれるスイーツたちをご紹介します。

フランス菓子をベースに斬新なアイディアを提案

「パティスリー カカオエットパリ」は、フランス人シェフのジェローム・ケネルさんが2006年、中目黒に開業したパティスリー。ジェロームさんは、これまで「ラデュレ」「ピエール・エルメ」「プラザ・アテネ」など数々の有名店に在籍していました。

風にはためくフランス国旗がカカオエットパリの目印。カカオエットパリのグリーンの扉を開くと、ショーケースに並んだシンプルだけど美しい宝石のようなケーキが目に飛び込みます。カカオエットパリにはイートインスペースもあるので、お好きなケーキをその場ですぐにいただくことができますよ。

カカオエットパリのスイーツは、フランス菓子の伝統を大切にしつつ斬新なアイディアを取り入れています。そんなジェロームさんのモットーは、「最高の素材を使ってモダンな表現で見せること」なのだそう。これまで見たことのないような、カカオエットパリしか味わえないスイーツに出会うことができます。尚、カカオエットパリは百貨店の催事に出店していることもあるので、カカオエットパリの店舗に行けないけどカカオエットパリのスイーツが気になる人は要チェックです。

素材本来の味わいを感じるプチガトー

カカオエットパリのプチガトーは、どれもシンプルな構成。これは素材本来の味を大切にしているから。

「エクレアカフェ」は、チョコレートでコーティングされたエクレアの中に、コーヒーのクリームがギュッとつまっており、コーヒーとチョコレートのハーモニーを存分に楽しめます。

カカオエットパリの一番人気は、スタイリッシュなシュークリーム「シューキューブ」。なんとカカオエットパリのシュークリーム、四角い形をしています。上にはおしゃれな絵が描かれた、チョコのプレートがのせられています。手土産に持参したら、「こんなの見たことない!」と驚かれること間違いなし!カカオエットパリならではですし、インスタ映えも抜群ですね。

もちろん味のほうもお墨付き。甘さ控えめのクリームなので、見た目よりもあっさりしており、あとをひくおいしさです。

カカオエットパリでしか味わえないメニューといえば、ヴェリンヌをあげる方は多いのではないでしょうか。グラスの中にケーキを再現し、「ケーキを飲む」という斬新なアイディアを形にしたこのメニュー。

カカオエットパリで販売されているヴェリンヌは見た目が可愛いく、目立ちます。

定番の飲むショートケーキ、ティラミスに加え、季節ごとに違った味が登場します。カカオエットパリのHPで新作をチェックできますよ。普通のケーキとはまた違った味わいに、病みつきになりそうです。

ギフトにおすすめの焼き菓子

カカオエットパリの素材を厳選して丁寧に焼き上げた焼き菓子も人気です。シンプルだけどかわいらしい見た目と優しい味わい。お好きな焼き菓子を、おしゃれな箱に詰め合わせてギフトとして利用することもできます。

カカオエットパリの焼き菓子の中で特に人気なのが、くまの形のかわいい焼き菓子「ビブヌス」。濃厚なチョコの香りがたまらない逸品です。見た目もとってもかわいらしいので、女性に喜ばれそうですね。

ちなみにカカオエットパリの焼き菓子は、通販もできるそうです。詳しくはカカオエットパリ公式サイトを見てみてくださいね。

記念日に欠かせないホールケーキ

誕生日ケーキやクリスマスケーキなど、記念日に欠かせないホールケーキ。カカオエットパリのホールケーキは色々な種類があります。どれもとっても華やかで、大切な記念日を思い出に残る一日にしてくれるはず。希望に合わせて、特別注文も受け付けているそうです。大きさや内容など希望はカカオエットパリのスタッフさんに伝えましょう。

カカオエットパリの店舗情報

お店情報
店名:カカオエットパリ

住所:東京都目黒区東山1-9-2

定休日:毎週木曜日、第3水曜日定休

営業時間: 10:00〜20:00

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。