110年以上フランスで受け継がれてきた味わい深い幻のショコラ「イルサンジェー」

PR TIMES by https://prtimes.jp
チョコレート

そろそろバレンタインの時期になりチョコレートが気になる方も多いのではないでしょうか。そこで異性へのプレゼントにも友チョコにもぴったりの高級ショコラのイルサンジェーをおすすめします。フランスにて110年以上受け継ぐ名門「イルサンジェー」は、昔ながらの製造法とレシピを大切に、手作業で一粒一粒、何日も時間をかけて丁寧に仕上げます。そんなイルサンジェーのショコラをテーマにご紹介します。

フランスショコラブランド・イルサンジェーとは?

フランスで直系4代のパティシエが受け継ぐ老舗ショコラティエ「イルサンジェー(hirsinger)」は、黒(伝統)と赤(革新)をテーマに、白ワインに合う香り高い味わいが魅力です。

イルサンジェーの世界初の支店として日本をチョイス。銀座ブティックを2012年1月にオープンします。その後、東京ブティックなど店舗移転を経て、2017年11月に再度銀座にお店を開きました。

イルサンジェーの商品は当主エドワールが自らフランスのお店で製造し、納得のいくクオリティのもののみを日本のブティックに直輸入しています。そのため、たとえ最高級ショコラであっても飛ぶように売れているのです。

イルサンジェーのブティックは赤を基調とした高級感のあるお店となっています。チョコレートの販売のほかに予約制のサロンがあり、デザートやショコラなどを味わうことができます。ぜひワインと一緒にお楽しみください。

イルサンジェーの人気のショコラ「ガレ」は芳醇な味わいが魅力

イルサンジェーの人気商品の一つである「ガレ」は2代目のエドワール・イルサンジェーが考案したショコラです。
真っ白なメレンゲでコーティングしてあり、なかにはブラックチョコレートとアーモンドプラリネがミックスされたものがぎっしり入っています。
メレンゲのサクサクした食感と、口の中ですぐに溶ける香り高いチョコレートの味わいが楽しめる一品です。

ガレは1粒製造するのに5日間もかけて仕上げます。手作業で丁寧に仕上げるショコラは、そのためお値段は800円ほどと高級ショコラですが、一粒食べるとその美味しさに満足感を味わえるはずです。

また、「タブレット」もイルサンジェーの人気の商品です。2017年にイルサンジェーで販売された「ヘーゼルナッツタブレット」は販売後瞬く間に売り切れとなりました。コンテチーズにも使われるこだわりのミルクを使用することで、まろやかな甘みとコクを持ちながらも、キレの良いすっとした後味が特徴です。

公式サイトには通販サイトも設けているので、銀座ブティックに訪れなくてもイルサンジェーのショコラをお友達やご家族にプレゼントすることができますよ。

イルサンジェー トゥシェフ

イルサンジェーのトゥシェフは、創業者のオーギュスト・イルサンジェー氏が開発したチョコレートです。
開発されてから110年以上もの間、当時のレシピを忠実に再現し守られています。

口に入れると、中のプラリネは少しザラっとし香りがとても良いチョコレートです。

イルサンジェー シシィ

3代当主創作の粗めのアーモンドプラリネの食感が良いチョコレートです。
女性の名前をもつこの商品は、エドワールの姉であるマリールーシーのニックネームだそうです。
少し荒めのアーモンドプラリネがぎっしり詰まったシシィは、ワインとの相性が非常に良いです。

イルサンジェー カフェバール

カフェバールは、赤い箱に入った変わった形のショコラバーです。
すべて職人の手による手作業で作られており、1日に300~500個しか作ることができないそうです。
3層のチョコレートは非常に濃厚で食べる人も満足度が高いです。

イルサンジェーのプレゼント・ギフト商品

イルサンジェーのチョコレートはプレゼント・ギフトにもぴったりです。イルサンジェーのパッケージは高級感があり、大切な人への贈り物として利用されることが多いとか。

イルサンジェーの店舗情報

イルサンジェーの銀座ブティックサロンの店舗情報は以下のとおりです。電話予約や公式サイトのお問い合わせページでショコラの取り置きもしてくれますよ。

お店情報
店名:イルサンジェー銀座ブティックサロン・ミュージアム

住所:東京都中央区銀座6-3-17悠玄ビル1F

定休日:水曜日

営業時間:12:00〜20:00(カフェラストオーダー:)

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。