ほっこりとした温かい雰囲気が魅力の「パティスリーミラベル」

photo by 毎日チョコ生活 http://chie1129.hatenablog.com
ケーキ

フランスの田舎町にあるパティスリーのような、かわいらしく温かい雰囲気のお店「パティスリーミラベル」。夫婦で営むアットホームなお店です。ほっこりとあたたかな味わいの洋菓子が並ぶ小さなお店です。今回はそんなパティスリーミラベルの魅力をご紹介します。

世田谷区にある小さなパティスリー「パティスリーミラベル」は、シェフの橋本望さんと奥様のみず紀さんが夫婦で営んでいます。望さんは世田谷の有名菓子店オーボンビュータンを経て2年半渡仏。帰国後2005年にミラベルをオープンしました。

お店を切り盛りするのが自身も製菓専門学校を出ている奥様のみず紀さん。お二人の人柄をしのばせるような、ほっこりと温かい空気が店内に流れています。

そこにはフランス菓子特有の堅苦しさはなく、ひょいっと気軽にたちよれそう。シェフの望さんは、フランス菓子にこだわらず、おいしいものはどんどん取り入れたいという柔軟な考えを持っています。これは修行先のフランスで学んだ姿勢なのだといいます。

フランスのシェフたちはあまりこだわりを持たず、いいと思ったレシピは仲間内で共有し、どんどん取り入れます。この姿勢に影響されたのだそうです。

なおミラベルは2005年にオープンした桜ケ丘から経堂に、2013年に店舗を移転しています。駅から近くなり、ますます立ち寄りやすくなりました。高島屋にも出店していますので、そちらで購入することも可能です。

クリームが絶品のミラベルのケーキ

ミラベルのケーキは、とにかくクリームがおいしいと評判です。そんなミラベルのケーキの中から特におすすめのメニューをご紹介します。

「シューアラクレーム」

濃厚なクリームの味わいを存分に楽しめるのが、このメニュー。定番ながら他店とは一線を画すおいしさです。

「エクレールショコラ」

濃厚なチョコレートクリームをたっぷり詰め込んだエクレールショコラ。甘すぎずほろ苦い味わいなので、男性にも好まれそう。

「フレジエ」

いちごのおいしさを堪能できるのがこのケーキ。真っ赤ないちごソースが上にとろーりとかけられ、大きないちごがケーキの中に隠れています。ビスキュイといちごの酸味のハーモニーがたまりません。

「フロマージュクリュ」

クリームチーズをたっぷり使い、濃厚なのに甘さ控えめでさっぱりとした後味。小さめサイズでいくらでも食べられそうです。

「サヴァラン」

ミラベルの定番の一つ、サヴァラン。なんと雑誌の表紙を飾ったこともあるのだそう。クリームとラム酒の香りが混ざり合い後味がさわやか。ラム酒がきつすぎず、サヴァランが苦手な方でも食べやすそうです。

ミラベルの店舗情報

店舗情報
店名:ミラベル

住所:東京都港区白金3-17-18 1F

定休日:火曜日

営業時間:10:00~19:00

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。