【食レポ】pure coco(ピュアココ)デザインから食感までこだわり抜いたホワイトチョコ

pure coco

代官山を歩いていると、ぱっと見はお菓子屋に全然見えない”pure coco(ピュアココ)”。小綺麗な雑貨屋さんに見えるpure cocoの店内には、デザインにこだわりぬいたホワイトチョコのパッケージに溢れています。そんな、pure coco(ピュアココ)を特集してみました。

 

pure coco(ピュアココ)の特徴

「pure coco(ピュア ココ)」は、こだわりぬいたブレンドに寄って作り上げた風味豊かなホワイトチョコレートが看板商品。
ホワイトチョコレートは、かなり斬新な作りをしており、ただのチョコレートではなく、チョコレートの下にシュー生地で作り上げていることで、新しい食感をうんでいます。
丁寧にじっくり時間をかけて焼き上げることで、サクサクの食感を実現。
通常であれば、シューの中にもクリームを入れたりするのですが、pure coco(ピュアココ)のホワイトチョコレートはあえてクリームを入れずにシューだけにしています。
そのため、ホワイトチョコレートをかじるとサクサクっと食べれる食感を大切にしているそう。

pure coco(ピュアココ)を食レポ

さて、そんなpure coco(ピュアココ)を食レポしてみました。
と言っても、実はpure coco(ピュアココ)を求めに行ったというよりも
代官山をふらふらしていると偶然見かけたというところ

店舗はこんな感じです

ちょっと普通のお菓子屋と雰囲気が全然違ったので、素通りするところだったのですがw

まず、目に入ったのが様々にデザインされた美しいパッケージ

どうも
帽子箱をイメージして作っているそう
なぜ、このようなパッケージのデザインにしたのかは不明なのですが、
サイトなども見ていると女性のイメージを強く意識しているのでこのような箱にしたのかも?

さて、今回はその帽子箱ではなくスクエアの箱のホワイトチョコレートを購入しました
パッケージはこちら

スクエア
のものもとてもデザインにこだわりぬいています。
どれも、クリエイターの方に入ってもらってデザインしているそう

箱の隅々までデザインにこだわりを感じます

開けるとこんな感じです

まるでプレゼント箱を開けた時のワクワク感を演出
ホワイトチョコレートの印象を壊さないように袋も銀と白のデザイン

中身はこんな感じです。

小ぶりのホワイトチョコレートは普通のチョコレートのイメージよりも
ちょっと大きめ

中がシューなので、大きめに感じますが、中身を砕いてみると

クリームなどは特に入っていないので、
一口で食べてもパクパク食べれるような感じになっています。

食べた感想としては、
とてもさっぱりとしていてサクサクといけるシューはとても後味が良い。
チョコレートというよりも、シュークリームとチョコレートの中間のようなお菓子。

h1まとめ
デザインの良いお菓子は、大概中身のお菓子も美味しくないことが多いのですが、今回のpure coco(ピュアココ)のホワイトチョコレートは、非常に後味もよく男性でも食べれるチョコレートという感じでとても美味しかったです。
pure coco(ピュアココ)は、お菓子のデザインも美しいのですが、店舗もとても綺麗なので女性の方はぜひ店舗にも訪れてもらいたいです。

お店情報
店名:pure coco(ピュアココ)

住所:東京都渋谷区代官山町2-7 シャトレ代官山106

定休日:無休

営業時間: 12:00〜19:00

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

本山智男

43,725 views

株式会社SweetsVillage代表取締役 ”本当に良質なお菓子を通じて世界中の人を幸せにする”を理念に、本当に美味しいお菓子屋をプロモーションしています...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。