ラヴィルリエは大阪で極上フランス菓子に出会えるパティスリー

photo by 週8カレー@大阪 http://max-japan.com
ケーキ

ラヴィルリエは、大阪市北区の扇町公園近くにある超人気のパティスリーです。突然フランスの街角に迷い込んでしまったかと思わせるような、素敵な赤い外観が目印。ラヴィルリエのオーナーパティシエ服部歓央さんは、お客様にどう楽しんでほしいか、を考えてお菓子を作りこんでいくそうです。そんなパティシエの作るラヴィルリエのお菓子のメニューを紹介しましょう。

ラヴィルリエの人気の生菓子

食べる人のことを中心に考えて、逆算して作りこんでいくというラヴィルリエのケーキは、味だけでなく見た目の個性も際立っています。写真左上、うさぎの耳がキュートな「ラパン」はいちごとベリー、ホワイトチョコとライチの風味のバランスが素晴らしいケーキです。その右の「エクリプス」はミルクチョコと抹茶、パッションフルーツのムースの絶妙な組み合わせでラヴィルリエの常連客に人気。右上の鮮やかなグリーンが印象的な「ピエールタンタシオン」は、ピスタチオのムースの中にチェリーのジュレが入っています。

ラヴィルリエのテリーヌショコラは塩と胡椒を添えて

ラヴィルリエで話題のケーキの一つがテリーヌショコラです。生チョコのような風味と食感が魅力のチョコレートケーキですが、これを薄くスライスして別添えの塩と胡椒をかけていただくとカカオの風味が数倍にも増して迫ってきます。これぞ、ラヴィルリエのマジック!
【ラヴィルリエ テリーヌショコラ 】値段 2,100円

クリスマスをラヴィルリエのシュトーレンで祝おう

自家製の漬け込みフルーツやナッツ、マジパンがたっぷり入ったラヴィルリエのシュトーレンも毎年人気の商品です。

製造過程でバターに浸すため、バターもリッチに香ります。毎日だんだんと変化していく味を、少しずつスライスしていただきながら、クリスマスを楽しみに待つお菓子なのだそうですが、ラヴィルリエのシュトーレンは美味しすぎるので、クリスマスまでもたないかもしれません。

【ラヴィルリエ シュトーレン】BOXなし 値段 2,300円(税抜)

季節限定!ラヴィルリエのタルトタタン

紅玉りんごの美味しさを閉じ込めたタルトタタン。甘酸っぱい紅玉をあめ色になるまで4時間もじっくり焼いて作るこのケーキは、りんごの季節にしか出会えない味です。

小麦粉の一粒一粒が際立つラヴィルリエの焼き菓子

ラヴィルリエには、プチガトーだけでなく、焼き菓子やグラス(アイスクリーム)、キッシュやカヌレ、ブリオッシュやクロワッサンなどもあり、どれを選ぼうか悩んでしまいます。ラヴィルリエの焼き菓子は、それぞれのお菓子に合わせて温度を調整し、小麦粉の一粒一粒に火を通すことを意識して焼き分けられているそうです。

ラヴィルリエの人気ケーキを確実に食べるなら予約がおすすめ

ラヴィルリエのケーキは人気のため、早い時間に売り切れてしまうこともあります。そんな時には予約がおすすめ!一つからでも気軽に電話で予約ができるそうです。接客の良さにも定評のあるラヴィルリエに、ぜひ一度訪れてみてください。店内にはイートインスペースもあります。

【店舗情報】
 

店舗情報
店名:ラヴィルリエ

住所:大阪市北区山崎町5-13 大阪メトロ谷町線 中崎町駅出入口1より徒歩4分

定休日:火曜、水曜(その他不定休あり ※公式ブログを参照してください)

営業時間:11:00~20:00

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。