【食レポ】アンリ・シャルパンティエのクッキー缶

お菓子屋

3つのろうそくをロゴにした「アンリ・シャルパンティエ」。3本のロウソクの火はいちごとも見て取られます。3本はそれぞれアンリ・シャルパンティエが大切にしている精神を象徴しています。「幸せ」「喜び」「驚き」という意味が込められています。今回は、そんなアンリ・シャルパンティエを特集してみました。

 

アンリ・シャルパンティエのルーツ

1969年に創業したアンリ・シャルパンティエ。お客様に洋菓子を通じて「幸せ」「喜び」「驚き」を届け、日本にはない新しい文化を作ることを大切しているアンリ・シャルパンティエ。
創業当初は、芦谷の小さな1つの喫茶店。クレープ・シュゼットのフランペの青い炎はとても有名で、それを目当てにくるお客様も多かったそう。

アンリ・シャルパンティエのお菓子

アンリ・シャルパンティエの看板商品でもある「フィナンシェ」。フィナンシェは、年間2,000万個も販売され「世界でもっとも売れているフィナンシェ」としてギネスに認定されています。香り高いアーモンドをバランス良くブレンドし、北海道産のオリジナル発酵バターを使って焼き上げています。アーモンドの香ばしさとバターの香りが絡まって口の中で広がっていきます。

アンリ・シャルパンティエのクッキー缶

そんなアンリ・シャルパンティエの中でも人気のあるクッキー缶を購入してきました。
外見はこんな感じ

春を感じさせるパッケージに包まれており、開けるとクッキーをイメージされたデザインのクッキー缶が出てきます。

デザインが非常に可愛く贈答用としても人気のアンリ・シャルパンティエのクッキー缶
クッキー缶を開けるとこんな感じです。

 

 

一口サイズのクッキーを一つ一つ食べやすいように配慮していて、このエッフェル塔の飾りはクッキーが取りやすいようにピンとして使えます。
このピン一つとってもデザインにこだわりを持っています。

フレーバーは9種類

ガレット・ブルトンヌ、フランボワーズ、ショコラ・ノワール、ショコラ・ブランなど、1つ1つ香りがとても良いクッキーです。

中でも絶品なのがショコラ・ノワールとショコラ・ブラン
正方形のクッキーで、食べると口の中でほろほろ砕ける
フレーバーとクッキーの食感が絶妙で絶対食べた方が良いクッキーと言えます。

まとめ

アンリ・シャルパンティエのクッキーは他のクッキーと違って、一つ一つが本当に美味しいクッキーでした。また、1口サイズというところもあり、会社のお土産にはとてもいいのではないかと思います。ぜひ、贈答用にアンリ・シャルパンティエのクッキーを送ってみてはいかがでしょうか?

 

お店情報
店名:アンリ・シャルパンティエ プティ・タ・プティ

住所:兵庫県芦屋市公光町7-10-101

営業時間: 09:30〜20:00

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

本山智男

37,541 views

株式会社SweetsVillage代表取締役 ”本当に良質なお菓子を通じて世界中の人を幸せにする”を理念に、本当に美味しいお菓子屋をプロモーションしています...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。