にしむら珈琲店プロデュース 珈琲にあうお菓子屋 セセシオン

お菓子屋

大阪から神戸に向かう途中にある御影。知る人ぞ知るお菓子屋が集まるスイーツ激戦区の中で、知らないと通り過ぎてしまいそうなお菓子屋がある。にしむら珈琲店がプロデュースする”セセシオン”というドイツの洋菓子を取り扱う洋菓子店。珈琲店がお菓子を提供することは一般的ですが、洋菓子専門店を作ってしまうのはかなり珍しい。今回は、そんなにしむら珈琲店のプロデュースするセセシオンを特集しました。

 

にしむら珈琲店

昭和23年創業のクラシックな空間のゆったりできる珈琲店にしむら珈琲店。関西出身者であれば誰しも一度は訪れたことがある神戸老舗の珈琲店は、創業当初は雑貨店として創業。当時仕入れていたお菓子の業績がよかったことから喫茶店を開始。日本で初めて自家焙煎のコーヒー豆を提供していました。

店舗の内装は、華やかでありシックな雰囲気。全ての店舗が直営店となっており、全国展開はせず地元に根付いた経営をしている。その理由は、珈琲を入れるのに使う水にあります。
にしむら珈琲店で使っている「宮水」は毎日汲み新鮮な状態で珈琲を提供しています。そのため配送ができる範囲内でしか店舗を開店せず、提供する珈琲にこだわり抜いた結果が地元限定の店舗経営でした。

にしむら珈琲店 洋菓子店セセシオン

そんな珈琲にこだわり抜いた、にしむら珈琲店がプロデュースする洋菓子店 セセシオン。珈琲店が洋菓子を提供することは普通ですが、洋菓子専門店まで作ってしまうケースは珍しい。「自社の珈琲に合うお菓子を作りたい」そんな想いから洋菓子専門店を開いてしまったそうです。

お菓子職人の工房byにしむら珈琲 #セセシオン #焼き菓子 #洋菓子 #secession #にしむら珈琲

Toshikoさん(@toshiko.ito)がシェアした投稿 –

にしむら珈琲店 洋菓子店セセシオンのお菓子の特徴

セセシオンで取り扱っているお菓子はドイツ風のお菓子がベースになっています。珈琲にもこだわり抜いるにしむら珈琲店。そのお菓子作りにも素材はこだわり抜いており、アーモンドは香りの良いシチリアから輸入し、卵は高知の南国の農園から調達、バターは用途によって4種類も使い分けており徹底して素材にこだわり抜いています。
また、焼き菓子は日持ちするため気にする方も少ないですが、鮮度にも気にしており、セセシオンでは毎日しっかり焼き上げ焼き上げたお菓子を提供していることも特徴的。
セセシオン本店では、珍しく焼き上げたお菓子を試食できるようになっており、マドレーヌなど焼き上げを食べる機会の少ないお菓子も焼き上げで食べられることがあります。

神戸ふらっと食べ歩き セセシオンでリンツァートルテとシュトーレンを買い→ ブロードバール セセシオンでパンを買い→ マモンエフィーユで焼き菓子を買い(お目当のフレンチビスキュイは開店直後でしたが完売でした)→ 麦麦で食パンを買い→ ビアンヴニュでパンを買い→ Emilでシュークリームとムシェルを買い→ ヒポポタマスでベーグルを買い→ トミーズを覗き→ puroでパフェを食べ→ アンジョリーノでカマンベールチーズのジェラートを食べ、チーズ持ち帰り→ ほうらくでオムライスを食べ→ 神戸大丸、神戸そごうを見学し→ ケシパールで安納芋のチーズケーキを食べ 帰りにパティスリーショコラトリーオーディネールで終了。 お目当のお店が閉まってたり、早々に完売してたりでまたリベンジに行きます! #セセシオン #ブロードバールセセシオン #マモンエフィーユ #麦麦 #ビアンヴニュ #emil #ヒポポタマス #トミーズ #puro #アンジョリーノ #神戸大丸 #神戸そごう #ほうらく #ケシパール #パティスリーショコラトリーオーディーネール

Satoshi Nakayaさん(@nakau31)がシェアした投稿 –

にしむら珈琲店 洋菓子店セセシオンの焼き菓子

セセシオンの人気の焼き菓子。ドイツのお菓子が多く、お菓子の中にナッツとバターの香ばしさが特徴的。特ににしむら珈琲店ならではの特徴が、「珈琲の味を邪魔しないお菓子」。甘さは甘すぎず、単品として食べてもかなり美味しいのですが、一口食べるとまた食べたくなるクセになるお菓子です。また、食べれば食べるほど珈琲が無性に欲しくなってきます。
そんなセセシオンの焼き菓子を少し紹介します。

にしむら珈琲店 洋菓子店セセシオン しずくクッキー

セセシオンのしずくのクッキー。その形から女性に人気のクッキーとなっています。ほろっとした優しく口どけをするクッキーは、抹茶、プレーン、チョコ、黒糖など6種類の味が用意されています。その1つ1つのクッキーの味はとても甘さが控えられていて食べやすいのが特徴。珈琲付属のお菓子とは思えないほどの一品でとても美味しく、お土産としてもよく贈られる方が多いとか。

#にしむら珈琲店 #セセシオン #クッキー

SweetsVillageさん(@cookie.sweetsvillage)がシェアした投稿 –

にしむら珈琲店 洋菓子店セセシオン ガレット

セセシオンのガレット。ガレットの種類はブルトンヌとショコラの2種類が用意されています。ガレットはクッキーよりもちょっと厚みがあり歯ごたえのあるクッキー。しかし、固すぎず、一口すると絶妙に口の中で広がります。また、これもまた甘さが絶妙でコーヒーにとてもあう。ブルトンヌはかなり美味しい一品で、食べると誰かに勧めたくなる仕上がりになっています。

#にしむら珈琲店 #ガレット #ブルトンヌ

SweetsVillageさん(@cookie.sweetsvillage)がシェアした投稿 –

#ガレット #ショコラ #にしむら珈琲店 #セセシオン

SweetsVillageさん(@cookie.sweetsvillage)がシェアした投稿 –

にしむら珈琲店 洋菓子店セセシオン フィナンシェ

セセシオンのフィナンシェ。フィナンシェは複数種類があり、プレーン、チョコレートなどの種類があります。フィナンシェははちみつとバターの香ばしい香りと甘さがとても美味しい。焦がした表面はカリッとしていて、それでいて甘ったるくなくとても後味が良い一品となっています。

#にしむら珈琲 #セセシオン #フィナンシェ

SweetsVillageさん(@cookie.sweetsvillage)がシェアした投稿 –

#にしむら珈琲 #セセシオン #フィナンシェ

SweetsVillageさん(@cookie.sweetsvillage)がシェアした投稿 –

にしむら珈琲店 洋菓子店セセシオン エリーゼン・レープクーヘン

ドイツ菓子であるエリーゼンを提供しているセセシオン。他のクッキーと異なり、甘いお菓子はドイツの伝統的なお菓子を忠実に作っています。

#セセシオン #にしむら珈琲店 #エリーゼンレープクーヘン

SweetsVillageさん(@cookie.sweetsvillage)がシェアした投稿 –

にしむら珈琲店 洋菓子店セセシオン ケーキ

セセシオンのケーキも特徴的。そのケーキの見た目だけではなく、味もこだわり抜き、まさに珈琲に合うケーキを提供しています。少しセセシオンのケーキを紹介します。

にしむら珈琲店 洋菓子店セセシオン ガトーオリュフイ

上質素材で丁寧に焼き上げた生地。厳選クリームと旬のフルーツを上に乗せた可愛いケーキになっています。

にしむら珈琲店 洋菓子店セセシオン モンブラン

にしむら珈琲店特徴的なモンブラン。とても高く積み上げられたモンブランのマロンクリーム。甘さ控えめのクリームはマロンの香りが口の中で広がっていきます。

にしむら珈琲店 洋菓子店セセシオン デュオ・ショコラ

セセシオンのデュオ・ショコラ。5種のチョコレートをブランドしたクリームをふんだんに使ったショコラ。しっとりとした生地でショコラを重ねたケーキはまさに絶品。

にしむら珈琲店 洋菓子店セセシオン クリスマスケーキ

セセシオンのクリスマスケーキは、いちごと野いちごをふんだんに使ったケーキ。甘さ控えめの生クリームに柔らかいスポンジを一口すると爽やかな酸味が広がっていきます。

にしむら珈琲店 洋菓子店セセシオンの店舗

それぞれのにしむら珈琲店セセシオンの店舗の住所はこちらです。

お店情報
店名:セセシオン

住所:神戸市東灘区御影2-8-7

営業時間: 08:00〜19:00

にしむら珈琲店の店舗

セセシオンのお菓子は一部にしむら珈琲店でも取り扱っています。にしむら珈琲店の店舗の住所はこちらです。

お店情報
店名:中山手本店

住所:神戸市中央区中山手通1丁目26-3

営業時間: 08:30〜11:00

本山智男

29,412 views

株式会社SweetsVillage代表取締役 ”本当に良質なお菓子を通じて世界中の人を幸せにする”を理念に、本当に美味しいお菓子屋をプロモーションしています...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。