巣鴨地蔵通り商店街入口スグ、伊勢屋の「豆塩大福」【巣鴨/塩大福/伊勢屋】

伊勢屋
お菓子屋

みなさんご存知だとは思いますが、巣鴨地蔵通り商店街は塩大福の聖地。そんな数ある塩大福を取り扱うお店の中でも、今回は巣鴨の名店「伊勢屋」の豆塩大福をご紹介させていただきます。場所はとてもわかりやすく、巣鴨駅より巣鴨地蔵通り商店街方面へ向かい、商店街入口手前に伊勢屋はあります。

巣鴨 塩大福 伊勢屋 @cookie.sweetsvillage #巣鴨 #塩大福 #伊勢屋 #photogenic

SweetsVillageさん(@cookie.sweetsvillage)がシェアした投稿 –

 

巣鴨「伊勢屋」の塩大福の特徴とは【巣鴨/塩大福/伊勢屋】

看板に大きく「名物塩大福」と書かれています。反対側には「焼きだんご」と書かれ、巣鴨「伊勢屋」は大福やだんごをメインに扱っている印象を受けますが、じつはそれ以外にも、アンドーナツや太巻きなどのお寿司、お赤飯なども販売されています。また、伊勢屋店内には飲食スペースもあり、そこでは天重やカツ重などの食事もできます。少し話はそれてしまいましたが、巣鴨「伊勢屋」名物の塩大福には、塩大福と豆塩大福の2種類があります。

 

つぶあんの「豆塩大福」と、こしあんの「塩大福」【巣鴨/塩大福/伊勢屋】

つぶあん・こしあんと好みは分かれると思いますが、巣鴨「伊勢屋」の『豆塩大福はつぶあん』、豆なしの『塩大福はこしあん』の組み合わせになります。なお、巣鴨「伊勢屋」では他の組み合わせはありません。この法則は巣鴨にある塩大福を扱う他のお店でも見られ、やはり豆塩大福にはつぶあんが合うのでしょうか。ちなみに、巣鴨「伊勢屋」の豆塩大福は薄っすらとピンクがかったお餅が特徴です。

巣鴨 塩大福 @cookie.sweetsvillage #塩大福 #photogenic

SweetsVillageさん(@cookie.sweetsvillage)がシェアした投稿 –

 

外観は丸く背が高い【巣鴨/塩大福/伊勢屋】

見た目の好みは人それぞれだとは思いますが、筆者の大福のイメージとしては、全体的に丸みがあり、高さのあるフォルムのが好み。伊勢屋の豆塩大福は、まさに丸くて高い、筆者好みのスタイルをしています。

 

中身はお餅が厚め【巣鴨/塩大福/伊勢屋】

伊勢屋の豆塩大福の断面は意外にもお餅の占める割合が多い印象をうけました。昔からのスタイルであろうこの割合が、どういった食感や味覚になるのか、早く食べてみたいところです。

巣鴨 塩大福 伊勢屋 #巣鴨 #塩大福 #伊勢屋 #photogenic

SweetsVillageさん(@cookie.sweetsvillage)がシェアした投稿 –

 

巣鴨「伊勢屋」の『豆塩大福』を実際に食べてみる【巣鴨/塩大福/伊勢屋】

では、実際に巣鴨「伊勢屋」の豆塩大福を食べた感想をお伝えしていきます。

 

印象的なしっかりとした噛みごたえ【巣鴨/塩大福/伊勢屋】

まずは巣鴨「伊勢屋」の豆塩大福を一口、どんな刺激が口の中に飛び込んでくるのか。意外にも香りや味ではなく、厚目のお餅からくる「しっかりとした噛みごたえ」でした。そのあとスグに塩っぱさが来て、さらに甘味が全体を覆う印象。最近のコンビニやスーパーで売られている大福にはない、ある種の「頑固さ」を感じる噛みごたえ。なめらかでとろけるような食感が主流の昨今、この心地よい「噛みごたえ」は、巣鴨界隈の塩大福の中では屈指の噛みごたえだと思われます。

中里咲さん(@saki178.n)がシェアした投稿

 

塩っぱさが際立つ【巣鴨/塩大福/伊勢屋】

そして巣鴨「伊勢屋」の豆塩大福の餡や全体のの感想としてまず感じるのは、思ったよりも「塩っぱい」こと。豆塩大福なので「塩っぱさ」を感じるのは当然だと思うんですが、今流行りの「甘塩っぱい」系のスイーツをさらに塩っぱくした感じです。むしろ「塩っぱ甘い」という表現の方がピンとくるかもしれません。しかし、ここからが巣鴨「伊勢屋」の塩大福のすごいところです。その塩っぱさの後から、すぐにシッカリ目の甘さが全体を覆います。この時間差がとギャップが絶妙で、『あ、塩大福を食べていたんだ』とこの時点で再認識させてくれます。

 

しっかりとした餡も好印象【巣鴨/塩大福/伊勢屋】

伊勢屋の豆塩大福は、餡もお餅に負けず劣らず「しっかり」とした食感です。ここで餡が柔らかいと、口の中で餡はなくなりお餅だけが残るといようなことはありません。このしっかりとした餡も巣鴨「伊勢屋」の豆塩大福の大きな特徴です。

 

さいごに【巣鴨/塩大福/伊勢屋】

巣鴨には他にも「すがも園」「みずの」などの有名店がありますが、昔ながらの塩大福をお好みの場合は、ズバリ巣鴨「伊勢屋」豆塩大福がおすすめです。最近のバランス重視の味覚ではなく、塩は塩、甘さは甘さの分業スタイルで、お餅が暑い分、お腹にもたまるしっかりとした食べ応え。古き良き「塩大福」お探しの場合、巣鴨地蔵通り商店街入口のある巣鴨「伊勢屋」に足を運んでみてください。なお、日持ちは保存環境にもよりますが、当日中に食べてしまう方が良いでしょう。冷蔵・冷凍庫での保存は、お餅が固くなってしまうので、どうしても当日中に食べ切れない場合を除き、できるだけ避けた方が良いでしょう。

 

おまけ【巣鴨/塩大福/伊勢屋】

甘味だけでなく、店内での飲食も巣鴨「伊勢屋」の醍醐味で、昔ながらのお食事も楽しんでみてはいかがでしょうか?

疲れた😣💦⤵ #巣鴨#地蔵通り#浅草#すき焼き

Hiroshi Arakawaさん(@hiroshiarakawa)がシェアした投稿 –

 

お店情報

店名:伊勢屋菓子店

住所:東京都豊島区巣鴨3-21-17

定休日:不定休

営業時間: 9:00~18:00 縁日/6:00~18:00

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。