福岡市博多区千代の隠れた名店:絶品のケーキを探し求めて

ケーキを販売しているお店の紹介をしますので、商品の詳細などが知りたい方は「店舗情報」から公式サイトやSNSなどを確認してみてください。

福岡市博多区と言えば、古くから続く文化や風情が今なお息づく歴史的な地域。その中心に位置する千代は、新旧が混ざり合い、多様な魅力が息づいています。そして、その中でも一際目を引く存在がケーキです。千代エリアは、伝統的な和菓子だけでなく、洋菓子業者の新たな挑戦も始まっているカテゴライズに難しいエリア。まるで美味しいケーキの宝庫のような、その魅力について、一緒に探っていきましょう。

La Fée Bleue (ラ・フェ・ブルー)

こちらのお店では、地元ならではの特別なメニューを多数用意されています。 看板メニューの「千代の華おとこシュー」は、ザラメをちらしたしっかりとした食べ応えのあるシュー皮の中に、 カスタードと生クリームにバニラの効いたクリームがたっぷりと詰まっていて、とろ〜りとしたコクのあるクリームがたまらない美味しさとなっています。 また、北海道地域限定生クリームを使用した「スペシャルショート」もおすすめで、贅沢な味わいを楽しむことができます。 季節限定のケーキには、宮崎産の柑橘ブランド「日向夏」や熊本産の「利平栗」など、旬のみずみずしい果物を使用した美味しいケーキもありますので、ぜひ見逃さずに試してみてください。

La Fée Bleue (ラ・フェ・ブルー)

店舗情報
店名:La Fée Bleue (ラ・フェ・ブルー)
住所:福岡県福岡市博多区千代3丁目6−3
営業時間:月曜日: 10時00分~19時00分
火曜日: 定休日
水曜日: 10時00分~19時00分
木曜日: 10時00分~19時00分
金曜日: 10時00分~19時00分
土曜日: 10時00分~19時00分
日曜日: 10時00分~19時00分

店舗情報

しまうまcafe Fika

こちらのお店は、明るく広々とした店内です。可愛らしいサバンナの生物たちに囲まれながら、美味しいランチやスイーツを楽しめるしまうまcafe Fika。特におすすめの商品は、”シマウマドーナッツ”です。このドーナッツは小麦粉、卵、乳製品を使用せずに作られていて、かぼちゃ、ココア、八女茶、紫芋の4つのフレーバーがあります。ぜひリラックスできるカフェで贅沢な時間を過ごしてみてください。

しまうまcafe Fika

店舗情報
店名:しまうまcafe Fika
住所:福岡県福岡市博多区千代4丁目29−30
営業時間:月曜日: 9時00分~18時00分
火曜日: 9時00分~18時00分
水曜日: 9時00分~23時00分
木曜日: 9時00分~23時00分
金曜日: 9時00分~23時00分
土曜日: 定休日
日曜日: 定休日

店舗情報

シャトレーゼ ブランチ博多店

こちらのお店では、健康と幸福を最優先に考え、自然な素材を積極的に使用しています。お菓子を提供する上で、他のどのお店よりもお値打ちな価格を実現するため、農家との素材共同開発や生産農家との連携に力を入れています。こうした取り組みにより、シャトレーゼのお菓子はおいしさとお値打ち価格、さらに安全性と安心感が融合したものとなっています。ぜひ足を運んでみてください。

店舗情報
店名:シャトレーゼ ブランチ博多店
住所:福岡県福岡市博多区千代1丁目2−1
営業時間:月曜日: 10時00分~21時00分
火曜日: 10時00分~21時00分
水曜日: 10時00分~21時00分
木曜日: 10時00分~21時00分
金曜日: 10時00分~21時00分
土曜日: 10時00分~21時00分
日曜日: 10時00分~21時00分

店舗情報

まとめ

福岡市博多区千代のケーキは、伝統と革新が交じり合う地元の素材を活かした逸品が数多く存在します。多様な魅力が詰まった千代で、新たなカルチャーや歴史への敬意を感じながら、一つ一つ手作りで愛情を込めて創り上げられた極上のケーキを味わうことは、訪れた者にとって最高の特別な体験となることでしょう。千代エリアのケーキを楽しみ、その魅力を満喫しませんか。

男勝りの2児の母 ジンジャーブレッドちゃんのジンちゃん 町のお菓子屋さんのお菓子を通じてお菓子の文化を広めるために活動しています 美味しいお菓子でほっとする時間を届けます おすすめのお菓子屋さんとコラボしたキャンペーンを随時開催プレゼント 自称ハーゲンダッツ アンバサダーとして勝手に活躍中!