こだわりのコーヒーゼリー特集|大切な人には特別なゼリーを

コーヒーゼリーコーヒーゼリー
ゼリー

日本では1963年、ミカドコーヒーで「食べるコーヒー」として考案された”コーヒーゼリー”。子供の頃からよく食べるコーヒーゼリーも最初は人気のないデザートでした。そんなコーヒーゼリーも技術があがり子供から大人まで広く食べられるようになりましたね。今回はそんなコーヒーゼリーの中でもギフトにぴったりの格別なコーヒーゼリーを特集します。

コーヒーゼリーの作り方

コーヒーゼリーは、多くのコーヒー専門店でも提供されるほど普及しています。作り方もそれほど難しくはありません。作り方を確認してみましょう。

オススメのお菓子屋さん

コーヒーゼリーはシンプルであることから、コーヒー豆などの素材が美味しさに影響します。美味しいコーヒーゼリーは本当に良い素材を使われていることが多いです。

人気のコーヒーゼリー

では、人気のコーヒーゼリーを確認してみましょう。

Cafepresso Jerryのギフト用のコーヒーゼリー

「食べるスペシャルティコーヒー」をコンセプトにしたCafepresso Jerryのコーヒーゼリー。コーヒーゼリーには、スペシャルティコーヒーと寒天だけ。無添加・無着色で一つ一つ丁寧に手作り。ゼリーにかけるミルクも全て手作りとなっています。そんなCafepresso Jerryのギフト用のコーヒーゼリーはこちら

 

出典[Cafepresso Jerry:http://www.thecoffeeshop.jp/fs/thecoffeeshop/00035]

三喜屋珈琲のギフト用のコーヒーゼリー

伝統の街・京都で生まれ、喜びを豆から育てている三喜屋珈琲。戦後間もなく、当時珍しかった自家焙煎コーヒーショップを開いた三喜屋珈琲。豆を作る人と味わう人の間にたち、全ての人に喜んでいただくことが重要。そう想い美味しいコーヒーを提供しています。そんな三喜屋珈琲のギフト用のコーヒーゼリーはこちら

オススメのお菓子屋さん

 


出典(三喜屋珈琲:http://mikiya-coffee.com/products/list44.html)

金澤珈琲のギフト用のコーヒーゼリー

金沢の四季の彩りを感じながら過ごせるコーヒー専門店。金沢では、古来より人々が茶の湯をたしなみ、和菓子とともにお客様をもてなす「一期一会」の心を大切にしています。金澤珈琲店は、その精神を現代の珈琲店に生かした新しいスタイル「金澤珈琲」を提唱しています。そんな金澤珈琲のギフト用のコーヒーゼリーはこちら

 

 

出典[金澤珈琲:http://www.krf.co.jp/kanazawa/about/index.html]

丸福珈琲店のギフト用のコーヒーゼリー

「豆に学び、豆と奏でる。」まだまだ、珈琲が貴重でハイカラな飲み物だった昭和初期から現在まで変わらぬ味と香りにこだわり続けている丸福珈琲店。創業以来、80年守り続けた技法は、豆の声を聞きながら、豆を生かす、を信条に受け継がれています。そんな丸福珈琲店のギフト用のコーヒーゼリーはこちら

 


出典[丸福珈琲店:http://marufukucoffeeten.com/store/index.php]

ミカド珈琲のギフト用のコーヒーゼリー

「世界に通用する味をつくる」という志の由来を持つ「ミカド」。ミカド珈琲ではコーヒー豆の持つ「苦味」「渋味」「甘み」など、いろいろな味覚のバランスが重要だと考えコーヒーを提供しています。そんなミカド珈琲のギフト用のコーヒーゼリーはこちら

 

出典[ミカド珈琲:http://mikado-coffee.com/]

まとめ

コーヒーゼリーは見た目ではなかなか美味しいものを見つけるのは難しいです。ぜひ、いろいろ食べて美味しいコーヒーゼリーをギフトとしてプレゼントしましょう。

本山智男

29,615 views

株式会社SweetsVillage代表取締役 ”本当に良質なお菓子を通じて世界中の人を幸せにする”を理念に、本当に美味しいお菓子屋をプロモーションしています...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。