確かな歴史が紡ぐ”美味しさ” 秋田名物「生もろこし」

photo by あきたファンドッとコムhttps://www.akitafan.com/
和菓子

秋田の名物菓子、生もろこし。生もろこしは秋田で長く親しまれ続けてきた秋田銘菓です。

口にふくむと、ほろほろと柔らかくくずれる食感と、優しい甘みが魅力の生もろこしについて、今回はご紹介させて頂きます。

秋田に訪れた際のお土産としても生もろこしはおすすめです。

生もろこしを生んだ老舗和菓子店「唐土庵」

秋田には、長く親しまれ、大切に育ってきたお菓子たちが、たくさんあります。その中のひとつである生もろこしも、長く愛されてきたお菓子のひとつです。

生もろこしとは、300年以上もの歴史がある、秋田の老舗和菓子店「唐土庵」から誕生しました。

硬い食感が特徴である秋田名物の「もろこし」。そのもろこしを、食べやすいよう、柔らかく作られたものが、生もろこしです。

作り方は、主原料の、砂糖、国産あずき粉、もち粉、水などを型にはめ、固めて作ります。この際、乾燥させることなく作り上げることにより、しっとりとした食感を楽しめるのだそうです。

ほろっとした柔らかな食感が食べやすく、老若男女問わず、幅広い年代に親しまれています。

手土産におすすめ、「生もろこし 詰め合わせ」

生もろこしの味の種類は、プレーン、あずき、抹茶の3種類。

プレーンには、国産のあずき粉が仕様されていることから、素朴な味わいの中に、しっかりとあずきの旨味を感じられます。

そのプレーンよりも、よりあずきを感じられるのが、あずき味。

そして、甘さとほろ苦さの出会いを楽しめる、抹茶味。

これら3種類を楽しめる「生もろこし 詰め合わせ」は、手土産としてもおすすめです。

お値段は、各味4包入り1,080円(税込)。
賞味期限は、常温で約30日。冷凍保存で約60日です。

一口サイズの「生あんもろこし」

みちのく小京都角館に店舗を構える菓子店「くら吉」。伝統の味はそのまま、”旬の旨味”を楽しむことのできるお菓子が揃っています。

また、古き良きを大切にしながらも、新しい菓子への挑戦を続けているお店でもあります。その姿勢は、秋田で流れるcmからも感じ取れます。

美しい菓子が映し出され、くら吉が掲げるお菓子作りに対するメッセージが伝わってきます。

こちらのお店には、生もろこしのちょっと新しいカタチを楽しめる「生もろこしあん」があります。

生もろこしあんとは、秋田の伝統菓子「生もろこし」に、くら吉オリジナルの工夫をこらし、口どけの良い一口サイズとして誕生した生菓子です。

生もろこしとの大きな違いは、定番の生もろこしあんの他、詩季織々の情緒をお菓子を通じ楽しめる「四季の生あんもろこし」です。

春は、国産の大島桜の花びらをすりつぶし、餡に仕上げられています。春の季節を楽しめる、桜の風味を味わえます。

夏は、抹茶を使用し、さっぱりと仕上げられています。すっきりとしたものを好むこの時期ならではの心配りが、お菓子に込められています。

秋は、季節の食材、栗を仕様し、こっくりと優しい味わいが楽しめます。

そして冬。真っ白な見た目は、なんとホワイトチョコ。和と洋の出会いを楽しめる一品です。

お値段は、各種4個入り540円(税込)
それぞれ季節限定発売になります。賞味期限は、常温で約14日と生もろこしよりも短めです。

唐土庵の店舗詳細

お店情報
店名:唐土庵 工場店

住所:秋田県仙北市角館町小勝田下村21

定休日:水・日曜日

営業時間: 8:30~17:30

お店情報
店名:唐土庵 角館駅前店

住所:秋田県仙北市角館町上菅沢402-3

営業時間: 夏期/8:30~18:30  冬期/9:00~18:00

お店情報
店名:唐土庵 角館さくら並木店

住所:秋田県仙北市角館町北野124-2

定休日: 水曜日

営業時間: 夏期/8:30~17:30  冬期/9:00~16:30

お店情報
店名:唐土庵 武家屋敷店

住所:秋田県仙北市角館町表町下丁17

定休日: 水曜日

営業時間: 夏期/8:30~17:30  冬期/9:00~16:30

お店情報
店名:くら吉 本店

住所:秋田県仙北市角館町小人町38-25

定休日: 不定休

営業時間: 8:30 – 17:00

お店情報
店名:くら吉 秋田ステーションビル トピコ店

住所:秋田県秋田市中通7-1-2

定休日: 年中無休

営業時間: 8:00 – 20:00

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。