恵那山の麓にある「恵那 銀の森」でランチやスイーツ、森の散策を満喫!

photo by  恵那 銀の森https://ginnomori.jp/

岐阜県恵那市の森の中にある「恵那 銀の森」は、カフェやレストラン、マルシェなどが集まった、食がコンセプトのテーマパークです。恵那インターから近いので、恵那や中津川を訪れたらぜひ寄りたいスポットです。今回は8つの店舗が集まったグルメタウン「恵那 銀の森」の中から、お土産にもおすすめの人気のお菓子をご紹介します。

恵那 銀の森はどんなお店?

「恵那 銀の森」は、岐阜県恵那市に2011年にオープンした公園型施設です。雄大な恵那山の麓にある「恵那 銀の森」は、約6,600㎡という広大な敷地を誇ります。「食と自然」がテーマのこの施設内には、和洋菓子店、レストランなど8つの店舗があり、緑に囲まれながら、ペットも一緒に自然の中でゆったりと過ごすことができます。恵那峡観光の際にぜひ立ち寄りたい癒しスポットです。

「恵那 銀の森」を運営する「銀の森コーポレーション」は、豆腐店から始まったそうです。その後「銀しゃり本舗」という名称で冷凍おせちなどの製造販売を行ってきました。そして、銀の森をオープンした2011年に、「銀の森コーポレーション」と社名を変えたそうです。

「恵那 銀の森」には8つの店舗がありますが、スイーツでは、木の実や果物を使用した焼き菓子の「PATISSERIE GIN NO MORI」、栗の和菓子が評判の「美栗舎(みくりや)」などが人気のショップです。特に2018年7月にオープンしたGIN NO MORIは、深い森に迷いこんだかのような幻想的なブルーの世界が広がり、思わず写真を撮りたくなるような素敵なショップです。

また、「銀の森ショップ」は、「恵那 銀の森」の多彩なお土産を販売している総合ショップですので、各店舗の商品の一部はここでも購入できます。

恵那では栗、トマト、茄子、大豆などの農産物を作っていますが、「恵那 銀の森」ではそれらの地元の新鮮な農産物を取り入れて、地産地消に積極的に取り組んでいます。

小川のせせらぎに包まれた「恵那 銀の森」で、清々しい空気の中、美味しいスイーツやランチを食べたり、散策したりして、リフレッシュしてみませんか。

恵那 銀の森の人気商品は?

「恵那 銀の森」ではお土産におすすめのお菓子がたくさんありますが、ここでは特に人気の商品を5つご紹介します。

プティボワ

木の実や果物をふんだんに使用した焼き菓子のお店PATISSERIE GIN NO MORIで特におすすめの商品がプティボワです。プティボワは「小さな森」という意味のフランス語ですが、その名前のとおり、森の恵みが詰まっているクッキーボックスで、贈答用のお菓子として大人気です。

プティボワはパティシエが知恵を絞りどんぐり粉を使って仕上げたクッキーですので、どんぐり粉特有の苦みとホロホロとした食感を楽しめます。どんぐりの他にも、木の実、ドライフルーツ、山椒などを使ったクッキーもあります。見た目にも華やかで宝石箱のようなクッキー缶はギフトにおすすめです。

値段  150缶サイズ 3,240円(税込) 180缶サイズ 5,940円(税込)

栗きんどら焼き

恵那は「栗のまち」として全国的にも知られています。そんな恵那の栗を使ったお菓子を販売しているのが「美栗舎」です。恵那 銀の森で和菓子をお土産に購入するのなら、「美栗舎」の栗菓子がおすすめです。どら焼きや栗きんとん、羊羹など、栗の風味が味わえる和菓子はだれにも喜ばれるでしょう。

栗きんどら焼きは、ふわふわな生地の中に熊本県産の和栗を使った栗あんが入っています。生地との相性を考えて作られた特製の栗あんは、一番おいしく感じられる量を載せているそうです。どら焼きの焼き色やふわふわな食感も全て職人が目で確認し、焼き上げて仕上げた職人の技術によるものです。

食べやすいサイズのどら焼きなので、お子様からご高齢の方まで幅広い年代の方におすすめです。

値段 10個入 2,160円(税込)

栗きんとんモンブラン

栗を使ったスイーツといえば、モンブランが好きという方も多いのではないでしょうか。
恵那 銀の森では秋になると栗きんとんが販売されます。栗きんとんは恵那の銘菓として親しまれている和菓子ですが、通販で販売している栗きんとんモンブランも大変好評です。

栗きんとんモンブランのクリームは、栗きんとんを手間ひまかけて裏ごしして、牛乳と混ぜ合わせ滑らかに仕上げました。栗きんとんが原料だからこそ、栗を食べているかのような栗本来の贅沢な味を楽しめます。モンブランクリームの下には甘さ控えめのカスタードと生クリームを合わせ、上品な甘みのケーキに仕上がっています。

こだわって作り上げたモンブランをできるだけ多くの人に食べて頂きたいという思いから、 こちらの商品は冷凍してオンラインショップで販売しています。婦人画報のお取り寄せでも紹介された人気商品ですので、「恵那 銀の森」の通販でもすぐに在庫がなくなるため、お早目の購入がおすすめです。

値段 1個 486円(税込) 6個入り 2,916円(税込)

真っ赤な果実のアップルパイ

パイ生地の上にアーモンドクリームをたっぷりと敷き詰め、トップに大きくカットした1.5個分のりんごをのせて焼き上げました。みずみずしい食感を残したりんごとアーモンドクリームとの相性が抜群のアップルパイです。

りんごのフレッシュなおいしさが詰まったアップルパイは、りんごの処理にこだわりがあります。使用するりんごは、甘味があり果汁の多い長野県産の「ふじ」です。旬の時期の「ふじ」を手作業で皮を剥き、ひとつひとつ丁寧に処理し、少しだけ砂糖を混ぜたりんごを袋に入れて真空にし、冷凍保管しています。このりんごをフレッシュなまま保管する技術がりんごの美味しさを味わえるコツであり、こうした処理を旬の時期に一気に行うことで、りんご本来の美味しさをりんごの中に閉じ込められるそうです。パティシエがりんごの処理からこだわり抜いたアップルパイをぜひ味わってみてください。

※アップルパイは洋菓子のカリテレモンで販売していましたが、カリテレモンは2018年5月に閉店しました。現在は恵那 銀の森内の銀の森ショップ(期間限定)とオンラインショップで販売しています。

値段 2,160円(税込)

ガトーフロマージュ

ガトーフロマージュは、濃厚でありながら、レモンの酸味がさわやかな後味のチーズケーキです。シンプルなチーズケーキのポイントは絶妙な焼き加減ですが、銀の森のパティシエは焼き具合をつきっきりで見ながら、ちょうど良い頃合いの焼き上がりのタイミングで窯出ししています。使われているチーズは、恵那 銀の森の会長自らオーストラリアまで行き吟味して選んだまろやかなオーストラリア産チーズです。恵那 銀の森の売れ筋ベスト3の一つ、ガトーフロマージュをぜひお取り寄せしてみてください。

※ガトーフロマージュもアップルパイと同じく、銀の森ショップ(期間限定)とオンラインショップで販売しています。

値段 1,458円(税込)

恵那 銀の森のスイーツは通販で買える?

恵那 銀の森オンラインショップで、恵那 銀の森の各店舗で販売している商品を購入できます。洋菓子、和菓子をはじめ、手作りジャム、お惣菜、銀の森ピザなど、恵那の農産物を使ったさまざまなお菓子や食品をご自宅でも楽しめます。
「銀の森まるごとセット」は、お菓子やお惣菜、ドレッシングなど恵那の人気商品をいろいろ詰め合わせてあるので、ギフトで贈ると喜ばれるでしょう。

値段 銀の森まるごとセットA  3,672円(税込)

恵那 銀の森の口コミ情報

・プティボワは、友だちから手土産にいただき初めて知りましたが、バターの香りが豊かな美味しいクッキーで、かなりインパクトがありました。

・わんこを連れて、遊歩道を散策しながら、のんびりと過ごせました。栗ケーキ、栗羊羮など、お土産をたくさん買ってきました。

・「恵那 銀の森」の自家菜園で育てたフルーツを使った焼き菓子など手掛けているPATISERIE GIN NO MORIは、銀の森のコンセプトを見事に表していると思います。

・お土産店の銀の森ショップは試食コーナーが多いので、味を見て納得して買えます。「恵那 銀の森」の商品のほかに、岐阜県の物産品なども置かれていました。

恵那 銀の森の店舗情報

恵那 銀の森は名古屋・岐阜市内から車で1時間程、中央道・恵那インターから車で5分程とアクセスの良い立地にあります。電車利用の場合も名古屋から恵那までJR快速に乗ると1時間程で着きます。恵那駅からは車で約5分です。

車でも電車でもアクセスの良い立地にあるので、恵那峡観光の際などにぜひ立ち寄りたいスポットです。恵那山の麓にある、自然に囲まれた複合施設「恵那 銀の森」へぜひお出かけください。

店舗情報
店名:恵那 銀の森
住所:岐阜県恵那市大井町 2711-2 
営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜定休(祝日は営業)

※営業時間等が変更になっている場合があるので、公式HP等をご確認ください。