新潟県越後の恵みをお菓子に ”童心菓匠・丸屋本店”

photo by 丸屋本店https://maruyahonten.shop/

新潟県で創業142年の老舗菓子店”丸屋本店”
創業当時から「丸屋さん」と呼ばれ新潟県で長く親しまれ、数多くの名菓を作り続けてきたお店です。
丸屋本店が大切にしているのが「新潟の素材を使ったお菓子作り」。
今回は、そんな丸屋本店の魅力とこだわりのお菓子を詳しく紹介していきます。

丸屋本店ってどんなお菓子屋?

丸屋本店は、明治11年に新潟県で創業したお菓子屋です。
当時湊町として栄えていた新潟県の中心部にお店があり、「丸屋さん」の名で親しまれてきました。
先代から続く変わらない味を大切にしながら、時代にあった新しいお菓子を創り続けています。
丸屋本店のお菓子は、できるだけ添加物を使わず身体に優しく、季節を感じられる旬を大切に作られ、和菓子・洋菓子共に多くの種類があります。

「ファーマーズスイーツ」という新潟の素材を使用したお菓子作りに積極的に取り組まれており、はじまりは30年以上も前のこと。
「地産地消」や「フードロス」という言葉もなかった頃、新潟県で作られていた西洋梨「ル・レクチェ」を作る生産農家と出会ったそう。
この出会いをきっかけに「生産農家と協力し合うことで新潟の素材のすばらしさを菓子職人の手仕事によって表現したい」という想いが生まれ、ファーマーズスイーツが誕生しました。
店主自ら生産農家へ出向き、どこでどのように栽培されているかしっかりと分かる素材だけを仕入れお菓子に使用。
素材からお菓子作りまで全てにこだわって丸屋本店のお菓子は作られています。

丸屋本店は、新潟県内と東京に複数店舗があるので、関東にお住まいの方はご存知の方も多いのではないでしょうか。
また、フランス・パリ、台湾・台北市、アメリカ・ロサンゼルス、シンガポールなど海外でも丸屋本店のお菓子が販売されているそうで、驚きです!

店舗販売とは別に、新潟市内限定ですが、工場直送便という丸屋本店の全商品を出来たてで届けてくれるというとても魅力的なサービスもあります。
自宅でもオフィスでも1,500円以上の購入で配送料は無料。
生菓子から箱詰めのお菓子、バースデーケーキまで自宅にいながら出来たての商品を届けてもらえるなんて、嬉しい限りですね。
新潟市内の方は、チェックしてみる価値ありです!
詳細は丸屋本店の公式HP「工場直送便」のページをチェックしてみて下さいね。

丸屋本店 工場直送便

工場直送便

丸屋本店で人気のお菓子は?

丸屋本店の種類豊富なお菓子の中から、新潟名菓とファーマーズスイーツで人気のある物を紹介していきます。
お茶請けとしてだけでなく、手土産や贈り物、お祝いの席でのお菓子としてどんなシーンにもオススメです。

●新潟名菓

黒糖饅頭

沖縄・波照間島産の黒糖を使用した風味豊かな饅頭生地で、なめらかなこしあんを包み蒸し上げられた、創業当時から続く丸屋本店の名物です。
丸屋本店独自の製法で作られるモチモチ感のある生地が黒糖饅頭の特徴。
どこか懐かしさを感じる優しい味わいの黒糖饅頭は、地元だけでなく多くの方から人気を集めています。

黒糖饅頭1個 108円
黒糖饅頭10個入り 1,080円
(30・50個入もあります)

みなと浪漫

港で栄えていた新潟の街をイメージし、新潟県の発展を願って作られたお菓子です。
伝統的なフランス菓子をベースに、丸屋本店のオリジナリティを混ぜ込んだ創作菓子。
アーモンドのサクサク生地の食感がクセになる新しい名菓です。

みなと浪漫1個 238円
みなと浪漫5個入り 1,372円
(8・12・18個入もあります)

バウムクーヘン

バウムクーヘンを作り続けて50年以上という丸屋本店自慢の名菓。
地元で採れた生みたて卵によつ葉バター、生クリームを加えて作られる生地を、丸屋本店の職人が手作業で一層一層丁寧に焼成機で焼き上げます。
年輪に見立てたバウムクーヘンは、おめでたい席のお菓子としてとても人気です。
カットされた個包装タイプのものと、丸のままカットされたホールタイプの2種類があります。
カットタイプは、箱入りで手土産や贈り物として利用しやすくオススメです。
ホールタイプは、外側がチョコレートでコーティングされた少しリッチな仕上がりとなっていて、お祝いの席のもぴったりです。

バウムクーヘンカット1個 216円
バウムクーヘンカット5個入り 1,210円
バウムクーヘンホール直径13cm 1,080円〜

●ファーマーズスイーツ

越後のえだまめ餅

全国一の美味しさと言われる、新潟県の夏の名産「えだまめ」を使用されています。
すり鉢で丁寧につぶしたえだまめを、新潟産こがね餅でくるんだ大福のような見た目。
えだまめの美味しさ、風味をダイレクトに味わえる上品で斬新なお菓子です。
丸屋本店には、えだまめ餅の他にもえだまめを使用した「枝豆羊羹」があり、えだまめとお菓子のコラボはどんな味に仕上がっているのかとても気になるところですね。

越後のえだまめ餅3個入り 529円
越後のえだまめ餅5個入り 918円
(8・10・15個入もあります)

新潟果樹園

全国菓子大博覧会で、全菓博栄誉大賞を受賞している新潟県産の野菜・果物を使用したジュレ。
種類は「にいがたトマト」「白根の白桃」「ル・レクチェ」「にいがた巨峰」の4種で、全て新潟県の農家で作られたこだわりの果実たちです。
果汁を使用したクリアなジュレの中に、ごろっと果実が閉じ込められた贅沢な逸品です。
大人から子供までどの世代にも人気のジュレは、贈り物にもオススメです。

新潟果樹園1個 346円
新潟果樹園3個入り 1,166円
(6・8・10・12・15・20入りもあります)

丸屋本店のお菓子はお取り寄せできる?

丸屋本店のお菓子は、公式オンラインショップよりお取り寄せが可能です。
新潟名菓やファーマーズスイーツをはじめ、詰合せや結婚式のギフトとして使えるお菓子ままで種類豊富に揃っています。
季節限定の商品もあり、季節の和菓子や節分、バレンタインのお菓子などもお取り寄せできます。
新潟の恵みを味わえる丸屋本店のお菓子、是非チェックしてみて下さいね。
丸屋本店 公式オンラインショップ
maruyahonten.shop/

丸屋本店へのアクセス方法

丸屋本店へのアクセスは、電車またはバスです。
電車の場合は、JR越後線「白山駅」から徒歩25分または、JR信越本線「新潟駅」より徒歩26分です。
電車の場合は少し駅から遠く、歩いて向かうには時間がかかります。
バスの場合は、新潟交通「新潟駅前」から「古町」下車徒歩1分なので、電車で行くよりもバスで向かう方がオススメです。
丸屋本店(白山本店)には、専用駐車場はありません。
近くのコインパーキングを利用すると、サービス券を発行してもらえるそうなので、車で向かう方は、お店に確認してみて下さいね。

いかがでしたか?
地産地消に力を入れる丸屋本店。
地域の食材を活かしたお菓子で、良さを伝えるとても魅力的な取り組みですよね。
新潟県の素材を使用した丸屋本店自慢のお菓子を、一度味わってみてはいかがでしょうか。

店舗情報
店名:童心菓匠 丸屋本店
住所:新潟県新潟市中央区東堀通6番町1038
営業時間:9:30〜20:00
定休日:不定休