• HOME
  • コラム
  • お取り寄せ
  • 「源 吉兆庵」で四季を楽しむ! おいしく美しい創作和菓子【ゼリーやシャーベットもおいしい】

「源 吉兆庵」で四季を楽しむ! おいしく美しい創作和菓子【ゼリーやシャーベットもおいしい】

photo by 源 吉兆庵https://www.kitchoan.co.jp/

手土産や贈り物の定番、「源 吉兆庵」。旬の果物を使い、季節を感じさせてくれる創作和菓子のお店です。ここでは、「源 吉兆庵」で人気のメニューをご紹介していきます。季節ごとの美しいお菓子や包みが並ぶ店内で、お菓子を選ぶ時間を楽しんでくださいね。

源 吉兆庵はどんなお店?

美しい季節の和菓子が皆に親しまれている、宗家 源 吉兆庵は岡山県岡山市に本社を置く高級和菓子のお店です。
株式会社源吉兆庵ホールディングスという会社の一部で、同じグループには西洋菓子の鹿鳴館などもあります。

本店と名の付く店舗が、岡山本店、銀座本店、鎌倉本店、広島本店と4店舗存在していますが、それぞれが源 吉兆庵の拠点となっているという形態のようです。このほかにも全国に主要直営店が置かれています。

1946年に個人店として創業した源 吉兆庵は、元々は旅館などで旅行客のお土産を製造販売している会社でした。
その後、百貨店進出をする事をターニングポイントとし、現在の高級路線に大きく舵を切り、1977年に屋号を現在の源 吉兆庵に変更しました。

現在は、季節ごとに旬の果物をふんだんに使った和菓子が大変人気です。源 吉兆庵の店頭には、季節ごとにその季節を表現している美しい和菓子が並びます。源 吉兆庵の店内を眺めると、季節の移ろいを感じられ、風流な気持ちにさせられますよ。

2021年10月には源吉兆庵の新ブランド「琥珀糖Okada」が阪急うめだ本店にオープンしました。まるでジュエリーのように美しい琥珀糖は自分へのご褒美やギフトにぴったりですよ。こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

源 吉兆庵でのおすすめをご紹介

先ほどご紹介したように、源 吉兆庵の和菓子には、美味しいだけでなく季節を感じられるという魅力があります。
たくさんの和菓子の中から特に人気の商品をご紹介しましょう。

果実菓子自然シリーズ春夏

源 吉兆庵の看板商品といえば、旬の果物を使った美しい季節の創作和菓子です。昔、「菓子」は「果子」と伝えられており、加工したものではなく果実や木の実そのものを指していたと言われています。

そのことから、源 吉兆庵では「菓子」づくりの原点に戻り、果実をそのまままるごとひとつ使い、その季節ならではの果物の美味しさを存分に活かしたシリーズを作っているのだそうですよ。

■花桜桃

果実菓子自然シリーズの 春夏の和菓子です。透明なゼリーにさくらんぼが入った、キュートで涼やかな見た目のお菓子です。

■紫珠の香

ブルーベリーの果実がごろごろと入った、すっきりとした甘さのゼリー。ブルーベリーの深く美しい色味も楽しんでください。

母の日にあげたお菓子

宗家 源 吉兆庵のブルーベリーがゴロゴロ入ったジューシーなゼリーだよ✨
スッキリした優しい甘さ
お母さんからおすそ分けもらったぁlucky♪
お母さんが大切にしてる人間国宝のお皿でこっそり頂きま〜す

(´〜`)モグモグ…マイゥ~(笑) pic.twitter.com/Y0CdWEtHQt

— みゅー@おやつ音楽ポケ垢 (@1caFv_miyu) May 14, 2019

■桜のお菓子

源 吉兆庵では、春になると桜を使ったかわいいピンクの和菓子たちが登場します。口にいれるとほどける前に桜の香りが拡がる、春を感じる和菓子です。桜のお菓子には、桜花しぐれ、桜ぜりぃ、桜衣、桜ヴァッフェルなどがあります。

■清水白桃ぜりぃ

源 吉兆庵の初夏の人気商品、桃がまるごと入った、ジューシー過ぎるゼリー。果物の桃を独り占めして食べたような充実感と余韻に浸れます。

■陸乃宝珠

こちらも午後には売り切れてしまうことが多い、源 吉兆庵の夏の大人気商品です。果実の女王とも称されるマスカット オブ アレキサンドリアを求肥で包み砂糖をまぶしたもの。少しかじると、中から涼し気なグリーンの美しい果実が出てきます。こちらは9月下旬くらいまでの販売期間になっています。

■陸乃宝珠オーロラブラック

もうひとつ、同じように葡萄を求肥で包んだ和菓子がこちらの陸乃宝珠オーロラブラック。8月末~9月下旬の期間に販売するこちらは、豊かな香りと甘みが特徴の大粒黒ぶどうを使ったもの。

果実菓子自然シリーズ 秋冬

■御前栗

丁寧に甘く炊いた栗が一粒そのまま栗餡と求肥に包まれた源 吉兆庵の秋の和菓子。
求肥の周りにも栗で作ったそぼろをまとっているので、初めの一口から食べ終わるまで栗に包まれるような美味しさです。

■粋甘粛

9月中旬頃より発売開始の粋甘粛は、長野県産の干し柿を甘さを抑え、くちどけにこだわり抜いた白餡と合わせた和菓子。甘さのバランスが最高の一品。値段 1個 584円(税込)

■宝玉りんご

国産の紅玉をまるごとひとつ使い、源 吉兆庵では一番ボリュームのある大きさのお菓子。りんごのコンポートの周りは、すりおろしたりんごの果肉と果汁、そして柚子を合わせたゼリーをまとっており、しゃりっとしたりんごと、つるんとしたゼリーの食感の違いも魅力のです。

源 吉兆庵のその他の季節菓子

その他にも思わず写真におさめて、人に教えたくなってしまう和菓子がたくさんあるのでご紹介していきます!

■金魚

SNSでかなり出現度の高い和菓子からご紹介。マスカット味の美味しいゼリーに、金魚がゆらゆらと涼し気に泳いでいるようなこの和菓子は、きれいなガラスの小鉢に入れて眺めてから食べたくなる、源 吉兆庵の金魚のゼリー。

ゼリーの入れ物になっている金魚鉢も、夏らしさを感じます。5月から8月中旬ごろまで購入可能。夏の贈りものや手土産にぴったりです。

■涼観水

もうひとつの涼し気な和菓子がこちらの源 吉兆庵の涼観水。名前だけでもう既に涼しさを感じさせてくれます。
見た目は和菓子というより、まるで絵画のような芸術作品といえるようなもので、お庭にある小さな池に、木からはらはらと落ちた葉と一緒に気持ちよく鯉が泳いでいる・・そんな情景が浮かぶような、なんとも風情のある和菓子。
こちらもお相手を選ばすに、夏の贈り物として喜ばれる逸品です。

■舟月夜・うさぎさん

源 吉兆庵ではお月見の時期に、うさぎをモチーフにした和菓子が登場。うさぎの形をして中には柚子餡の入ったかわいいお饅頭、その名も「うさぎさん」。

合わせて発売されるのが、舌触りのなめらかにこだわって仕上げた練り羊羹。こちらには満月と共に白うさぎを模しており、どちらも月を眺めながらいただきたい中秋の和菓子となっています。

■福渡せんべい

福渡せんべいは、源 吉兆庵の中では賞味期限40日と日持ちも良く美味しさが続くので、贈り物にもおすすめ。季節ごとに違ったフレーバーが登場します。2021年11月上旬~1月中旬に販売されるのが苺。甘酸っぱい風味と苺の香りが口の中に広がります。価格は1枚162円〜です。

■太陽の実

5月中旬から8月下旬まで販売されている商品です。マンゴーをたっぷり使ったゼリーで、濃厚なマンゴーの甘みを堪能できます。こちらは3個入り1,728円(税込)です。

■マスカットしゃーべっと詰め合わせ

マスカットの美味しさをぎゅっと詰め込んだシャーベットのほか、白桃シャーベット、マンゴーシャーベット、ブラッドオレンジシャーベットの4種類を詰め合わせています。こちらは6月上旬から8月上旬までの期間販売されています。こちらは8個入り2,160円(税込)です。

■津弥栗

なめらかな栗きんとんで、蜜につけた渋皮栗を包んだメニューです。栗好きにはたまりませんね。販売期間は8月下旬~1月下旬です。価格は1個281円〜となっています。

宗家 源吉兆庵 と坂本紫穗のコラボレーションメニュー

源吉兆庵では、和菓子作家の坂本紫穗さんとのコラボレーション作品を販売しています。2021年12月のメニューは「雪便り」。白餡の入ったクレームダンジュをやわらかなお餅で包み、いちごのソースがアクセントとして中に入っています。

源 吉兆庵のカフェレストラン

源 吉兆庵の銀座本店には店舗移転と共にビルの2階から5階までをカフェレストランとして開業しました。目にも美味しい色とりどりのフルーツを使ったメニューがたくさん揃っています。メニューや、レストランの最新情報などは下記の公式サイトにてご確認ください!

【カフェレストラン K.MINAMOTO店舗情報】
www.kitchoan.co.jp/kminamoto/

源 吉兆庵の通販情報

源 吉兆庵では大体の商品がお取りよせ可能です。なんと、源 吉兆庵のオンラインショップでは、セットではなく単品でも購入可能となっているので、色々なお菓子をひとつずつ、なんてこともできてしまうのは嬉しいですね!

【源 吉兆庵 公式オンラインショップ】
www.kitchoan.jp/online_shop/

源 吉兆庵のお菓子はどこで買える?

源 吉兆庵は札幌や岡山など全国各地に店舗がある他、海外にも数店舗展開しています。店舗をお探しの際は下記の源 吉兆庵店舗一覧でご確認ください。

【源 吉兆庵 店舗一覧】
www.kitchoan.co.jp/shops/

店舗情報
店名:源 吉兆庵 銀座本店
住所:東京都中央区銀座6丁目9-8
営業時間:月~金 10:00~20:30/土日祝 10:00~19:00
定休日:無休