• HOME
  • コラム
  • パフェ
  • 街のコンシェルジュを目指す新スタイルカフェ カフェ&ブックス ビブリオテーク

街のコンシェルジュを目指す新スタイルカフェ カフェ&ブックス ビブリオテーク

街は駅を中心に発展します。その駅と街を繋ぐ新しいスタイルのカフェが登場しました。
カフェ&ブックスビブリオテークは東京に有楽町と自由が丘に現在2店舗。
街と人をつなげる新スポットとして人気急上昇中のカフェ&ブックス ビブリオテークをご紹介します。

カフェ&ブックス ビブリオテークとは?

カフェ&ブックスビブリオテークの名前の通り、カフェと本屋さんが融合したお店です。
本だけでなくデザイン雑貨や文房具まで扱う商品は多種多様、オフィスや勉強がちょっと楽しくなる商品につい足を止めてしまいます。
店内にはギャラリーやフリースペースもあるので、ワークショップや展示会が開催可能です。
街と人をつなぐ憩いのスペースとして、カフェ&ブックスビブリオテークは進化を続けます。

店内はゆったりくつろげるカフェスペースと、書店&雑貨スペースに別れているので飲食は落ち着いた雰囲気の中で楽しめます。

カフェ&ブックス ビブリオテークの人気メニュー

特徴

カフェ&ブックスビブリオテークでは平日はランチからディナーまで、週末はモーニングからディナーまでと生活のあらゆる時間に合わせたメニューが提供されます。
料理もスイーツも全て店内調理され、どの料理も安全で新鮮で美味しいと大好評です。

また、季節ごとの食材をまるごと使用して様々な料理に展開しているのも、魅力ですよね。

9月からは栗をまるごと使用したモンブランのデザート3種、パンケーキ・タルト・ロールケーキも登場しているので、モンブラン好きの方は必見です!

種類

カフェ&ブックスビブリオテークでは、モーニングやティータイムは、フワフワで厚みのあるパンケーキや、まるっとまるごとフルーツがのったパフェが大人気。モーニングではエッグベネディクトパンケーキ、ティータイムにはベリーとクリームチーズのパンケーキなどは食事としてもスイーツとしても美味しくいただけます。

ランチで人気は大きな鮭と新鮮野菜をふんだんにつかった、デリープレートが人気です。
店内で調理される日替わりのデリは、季節の野菜を使い丁寧に調理されています。

ディナーはワインによくあうアヒージョや、新鮮野菜をふんだんにつかった美食家サラダで一日の疲れをカフェ&ブックスビブリオテークで癒してはいかがでしょうか。

値段

・モンブランとカシスのパンケーキ¥1,450
・モンブランタルト¥820
・モンブランロールケーキ¥780
・エッグベネディクトパンケーキ¥1,300
・紅鮭と5種デリの贅沢プレート¥1,350
・メニーベリーパンケーキ¥1,600

カフェ&ブックス ビブリオテークの混雑状況や待ち時間は?

カフェ&ブックスビブリオテークでは並んででも食べたいパンケーキがあります。
週末ともなればパンケーキを目当てに行列ができることも。
予約サイトから予約も可能なので、どうしても食べたいという方は予約をお勧めします。

カフェ&ブックス ビブリオテークはランチやってる?

カフェ&ブックスビブリオテークは新鮮野菜を使ったデリが味わえるデリプレートのほか、ビーフシチューやパスタなどランチメニューも用意されています。
カフェ&ブックスビブリオテークは駅と直結で利便性もいいので、仕事の合間や待ち合わせてのランチにも重宝します。

店舗情報
店名: カフェ&ブックス ビブリオテーク 東京・自由が丘店
住所:東京都目黒区自由が丘1丁目11-7
営業時間: 平日/11:00~23:30 土日祝/9:00~23:30
定休日:無休(正月3が日)

関連記事一覧