お茶専門問屋の和カフェ「清水一芳園」

photo by 清水一芳園https://ippoen.co.jp/

「清水一芳園」は、創業1945年の老舗のお茶の専門問屋さんです。京都でもっとも有名な観光地である清水寺から近いこともあり、週末や長期の休みなどには多くの観光客でにぎわいます。そのお茶専門問屋直営のカフェ「清水一芳園」は、東山七条にあります。
抹茶を使用したスイーツは京都でもたくさんありますが、「清水一芳園」ならではの「宇治抹茶氷エスプーマ仕立て」は宇治抹茶を贅沢に使用したムース状のかき氷で、SNSでも話題のかき氷なのです!
ぜひ、京都観光の合間に、ゆっくりとお茶やスイーツを「清水一芳園」で過ごしてみてはいかがでしょうか。今回はそんな「清水一芳園」の抹茶スイーツの魅力について紹介していきます!

「清水一芳園」はどんなお店?

「清水一芳園」は、京都市の東山区にあるお店で茶問屋直営の高品質素材を用いたスイーツ専門店として有名です。独自の方法でお茶をブレンドし数々の商品を仕上げてきた店主が、「日本茶を世界に広めよう。人とのつながりを大切にし、お客様の気持ちに寄り添いたい」というコンセプトのもとで始められました。「清水一芳園」では、特にかき氷が有名で、エスプーマという独特なムース状の抹茶がたっぷりと天然の氷にかかっています。このエスプーマというのは、「泡」という意味で、食材に亜酸化窒素を混ぜて泡状にするスペイン発祥の料理方法のことです。一見、ソフトクリームや生クリームのように見える抹茶も、実はエスプーマした抹茶で、非常に香りがよい味わいになっています。それにより、今まで食べたことのない、ふんわりとした画期的なかき氷ができるのです!

「清水一芳園」で絶対に食べておくべきベスト5

「清水一芳園」の「宇治抹茶氷エスプーマ仕立て」

抹茶エスプーマは、「清水一芳園」のこだわりぬいた2種類の抹茶をブレンドし、さらに岡田製糖所の阿波和三盆糖で作った蜜と合わせてエスプーマしています。「かめ」と呼ばれて親しまれている「宇治抹茶氷エスプーマ仕立て」には、72時間純氷した氷で作られたかき氷の上に抹茶エスプーマが、まるで亀の甲羅のように盛られていて、別添えで小豆煮、白玉が用意されています。和三盆シロップ、練乳の2種類抹茶ブレンドがかき氷の味をより一層引き立てます。「清水一芳園」の「宇治抹茶氷エスプーマ仕立て」は、甘い香りと抹茶特有の苦みが特徴で、切れの良い後口になっているのが特徴です。見た目は、抹茶エスプーマの量が多く甘いかなと思われますが、抹茶の苦みをうまくエスプーマさせたかき氷なので甘みは抑えられており、ほろ苦い抹茶の旨みが楽しめる一品となっています。別添えの練乳は自由にかけられ、お好きな量で甘みが調整可能です。「清水一芳園」では、抹茶エスプーマを京都でいち早く取り入れており、コツコツと技能を積み上げられているとのことです。ぜひ、この機会に「清水一芳園」の「宇治抹茶氷エスプーマ仕立て」を堪能してみてはいかがでしょうか。

商品名「宇治抹茶氷エスプーマ仕立て」
値段1,130円(税込)

「清水一芳園」の「清水パフェ」

「清水一芳園」を代表するスイーツ「清水パフェ」は、宇治抹茶を惜しみなく使用した濃厚な抹茶アイス、抹茶クリーム、チョコクランチ、抹茶洋かん、きな粉アイス、ミルクプリン、珈琲ジュレ、小豆煮、白玉、ビスキュイ、栗の渋皮煮をお好きな順で、からめながらいただけるお品となっています。多彩な素材や食感を組み合わせた贅沢なパフェで、抹茶の甘味や苦味をストレートに表現しています。特に、パフェの濃厚さを作っているのは、乳脂肪分47%の北海道純正クリームだそうです。甘さは控えめで、香ばしいビスキュイと栗の渋皮煮があと味をひきます。ぜひ、お茶専門問屋の「清水一芳園」でしか味わえない「清水パフェ」をお楽しみください!

商品名「清水パフェ」
値段1,300円(税込)

「清水一芳園」の「宇治抹茶まみれのエスプーマパフェ」

「清水一芳園」の「宇治抹茶まみれのエスプーマパフェ」は、「エスパ」と呼ばれて親しまれ、抹茶エスプーマ、抹茶アイス、珈琲ジュレ、ミルクプリン、クランチ、白玉、ぶぶあられが層になってグラスに入っているパフェです。抹茶エスプーマの緑とミルクプリンの白がコントラストになり、色合いも綺麗です。抹茶のほろ苦さと甘みのある軽い食感のエスプーマですが、満足感のあるパフェになっています。「宇治抹茶氷エスプーマ仕立て」より様々な素材が入っていますので、2度3度と来店したときには、ぜひおすすめです。

商品名「宇治抹茶まみれのエスプーマパフェ」
値段900円(税込)

「清水一芳園」の「チョコエスプーマとほうじ茶アイスのパフェ」

「チョコエスプーマとほうじ茶アイスのパフェ」は、通称「チョコほ」と呼ばれています。チョコエスプーマ、ほうじ茶アイス、珈琲ジュレ、ミルクプリン、クランチ、白玉、ぶぶあられが入っています。ティラミスパフェに続く創作茶スイーツは、「清水一芳園」自慢の一品。名物のお茶エスプーマを、「清水パフェ」に使用しているアイスクリームや白玉、チョコクランチ、バナナとからめて食べるスイーツです。ボリューム的には食後のスイーツとしてもおすすめです。今日はほうじ茶が食べたいなというときには、ぜひ、「チョコエスプーマとほうじ茶アイスのパフェ」に挑戦してみてはいかがでしょうか。

商品名「チョコエスプーマとほうじ茶アイスのパフェ」
値段900円(税込)

「清水一芳園」の「エスプーマぜんざい」

「エスプーマぜんざい」は、道産大納言を用いて作られている新潟県産のやきもちが、抹茶エスプーマに浮かんでいるようなイメージのぜんざいになっています。冬限定のぜんざいは、カリッと焼きあがったお餅とほろ苦い抹茶、小豆とのバランスが良く、エスプーマのふわふわとした食感が楽しめます。甘さと苦さがマッチしていて、暖かいほうじ茶とも相性バツグンです。寒い冬には、ぜひおすすめですよ。抹茶かほうじ茶のどちらか選ぶこともでき、ぜんざいは栗ぜんざいにも変更できますので、お好きなお味でお楽しみください。

商品名「エスプーマぜんざい」
値段860円(税込)

「清水一芳園」の期間限定商品は?

「清水一芳園」の期間限定商品では、さまざまな種類があり四季に合わせて独自のスイーツを提供しています。数に限りがある商品ですので、お早目にどうぞ!
「清水一芳園」の「チョコミント」(8月限定販売)※1,200円(税込)

ミントエスプーマと濃厚チョコシロップ、チョコクランチ、フランボワーズシャーベット、別添フランボワーズソースがついていて夏季にぴったりのかき氷になっています。ミントの爽やかな香りとフランボワーズをお楽しみください。
その他、「清水一芳園」の「マスカルポーネとピスタチオのクリスマス限定かき氷」(クリスマス限定販売)もあります。※1,430円(税込)

「清水一芳園」のティラミスパフェ(冬季限定販売)※1,350円(税込)
トロトロのティラミスとパフェを組み合わせた、よくばりな一品です。当店自慢の宇治抹茶と苺、金色のシュクルフィレがのっていて、中には白玉団子、ラズベリー、チョコクランチ、スポンジケーキが入っています。クリームは北海道産のマスカルポーネチーズは生乳だけで作られているので濃厚な味わいが楽しめます。

その他、栗ぜんざい(冬季限定販売)※860円(税込)
道産大納言のぜんざい、新潟県産の焼きもち、国産栗の渋皮煮を使用していてぜんざいの甘さと栗の相性が抜群で、体も温まります。ぜひ、冬季にお楽しみください。

「清水一芳園」の店内やテイクアウトは?

「清水一芳園」では、カウンター席を中心にテーブル席が設けられています。東大路通りに面した席からは、自然光が射し込むような作りになっていて店内をやさしく照らします。他にも、販売コーナーが併設されていますので、お茶やお土産も購入できます。「清水一芳園」は、大変人気のあるお店ですので、時間の都合で長く待てない方は、テイクアウトメニューもおすすめです。待ち時間なしで注文できるので、食べ歩きにはぴったりですね。特におすすめなのが、セルフで巻けるソフトクリームです。味は抹茶・ほうじ茶・ミックスの3種類で、本場のお茶を贅沢に使ったソフトクリームを食べられて、作り方も教えていただけます。小さいお子様から若い方にも人気がありますので、ぜひテイクアウトでも楽しんでみてはいかがでしょうか。

「清水一芳園」の待ち時間は?

「清水一芳園」京都本店は、京阪電車の七条駅にあります。駅から歩いて10分以内で行くこともできますが、提携の駐車場もありますので車で行くことも可能です。「清水一芳園」は、大変人気のあるお店なので、夏の繁忙期は特に混雑することが多いです。お店では待ち時間対策のために、一度来店された後に待ち時間を計算し、指定された時間までに戻れば並ばずに食事ができるシステムになっています。「清水一芳園」を訪れる際には、ある程度の待ち時間を見越した上でおでかけになる方が良いかもしれませんね。

「清水一芳園」の行き方は?

「清水一芳園」京都本店は、東山七条(七条通りと東大路通りの交差点)の300mほど南にあります。週末や祝日、夏休みには待ち時間が発生しますので、ぜひ余裕を持って行くことをおすすめします。
京阪本線七条駅より七条通を東へ徒歩9分(京都国立博物館、三十三間堂方面)※京阪電車
JR京都駅より市バス206・208系統よりバス10分
市バス東山七条又は今熊野より徒歩2分
市バス博物館・三十三間堂前より徒歩4分
JR・京阪東福寺駅より徒歩14分
JR京都駅京都タワー前より東へ徒歩23分
名神高速・京都南I.C.より車15分

店舗情報
店名:清水一芳園
住所京都府 京都市東山区 本瓦町665
営業時間:11:00~16:00
定休日:月曜日※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。