【奈良土産にも】メルヘンな世界観で「まほろば大仏プリン」を堪能!

photo by まほろば大仏プリン本舗https://daibutsu-purin.com/#1

可愛い大仏様が描かれたプリンで有名な「まほろば大仏プリン」。口コミでも高評価を獲得する優しい味わいの手作りプリンは、奈良土産やギフトにも大人気です。

そんなまほろば大仏プリンを思う存分楽しめる場所が、「まほろば大仏プリン本舗」本店にある「プリンの森・カフェ」。建物からインテリアまで何もかもプリンをモチーフに作られていて、スイーツ好きには夢のようなお店です。

今回は、「まほろば大仏プリン本舗」本店にフォーカスし、人気メニューと合わせてたっぷりご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

まほろば大仏プリン本舗はどんなお店?

「まほろば大仏プリン本舗」は、色々な味のプリンが楽しめる大人気のお店です。現在、奈良市内を中心に全10店舗を展開。駅構内やショッピングモール内など利便性の良い場所にあります。

奈良阪町にある本店は、おとぎ話のようなメルヘンチックな建物が目印。カラメルの茶色とカスタードの黄色を基調とした外観は、まるでプリンのよう。車にもプリンのデザインが施されています。

本店には「プリンの森・カフェ」を併設。敷地全体がフォトジェニックスポットになっていて、インスタ女子必見です。建物だけでなく店内も細部までプリンをモチーフにデザインされています。これは「プリンの中でプリンを作りたい」という社長の長年の夢が形になっているそうです。
(店内は撮影禁止ですので、ご注意ください)

そんな「まほろば大仏プリン本舗」は、以前オーナーご夫婦が経営していたイタリアンで出していたプリンからスタートしました。2007年に「奈良県観光みやげもの大賞」を受賞して評判となりプリン専門店になったそうです。

まほろば大仏プリン本舗にはどんなプリンがある?

「まほろば大仏プリン」は、小さな子供が安心して食べられるように、優しいお母さんの味をイメージして作ったプリンで、素材にはとことんこだわっています。できるだけ奈良の食材を取り入れ、最高級の生クリームを使用。また、お土産物としても喜んでもらえるよう可愛い瓶に入っています。

それでは、「まほろば大仏プリン本舗」にはどんなプリンがあるのかを見ていきましょう。

まほろば大仏プリン

店名にもなっている看板商品の「まほろば大仏プリン」。蓋には可愛い大仏様の絵がデザインされ、奈良土産にもぴったりです。こちらには大小2つのサイズがあり、味と食感が少し違います。

まほろば大仏プリン(大)は、小さな子供の頭ほどの大きさがあり、見た目のインパクトも抜群!どこか懐かしいちょっと固めの食感です。大サイズの味はカスタードと大和茶の2種類があります。

定番のカスタードは、牛乳・生クリーム・鶏卵・砂糖・バニラビーンズのシンプルな素材のみで作った優しい味わいが人気です。奈良特産の大和茶には、カラメルの代わりに「あん」が入っています。

まほろば大仏プリン(小)は、生クリームをたっぷりと使用していて、絹のような滑らかな舌触りが特長です。味は大サイズの2種類に、レアチーズ・ショコラ・カプチーノ・大和の地酒の全6種類があります。

レモンの酸味が効いた上品な味わいの「レアチーズ」、底にはチョコが入った大人向けの「ショコラ」、エスプレッソの香りを閉じ込めた「カプチーノ」、カラメルの代わりに黒蜜を入れた日本酒のプリン「大和の地酒」。どれもこだわりのプリンですので、ぜひご賞味ください。

値段 
(大)テイクアウト 864円、店内 880円(税込)
(小)テイクアウト 378円、店内 385円(税込)

白い鹿のプリン

昔から神の使いと言われ、縁起のいいものとされてきた白い鹿をイメージした「白い鹿のプリン」も人気です。こちらは3種類の味があります。

特別な製法で作った白いプリンとマロンクリームをコラボした「モンブラン」、ヨーグルトを牛乳の代わりに使い、フリーズドライのいちごをトッピングした「ヨーグルト」、見た目は白いのにコーヒー味という「ホワイトコーヒー」。

どれも気になるので、全部食べてみたくなりますね。

値段
テイクアウト 432円、店内 440円(税込)

さくらプリン

見た目も可愛く特に女性人気の高い商品です。奈良の県花である八重桜をイメージし、ほのかな桜の香りのプリンに吉野の桜の塩漬けをトッピングした「奈良八重桜」と、ヨーグルト風味のプリンにさくらんぼジャムが入った「さくらんぼ」の2種類が楽しめます。

値段
テイクアウト 453円、店内 462円(税込)

四神獣古代米プリン

平城京を守っていた四神獣をイメージし、緑米・玄米・赤米・黒米の4色の古代米を使い作ったライスプリンです。

値段
テイクアウト 648円、店内660円(税込)

まほろば大仏プリン本舗でその他の人気メニューは?

「まほろば大仏プリン本舗」には、他にも魅力的なスイーツがたくさんあります。

ソフトクリーム

まほろば大仏プリンをカラメルごとシェイクして、ソフトクリームに混ぜ込んでいます。ぽてっとした形が可愛く、インスタ映えすると大人気です。濃厚ですが甘さ控えめなので、さっぱりと頂けます。

プリンソフトクリームは、本店のプリンの森・カフェ、夢風ひろば店、ミナーラ店、登美ヶ丘店、西大寺サンワシティ店の限定販売です。値段や味は店舗によって異なります。

値段
385円~(税込)

まほろば大仏プリンロール

もちもちのスフレ生地の中に、ほろ苦いカラメルゼリーとふわふわのプリンムース、あっさりとした生クリームが入っています。苦味と甘味のバランスが絶妙です。

値段
カット:テイクアウト 410円、店内 418円(税込)
ロール:1,728円(税込)

その他の情報について

テイクアウトはできる?

まほろば大仏プリン本舗のスイーツメニューは、可愛い店内でゆっくり味わうのもおすすめですが、テイクアウトも可能です。自宅に持ち帰るのはもちろん、天気の良い日は屋外で食べるのも気持ちいいですね。

ちなみに、冷たいドリンクはジャーに入っていてそのまま持ち帰りできます。

日持ちするの?賞味期限は?

まほろば大仏プリンの賞味期限は、購入日を含めて3日間となっています。要冷蔵となっていますので、購入後持ち歩く場合は注意が必要です。長時間持ち歩く場合は、保冷バックの販売もしていますので、利用することをおすすめします。

混雑状況は?予約はできる?

まほろば大仏プリン本舗の本店は、メディアでも度々紹介される大変人気のあるお店ですので、休日だけでなく平日でも混雑している日が多いようです。

遅い時間帯に行くと人気の商品は売り切れになっている場合がありますので、お目当ての商品がある場合は早めの時間に行くことをおすすめします。

予約等は残念ながら行っていないようです。

まほろば大仏プリン本舗の店舗情報

アクセス方法 駐車場はある?

まほろば大仏プリン本舗の本店へのアクセスは、最寄り駅からはバスを利用します。近鉄奈良駅の13番乗り場またはJR奈良駅の15番乗り場から「高の原駅」行きのバスに乗り、「高の原ゴルフセンター」で下車してすぐです。

お車を利用される場合は、お店の前の第一駐車場と西側に50mほど離れたところに第二駐車場があります。全部で30台程度停めれるようですので、こちらをご利用ください。

営業時間・定休日は?

本店の営業時間は、11:30~17:30となっています。定休日は不定休です。
(営業時間等が変更になっている場合がありますので、公式HP等をご確認ください)

通販・オンラインショップでも買える?

まほろば大仏プリン本舗は、楽天市場にオンラインショップを開設していますので、お取り寄せも可能です。まほろば大仏プリンやプリンロールなど様々な商品を取り扱っています。

まほろば大仏プリンのオンラインショップで通販する

公式ブログ・HPでお店の最新情報が確認できる

お店の最新情報は、まほろば大仏プリン本舗の公式ブログHPで確認できます。来店前にはぜひチェックしてみて下さいね。

店舗情報
店名:まほろば大仏プリン本舗本店
住所:奈良県奈良市奈良阪町1073
営業時間:11:30~17:30
定休日:不定休