• HOME
  • コラム
  • スイーツ
  • レトロ感あふれる路面電車で地元名店のスイーツと街歩きを堪能!『函館スイーツ電車』が期間限定で開催

レトロ感あふれる路面電車で地元名店のスイーツと街歩きを堪能!『函館スイーツ電車』が期間限定で開催

さらにパワーアップして、今年も走るよ『函館スイーツ電車』!
2018年に初めて開催し、好評を博した函館スイーツ電車。2019年は、スイーツが函館路面電車(市電)の形をしたオリジナルボックスにイン!途中下車後は、地元ガイドが通常のツアーではなかなか訪れられない歴史スポットや、隠れ家カフェを案内してくれますよ。おいしいスイーツと、異国情緒の残る街並みを楽しめます。

地元の和洋菓子店7店がこのツアーのために考案したスイーツ

函館スイーツ電車の車内でいただけるスイーツは、市内・近隣の和洋菓子店7店(五島軒、ジョリ・クレール、ふうげつどう、はこだて柳屋、スイーツギャラリー北じま、菓匠ゆめや、和創菓ひとひら)が、このツアーのために考案したタルト4種、和菓子1種のオリジナルスイーツ。函館市電をイメージしたオリジナルのスイーツボックスで提供されます。
(スイーツ提供店は日程により異なります)
スイーツを考案した7店舗は、函館と近隣市町の有名店ぞろい。たとえば、函館の五島軒といえば、明治12年創業のフレンチの老舗。カレーはお土産などでも有名です。はこだて柳谷やふうげつどうも、古くから地元の人に愛されるお店なんですよ。
そんな名店の知恵と技がつまったスイーツを、市電の中でゆっくり味わえます。

函館駅スタートで2種類のコースを選べる

運行コースは、函館駅発着で2種類。運行日によってコースが異なります。
ひとつは、CMなどのロケ地でも有名名函館山方面へ向かい、谷地頭(やちがしら)電停で途中下車する『谷地頭コース』。

途中下車時には、1445年創建の函館八幡宮をはじめ、谷地頭温泉、住吉ポンプ場のほか、海を一望できるカフェなどを散策。
谷地頭コースの運行日は、10月26日(土)・11月3日(日)・9日(土)です。

もうひとつのコースは、函館駅を出発して五稜郭公園を通り、湯の川電停で途中下車、折り返す『湯の川コース』。

その名のとおり温泉街のイメージが強い湯の川。湯の川温泉発祥の地とされる湯倉神社のほか、旧戸井線跨線橋、湯川銀座通りなど、歴史情緒あふれる街並みを散策します。
湯の川コースの運行日は、10月27日(日)・11月2日(土)・10日(日)です。

函館スイーツ電車の概要

●期間:2019年10月26日(土)・27日(日)・11月2日(土)・3日(日)・ 9日(土)・ 10日(日)
●時間:9:30 函館駅西口集合 10:00出発~12:00帰着予定(所要時間:約2時間)
●場所: 函館駅西口前 発着
●料金: お1人様 2,500円(税込) *4歳未満は無料
●定員:各20名 *要予約・定員に達し次第受付終了
●予約:電話予約(JTB函館オフィス TEL: 0138-56-1711)
インターネット予約(JTB 国内オリジナルツアー申込サイト たびーと: www.jtb.co.jp/tabeat/List.asp?uflg=0&tourno=1b1ec876c28e4a4a946bd54a&back=1)

なお、函館スイーツでは「函館スイーツ食べ歩きパスポート」も販売しています。1000冊限定で、1冊500円。函館市内や近郊の参加店25店舗で、指定のスイーツやサービスとして引き換えたり、金券として利用できる4枚つづりのチケットです。
函館スイーツ電車でもスイーツを提供する五島軒スイーツ&デリカショップ、ジョリ・クレールやスイーツギャラリー北じま、函館ふうげつどう、はこだて柳屋などで購入できます。もっと函館スイーツを堪能したい!という方におすすめです。

本文中画像はhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000049585.html より。

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧