“天然モノ”のたい焼きが食べられる鳴門鯛焼本舗

たい焼きといえば、熱々の生地の中にたっぷりと小倉あんが入っているものが定番です。その他にもカスタードクリームや抹茶クリームなど、洋風テイストなフレーバーもあり、和菓子が苦手な方や小さいお子さんにも幅広く食べられています。そんなたい焼きの専門店として、多くのファンを抱えているのが鳴門鯛焼本舗。多くのたい焼き店がある中、鳴門鯛焼本店に行列ができるのはなぜなのでしょうか。今回はそんな鳴門鯛焼本舗の魅力について紹介します。

“天然モノ”が自慢の鳴門鯛焼本舗

鳴門鯛焼本舗は、2009年にオープンしました。最近は多くのたい焼き屋さんで、まとめ一気に焼く方式のたい焼きが主流ですが、鳴門鯛焼本舗のたい焼きは、熟練の職人さんが、一匹一匹丁寧に焼く、“一丁焼き“という伝統の製法で作られています。この製法で作られたたい焼きは天然モノと言われていて、手間はかかりますが、皮が香ばしくとても美味しいのが魅力です。たい焼きはどれも同じと思っている方は、鳴門鯛焼本舗のたい焼きを食べるとその違いにびっくりしますよ。多くのテレビ番組や雑誌で紹介されていて、 海外のお客さんが多いのも特徴です。 鳴門鯛焼本舗は、関東を中心に 東海や関西、九州にも店舗があります。

鳴門鯛焼本舗の人気メニュー

鳴門鯛焼本舗では、メインのたい焼き以外に、アイスモナカとわらび餅が販売されています。

たい焼き

鳴門鯛焼本舗のたい焼きは、中身のあんこが透けて見えるほど薄皮なことが特徴です。表面はカリッとした食感ですが、口に入れると溶けて無くなりそうなほど柔らかく仕上がっています。とても薄いですが、その生地は、高品質な小麦を鳴門鯛焼本舗独自のブレンドで作られているので、味わい深く存在感は抜群です。あんこは頭から尻尾の先までぎっしり。上品な甘さで、小豆の旨味がしっかりと感じられるので、最後まで飽きることなく食べることができます。
味は、十勝産あずきと鳴門金時芋の2種類が定番メニュー。自然な甘さの鳴門金時あんは上品で深みのある味わいです。とろりと柔らかく、冷めても美味しく食べられますよ。そのほかにも、季節限定の味が年に4回ほど登場するので限定フレーバーも必見です。

商品名 天然鯛焼 十勝産あずき
値段 180円

アイスもなか

サイドメニューの1つである、アイスもなかもおすすめです。 パリッとした昔懐かしい味のもなかに、さっぱりめのバニラアイスがよく合います。あずき入りのものも人気。鳴門鯛焼本舗に来た際は、サイドメニューも要チェックです。

商品名 アイスもなか
値段 150円

鳴門鯛焼本舗浅草橋店の行き方は?

鳴門鯛焼本舗は日本全国に約60店舗を構えています。今回は、浅草橋店の行き方をご紹介。22時まえお店が開いているので、仕事終わりにも立ち寄れますね!

店舗情報
店名:鳴門鯛焼本舗 浅草橋店

住所:〒111-0053 東京都台東区浅草橋1-9-1

営業時間:10:00~22:00

定休日:なし

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。