天然のたい焼き?!浅草の写楽のたい焼きがスゴイ!

たい焼きと言えば食べ歩きがしやすいおやつの定番!お土産や差し入れにも喜ばれる品ですね。

そんなたい焼きに天然ものがあるってご存知ですか?

今回は浅草にある天然たい焼きの写楽について紹介していきます!

写楽の天然たい焼きが気になる!

東京の浅草と言えば観光名所の1つ!そんな浅草で天然のたい焼きを食べることができます。

気になるお店の名前は写楽!

レトロな外観がどこか懐かしく、写楽の名前の入った提灯やのぼりが出ています。

メニューはお目当てのたい焼き以外にも様々!この後紹介していきますね。

写楽の天然たい焼きが気になる!

さっそくたい焼きを見てみましょう!

たい焼きは薄皮になっていて、生地はパリパリで中のあんこはアツアツのほっくほく!尻尾までしっかりとあんこが詰まっています。あんこは甘すぎないさっぱりとした味に整っているので男性でも食べやすいのが特徴です。

また気になるのは天然のたい焼きという部分ですよね。なんと写楽のたい焼きは一尾ずつ丁寧に焼いているんです!なので外はパリパリの香ばしい生地になるんですね。

お値段は1つ180円となっています。

写楽のたい焼きの「中身」が買えるって本当?

なんと写楽ではたい焼きの中身に使われている餡子を買うこともできます。

家で和スイーツを作る時やあんこをちょい足ししたい時に写楽のあんこを使うことができるんです!なんとも贅沢な話ですよね。あんこのおいしい店だからできる商品です!

300gで390円と手の伸ばすことのできるお値段も嬉しいポイント!

ぜひ写楽のあんこでお料理してみませんか?

写楽お手製のシェイクがオススメ!

最近はタピオカが流行っていますが、和風スイーツが好きならあんこを使ったシェイクも飲んでみませんか?

そう、写楽では自家製のあんこを使ったシェイクを飲むことができるんです!テレビでも取り上げられるほど注目されていて、たい焼きと一緒に買う人も多いようです。

あんこだと重たそうと感じますが、飲んでみるとサッパリしていて飲みやすい!どこか懐かしい甘さで、疲れを癒す優しい美味しさにうっとりとしてしまいます。

写楽の営業時間は?お休みはある?

写楽に観光の途中で行きたいけど経営時間外やお休みだった…なんてショックですよね。

写楽の営業時間は11時から18時までとなっています。なので夕方の時間帯に浅草へ行くときは間に合わないことも…お昼過ぎのおやつに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

また、定休日は毎週月曜日となっています。

写楽へのアクセス方法が知りたい!

写楽へ行く方法は歩いてのアクセスがおすすめです!都バスの奥浅草バス停からわずか10mとすぐそばにあります。電車でアクセスする場合は浅草駅から約400mとお散歩するくらいの距離の場所にあります。

また近くには浅草花やしきがあるので、観光の一休みにたい焼きを食べてみてはどうでしょうか!

写楽のまとめ

いかがでしたか?

天然たい焼きの特徴であるパリパリの生地のたい焼きを食べに写楽へ訪れてみませんか?

たい焼きの中身のあんこを使ったシェイクも一緒に飲めばあんこの魅力にはまってしまうかもしれませんよ!

店舗情報
店名:たい焼 写楽

住所:東京都台東区浅草3-9-10 キャピタルプラザ浅草1階

営業時間:11:00~18:00

定休日:月曜

関連記事一覧