• HOME
  • コラム
  • たい焼き
  • 【四ツ谷】東京たい焼き御三家! 行列必至”たいやき わかば”の人気のヒミツとは?

【四ツ谷】東京たい焼き御三家! 行列必至”たいやき わかば”の人気のヒミツとは?

photo by たいやき わかば http://www.246.ne.jp/~i-ozawa/

皆さんは四ツ谷というと何を思い浮かべられますか?
四ツ谷にも実は色々と有名なグルメ店がありますが、その一つが東京たい焼き御三家の一つとも言われる「たいやき わかば」です。

たいやき わかばは歴史ある老舗店です。飛ぶように売れるたい焼きはぎっしりとあんこが入っていて、毎日職人さんが一匹ずる丁寧に焼く逸品です。

今回は四ツ谷で有名なたい焼き屋・たいやき わかばの情報や養殖と天然の違い、口コミまでご紹介します。ぜひこの記事を参考に、四ツ谷・わかばに足を運んでみてください。

たいやき わかばばはこんなお店

四ツ谷の絶品すぎるたいやき わかばのお店の様子をお伝えします。

四ツ谷にあるたいやき わかばは東京のたい焼き御三家の一つです。たいやき わかば四ツ谷周辺の会社員も大量買いして行かれます。四ツ谷以外から足しげく買い求める方も多いです。

東京のたい焼き御三家といえば、麻布十番の浪花家総本舗、人形町の柳谷、そして四ツ谷のたいやき わかばです。

たいやき わかばは初めて四ツ谷に来る人にはちょっとわかりにくい場所にありますが、行列が目印になっています。たいやき わかばはJR四ツ谷駅から徒歩約5分程の住宅街にあります。

たいやき わかばのイートインスペース

たいやき わかばは嬉しいイートインスペースがあり、セルフサービスのお茶と一緒にたい焼きを頂けます。オリジナルデザインのお皿や湯飲みもじっくり見て下さいね。

たいやき わかばのたい焼きのおいしさ

たいやき わかばのたい焼きはあんこと生地がお店の完全な自家製です。頭から尻尾まであんこがぎっしり入っています。たい焼きはオリジナルの型で焼いていて香ばしい生地がたまりません。
価格は1尾180円(税込)です。

たいやき わかばの他のメニュー

他にもたいやき わかばはみたらしだんご、あんだんご(4〜10月)・かき氷(7〜9月)を販売しています。どれも絶品で、頬が落ちそうなくらいにおいしいと評判です。
おだんごの価格は1本150円(税込)です。
かき氷は各種500~800円(税込)です。

たいやき わかばのたい焼きをおいしい食べ方(温め方)とは?

おいしいたい焼きなのでつい買いすぎてしまうほどのたいやき わかば。つい食べきれなくて残してしまう方もいるのではないでしょうか?

もしおいしいたい焼きが冷めてしまったら、一尾ずつラップで包んで冷凍しましょう。
いただく際にたい焼きを自然解凍をしてからレンジで温めて、その後オーブントースターで焼いてみてください。
こうすると出来立てのようなおいしいたいやきを食べることができますよ。

「夏におすすめのたい焼きの食べ方」もありますよ。
たい焼きを冷凍した後、常温で半解凍した状態で食べると小倉アイスのようになっていてヒンヤリとおいしいです。ぜひこんな食べ方も覚えておいてください。

たいやき わかばのたい焼きは手焼き

たいやき わかばのたい焼きは手焼きです。手焼きはたい焼きのタイプで言うと天然です。
養殖というのは同時にたくさん焼くたい焼きのことを言います。一方天然というのは、1匹ずつ丁寧に焼くたい焼きのことです。天然のたいやきは焼き加減が難しく、職人の力技とも言われています。

たいやき わかばも熟練された技で毎日1匹1匹ずつ丁寧に手稲手焼きされているん尾です。

たいやき わかばの口コミは?

ここで大人気のたいやき わかばの口コミをご紹介しましょう。口コミからもたいやき わかばのおいしさ、おすすめ度が丸わかりですよ。

 

四ツ谷に行ったらぜひたい焼きわかばへ!

今回は四ツ谷にあるたい焼きわかばをご紹介しました。

四ツ谷まで行く機会が無いという方も、たい焼きのためにわざわざ四ツ谷に行く価値があるくらいの店です。ぜひ価値あるたいやき わかばに足を運んでみてください。

たいやき わかばの店舗情報

最後に、アクセス、営業時間など、たいやき わかばの情報をお伝えします。ぜひホームページものぞいてみてくださいね。

ホームページ

店舗情報
店名:四ツ谷 たい 焼き

住所:東京都新宿区若葉1-10 小沢ビル 1F

営業時間:
【平日】
9:00~19:00
【土】
9:00~18:30
【祝】
9:00~18:00
※いずれも、売り切れ次第閉店
※営業時間等が変更になっている場合があるので、公式ホームページ等をご確認ください

定休日:日曜