プチギフトにも!老舗和菓子店木挽町よしやで食べたいおすすめお菓子!

photo by 木挽町よしや
http://kobikichoyoshiya.com/

日本の大都市でもある東京には、老舗のお菓子屋が数多くあります。そんな歴史あるお菓子は、家族や目上の人へのギフトにぴったり。今回はそんな老舗お菓子店の中から、おすすめの和菓子屋「木挽町よしや」を紹介していきたいと思います。他とは違ったサービスもあり、結婚式のプチギフトにもおすすめなものまで幅広く紹介していくので是非参考にしてみてください。

木挽町よしやとは?

木挽町よしやは、1922年創業の90年以上の歴史のある老舗和菓子店。歌舞伎座路地裏にあり、代々の味と技術を堪能できるお店として多くの人に親しまれています。こだわりの素材を使って作る和菓子の数々は、どれも絶品です。

特徴

木挽町よしやは90年以上続く歴史あるお店ですが、昔ながらの和菓子はもちろん。木挽町よしやでしか食べることのできない、創作和菓子も人気です。

外観

そんな木挽町よしやですが、初めて行く方はなかなか見つけることが出来ないほど分かりにくい場所にあります。目印は「木挽町よしや この先23m」の看板だけなので、良くみていないと見落としてしまうほど。地図アプリなどを利用していくことをオススメします。のれんと看板がお店の前にはあり、昔ながらのどこか懐かしい外観をしたお店です。

パッケージ

木挽町よしやのパッケージは定番のものはもちろん、季節やオリジナルの物まで幅広く取り扱っています。そのため、母の日や父の日、敬老の日などのイベント時にもぴったり。また、結婚式のプチギフトにもオススメです。オリジナルの焼印は、ゲストへの感謝と自分たちらしさを表現するのにぴったりなお菓子になるでしょう。そのほかにも企業のロゴを入れることも可能なようなので、幅広いシーンでの利用ができるお菓子になっています。

木挽町よしやの人気メニュー

そんな木挽町よしやで是非食べてほしい人気メニューをご紹介していきます。昔ながらの歴史を感じれるお菓子から、木挽町よしやでしか食べることのできない創作和菓子まで幅広く紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

どら焼き

木挽町よしやでぜひ食べてほしいのが、なんと言ってもどら焼き。木挽町よしやのどら焼きは、生地を半折りにしたタイプのどら焼き。餡にはつぶあんが使われていて、しっかり餡の味を楽しめます。生地は柔らかくふわりとした食感で、甘さ控えめの餡子との相性は抜群。甘いものが苦手な人にもぴったりです。上品な味わいは、ほっと一息つく時のお茶請けにもおすすめ。フル稼働で焼いてもすぐに購入者が出てきてしまうほどのお店人気商品です。
値段 1個140円
賞味期限 3日間

果物かご

先ほども紹介しましたが、木挽よしやは創作和菓子もオススメ。その中でも果物カゴは、ぱっと見ると本物の果物のような可愛らしい和菓子がカゴの中に入っています。ミニチュアのお菓子は練り切りで作られていて、上品な甘さを感じられる和菓子です。思わず写真を撮りたくなるような、食べるのがもったいないほどの人気商品。
値段 1000円

花ずし

先ほど紹介した通り、果物かごと同様。花ずしも創作和菓子として華やかな見た目をしたお菓子です。もらった人が笑顔になってしまうような味も見た目にもこだわった一品です。

値段 3000円

木挽町よしやは予約必要?

木挽町よしやは、人気店なのでぜひ予約をすることをおすすめします。予約がないと10分以上待つことがあるので、欲しいものが決まっている方是非連絡してみてください。その中でも特にどら焼きは、予約がおすすめになっています。

木挽町よしやの店舗は?

いかがでしたでしょうか?木挽町よしやは老舗和菓子店として、多くの人に愛される人気店です。場所は路地裏にあり、少し分かりにくい場所なので初めていく方は注意してくださいね。生ものなので、公式でのオンライン販売は行っていない木挽町よしやのお菓子は、是非店頭でお楽しみください。お店の詳しい位置や情報はこちら。

店舗情報

店名: 木挽町よしや
住所: 東京都中央区銀座3-12-9
営業時間: 10:00~18:00
定休日:日・祭日 [土曜不定休]

関連記事一覧