こっくりと滑らかなガトーショコラは、
フランスで生まれたチョコレートのお菓子。

フランスの言葉で直訳すると
「焼いたチョコレート菓子」。

火をあまり通さずちょっとレアに、
濃厚なチョコの味わいをしっかり楽しめるのが
ガトーショコラの醍醐味。
日本では、
チョコレートを生地に混ぜて焼いたケーキを
ガトーショコラと呼んでいる。

甘くてほろ苦いガトーショコラは
子どもと大人の間のような味がする。

一口食べてすーっと深呼吸すると、
あのときの私が、
静かに思い出される。

私が初めて「母」になったとき。

何もかもが初めてづくしで
手探りどころか
不安に押しつぶされそうになったときもたくさんあった。

「こうしなきゃいけない」
「いつも一緒にいてあげなきゃ」
そんな思いでいっぱいになってしまったりも。

他のお母さんたちを真似たり、
育児の本を一生懸命に読んだりしながら、
必死に正しい子育てを探していたような気がする。

今思い返すと、
「ちゃんとしたお母さんにならなきゃ」って、
思いすぎていたのかもしれない。

今ではふたりの母になった私。

日に日にできることが増えていく
下の子の姿を見ていると、
ふといろんな想いが込み上げてくる。

今日はパパとお姉ちゃんの真似をして、
慣れない手つきでフローリングのお掃除。

お姉ちゃんの真似をして、
いつの間にか練習用のお箸も持てるようになった。

彼女にとってお姉ちゃんは、
あらゆるモノやコトの先生みたい。


ふたり目が生まれて気づくのは
「子どもって、失敗しながら成長していくんだな」ってこと。

子育てに正解なんてなくて、
“私たちらしいかたち”を見つけていく。
きっとそれが、
家族なのだと思う。

近ごろの私は、
ちょっとだけ肩の力を抜いて
子育てできるようになってきた。

子どもたちが私を少しずつ
大人にしてくれている。

本日の夫のスイーツチョイスと、お茶の用意

『花畑牧場』の「濃厚生ガトーショコラ」は、
なめらかでとろける食感が魅力。
ミルクと生クリームの優しい甘さのなかに、
カカオ特有の程よい苦味が良いアクセント。

子育ても、気を張って
「こうしなくちゃ」ばかりではなくて、
優しさのなかに
見守るアクセントが大切なんだなと。

ちょっと渋めのダージリンティーと一緒に、
今日も手帳に。

夫のスイーツメモ

花畑牧場

北海道河西郡中札内村にある『花畑牧場』は、
かつてはタレントとして、
バラエティ番組を中心に
全国ネットで活躍した
田中義剛さんが運営されている牧場。

田中さんが16歳の春、
初めて北海道を旅したときに
日高の牧場で出会った人々の暖かさに触れ、
その思い出が忘れられず
「いつか自分も牧場をしたい」との
夢を抱くようになったそう。
そして35歳のとき、その夢を実現。
『花畑牧場』という名前は、田中さんが憧れる
ニュージーランドの
ガーデンファームから名付けられた。

『花畑牧場』は、
「産地・素材・製法」の3つにこだわりながら
北海道十勝の大自然の恵を
ぎゅっと詰め込んだお菓子を始め、
手作りチーズや、
自家製ソーセージなども揃う。

濃厚生ガトーショコラ 1,150円

北海道十勝産のミルクと
生クリームをたっぷりと使い、
2種類のクーベルチョコレートと
ブレンドして作られている。

ミルクと生クリームの優しい風味をベースに、
チョコレートによるほのかなカカオ特有の苦味が良いアクセントに。
濃厚でとろける食感も魅力。

よく合うお茶

濃厚なガトーショコラにぴったりなのは、
少し渋めのダージリンティー 。
紅茶のシャンパンとも称される、
世界三大紅茶の一つ。

ガトーショコラの甘くて
ほろ苦い味を引き立てながら、
後味はさっぱりとさせてくれる、
最高のペアリング。

この記事が気に入ったら
Facebookの友達になる

Twitter で