「思い切り失敗して良いんだよ」
子どもの成長を、バームクーヘンと重ねて

生地を何層にも重ねながら作る
バームクーヘンは、ドイツ生まれのケーキ。

年輪によく似ていることから、
日本では、結婚式の引き出物としてや、
ハレの日など、特別な日に選ばれることも多い。

一層、一層、職人の手により
丁寧に作られるバームクーヘンは、
まるで一刻、一刻、時を大切に積み重ねてきた樹木のように
味わい深さを感じる。

近ごろ、妹の面倒をよく見てくれるようになった
お姉ちゃん。

妹とはまるで、ライバルのような、友達のような、
以前はそんな関係だったけど、
今ではすっかり、姉御肌に。

母である私から見ていても、
ちょっとたくましいなって感じている。

昨日なんて、
「机の上に食べものこぼしちゃダメだよ!」
って、まるで私の真似をしているかのように
妹をしかってみたり。

そうかと思えば、
「お姉ちゃんのお菓子、分けてあげるね」
って、優しくしたり。

そんな光景を見ているととても微笑ましくて。

けれど、
どこか頑張って背伸びしているような

お姉ちゃんとして、
しっかりしなくちゃって
無理に頑張っているような。

そんな気がしてしまって、
私は少しだけ、自分をせめてしまった。

気づかぬうちに、妹と比べて
お姉ちゃんに自立を求めすぎてしまっていたかもしれない。
そんな自分がいたことに、気づいたからかもしれない。

最近のお姉ちゃんは、
キャラクターのふりかけにはまっていて、
毎日「どれにしようかな?」って、
小さな瞳をキラキラさせて選んでいる。

ある日、
「ピンクのふりかけ、かけてあげるね!」って
自分のお気に入りを妹に分けてあげて、
上手にごはんにもかけてあげていた。

次は自分の番!と、いざ、ふりかけを開けようとしたら…
力を入れすぎちゃったのか、パーンと中身が弾けてしまった。

さっきまで、
“しっかり者のお姉ちゃん”だった
その表情から一変、今にも泣きそうな顔に。

でも、
必死で目から涙がこぼれ落ちないようにしている
その顔を見ていたら、ふと、隣にいたパパと目があって
「なんだか、かわいいね」って。

思わず、ぎゅっと抱きしめたくなるほど、
愛おしくて大切な日常がここにはある。

あの涙の理由は、
ふりかけがこぼれてしまったことへの悲しみだったのかな。

それとも、
パパやママに怒られちゃうって、思ったからなのかな。

どうか、後者ではありませんようにって、
私は小さく、心でつぶやいた。

大丈夫だよ。
ふりかけがこぼれてしまっても、一緒に片付けたらいいだけ。
これから先、たくさん失敗しても、
その度に、あなたに手を差し伸べてあげる。

どんな時も、笑って軌道修正しよう。

だから安心して、思い切り失敗して良いよ。
そうやって、一つひとつと経験を積み重ねて、
人はやっと、成長するのだから。

夫のスイーツチョイスとお茶の用意

『マダムシンコ』といえば「マダムブリュレ」
と言われるほどの不動の人気商品。

ピンクとヒョウ柄のパッケージに思わず圧倒されてしまうけれど
きちんと味で勝負しているところに、人気の理由があると感じる。

メープルがたっぷりしみ込んだバームクーヘンの生地は、
口にいれるとしっとりしていて、優しい甘さ。
そこへ、キャラメリゼの程よい苦味がアクセントとなっていて
絶妙な味のコントラストがついクセになってしまう。

なにごとも、見た目だけで決めつけるのではなく、
しっかりと中身にも目を向けて、味わうことが大切なんだよね。

夫のスイーツメモ

■マダムシンコ

大阪に本店のある『マダムシンコ』。
一番人気の「マダムブリュレ」をはじめ、
いろどりゆたかなオリジナルスイーツをいくつも展開。

本店である「マダムシンコ箕面本店」では、
厳選された自然素材を使ったマダムシンコオリジナルスイーツを
贅沢な空間で楽しめる。

また、人気のバウムクーヘンは、季節限定商品も登場する。
マダムシンコの人気スイーツを贅沢に詰め合わせた
ギフトボックスは、贈り物としておすすめ。
実店舗はもちろん、オンラインでも購入可能できる。

■マダムブリュレ 1,600円

マダムシンコを代表する「マダムブリュレ」は
誕生以来、多くの人たちに長く愛されてきたロングセラー。

メープルの優しい風味が引き立つバーム生地の上には
こんがり焼いたキャラメリゼ。
甘さとほど苦さの絶妙な味のバランスと、
しっとりとした生地にパリパリのキャラメルが生む
食感の面白さもまた、たまらずクセになる。

冷蔵庫で冷やすと、まるでアイスクリームのように。
ほんの少しレンジで温めると、ふわっと柔らかくなる。
自分好みの食べかたを探すも良し、
季節によって変えてみるのも良いかもしれない。

■よく合うお茶

甘くほろ苦いマダムブリュレにおすすめなのは、
程よく酸味のきいた、ロゼワイン風味の紅茶。

ちょっと贅沢で大人な気分の、
甘い時間を楽しめるペアリング。

この記事が気に入ったら
Facebookの友達になる

Twitter で