生麩専門店麩嘉で作られる絶品麩まんじゅう

和菓子

生麩専門店として有名なお店が「麩嘉」という京都にあるお店です。創業はなんと200年以上も前の江戸時代後期だと言われています。

京料理には欠かすことのできない生麩を長年にわた販売し続けてきた老舗で、その麩は料亭からもたいへん人気があります。

また、麩から作られている「麩まんじゅう」は料亭以外の一般の人からも人気のある商品のひとつです。麩嘉の麩まんじゅうを求めて遠くから買いに来る人も多いと言われています。

そして麩嘉では、取引先の料亭と一緒に料亭では味わえない料理を味わえる「水の会」というイベントも行っていてとても人気のあるイベントです。

生麩とは

そんな麩嘉が作っている生麩とは、小麦粉に含まれているグルテンと餅米粉を組み合わせてから蒸して作られた、伝統的な珍味です。

生麩自体にはあまりはっきりとした味はありませんが、他のものと一緒に調理したり組み合わせることで、その素材の良さを惹きだしてくれます。

なので古くから日本料理にも多く使われてきました。また、生麩は料理をするうえで万能で、揚げたり茹でたりするだけでなく、だしで煮込んだり、時には絶品のお菓子にもなります。

生麩の最大の魅力はカロリーが低いことです。また、たんぱく質が多く脂肪とコレステロール値が2%未満なので、ダイエットにもおすすめです。

麩嘉の麩まんじゅうが人気の理由

そんなカロリーが低くダイエットにも効果的な生麩を使った和菓子が麩嘉では販売されています。それが麩まんじゅうと呼ばれるものです。

まんじゅうの皮が生麩からできていることから麩まんじゅうと呼ばれています。そんな麩まんじゅうはまんじゅうとは違ったつるんとした触感を楽しむことができます。

麩嘉の麩まんじゅうは、生麩専門店だけあって皮にこだわられています。また、生地には青のりが練り込まれていて、笹の葉で包んであるため上品な味と香りを存分に味わえます。

麩嘉の麩まんじゅうの購入方法

麩嘉のホームページは存在していますが、通販では購入することができません。そのため京都にある本店まで行く必要があります。

しかし、京都駅にも「麩嘉 JR京都伊勢丹店」があるので、旅行などで京都駅に立ち寄った際には購入してみてください。

賞味期限は当日なので日持ちはしませんが、出来立てを食べることができるのでぜひお店まで足を運んで、上品な味わいの麩まんじゅうを味わってみてください。

お店情報
店名:麩嘉 府庁前本店 (ふうか)

住所:京都府京都市上京区西洞院堪木町上ル東裏辻町413

定休日: 月曜日、最終日曜日

営業時間: 9:00~17:00

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。