京都 ゴスペル 銀閣寺の傍で出会えるレトロなカフェ

京都の観光名所の一つでもある銀閣寺のすぐそば、哲学の道を一本入ると不思議な雰囲気の洋館が見えてきます。
まるで絵本の中から飛び出してきたようなその洋館の中に入ると、目に入るのはかわいらしいアンティークの雑貨たち。さらに中に進んで階段を上がるとそこにあるのはなんともかわいらしいオープンスタイルのカフェ ゴスペル。
今回はゴスペルでゆったり味わうおいしいスイーツについてご紹介していきます。

ゴスペルはどんなお店?

ゴスペルの建物は1982年にヴォーリス建築事務所が手掛けた洋館。もともとはオーナーの伯父様が住んでいたお家です。
伯父様が住んでいた時代から人が集まることが多かったこの家にオーナー自身ももたくさんの人を呼んでおもてなしをしたいと思い、このお店を作られたのだそうです。
2階にあるカフェは建物の雰囲気そのままに1920年代の西洋のアンティークな調度品でまとめられていて、まるで自分もおとぎの国の住民になったような気分が味わえます。
大きな窓から降り注ぐ日差しで昼間の店内はとても明るくて華やかな雰囲気。春はあたたかな日差しを感じ、冬は優しい暖炉の火に包まれて、クラシックなジャズを聴きながらゆったりとした空気の中で味わうティータイムは最高のくつろぎの時間です。

ゴスペルのオーナーはどんな人?

こちらのお店、以前は現在のオーナーの山中さんのお母様が「OTENBA-KIKI」という名前でお店を営業されていました。
お母様の時代は夜の営業もしていて、当時はクラシックな音楽を聴きながらゆっくりお酒を飲むお客様で夜もにぎわっていたそうですよ。
現在のオーナーにかわりゴスペルとして営業するようになってからは、お昼~夕方までの営業のみ。
オーナー曰く「店を例えるなら、バイオリン。磨き続けることで、誰もが想像したとおりの音が出せます。それと同じですね」(Club Fameより抜粋:http://kyotocf.com/gurumet/cafe/gospel/)と、お店をバイオリンにたとえ、お店の雰囲気を外観そのままに保つことを大切にしています。
お店のことが大好きなオーナー。お店で出しているお料理もオーナーがお友達や家族に食べてもらいたい、と思うこだわりの手作りの物ばかり。オーナーの伯父様が住んでいた頃のように、たくさんの人が訪れて笑顔でおしゃべりしてくれることをオーナー自身が一番楽しみにしているのでしょうね。

ゴスペルで絶対に食べておくべきベスト4

お店で提供されるお料理は全てオーナーの手作り。
ひとつひとつ丁寧に作られたケーキやお料理はどれも優しくて、まるでママが作ってくれたような気持ちがほっこりする味がします。
アンティークな店内で出されるお料理は、お店の雰囲気そのままに、まるで絵本から出てきたような素敵な物ばかり。
ゴスペルに行ったらこれは食べてほしい!というものを今回は4つご紹介します。    

日替わりで楽しめる手作りケーキセット

チーズケーキやチョコケーキタルトなど日替わりで毎日3種類のケーキが楽しめるケーキセット。
おすすめはチェリーチョコという名前の見ためがパンのようなチョコレートケーキ。
外側がさっくりと焼けたガトーショコラのようなケーキで、中はしっとりとしています。表面にはキルシュに漬け込んだチェリーがのっていてふんわりとした大人の香りのするケーキです。
(セットのドリンクはコーヒーか紅茶のお好きな方から選べます)

ケーキ単品 500円(税込み)
ケーキセット  1,100円(税込み)

しっとりした食感が嬉しい 英国風本格スコーン

注文を取った後に焼いてくれる手作りスコーン。
店内にあるドイツ製のオーブンでお菓子を焼いているところも見られるので、待ち時間も楽しみの一つです。
焼き立てのゴスペルのスコーンは中はしっとりとしていて、外はサックサクでとっても香ばしいいい香りがします。
バターがたっぷり入っているので割ってみるとさらにふわーっといい香りが広がります。
そのまま食べても抜群においしいスコーンですが、添えてあるジャムやクリームをつけて味を変えても、またプレーンとは違った深い味わいが楽しめます。
サイズがやや大きめなのでランチの後に・・・となるとちょっとお腹がいっぱいになってしまうかもしれないので、軽いランチのつもりで頼むといいかもしれませんよ。

スコーン単品 700円(税込み)
スコンセット 1,300円(税込み)

(セットのドリンクはコーヒーか紅茶のお好きな方から選べます)

ランチも嬉しい おすすめランチセット

お昼から夜にかけて営業しているお店なので、お店のオープン直後はランチを楽しみにしてご来店されるお客様が多いゴスペル。
洋食店で出されるような本格的な手作りハンバーグは、やや小ぶりながらもぎっしりお肉が詰まっていてジューシーで食べ応え抜群です。
15種類のスパイスを使ってじっくり仕上げたチキンカレーも絶品ですよ。

ランチセット
煮込みハンバーグランチ 1,350円
グラタンセット 1,350円
チキンカレーセット 1,400円
(すべて税込み価格) 

たっぷり飲めるおいしい紅茶

ゴスペルでおすすめなのは食べ物だけではありません。
実は紅茶もおすすめなんです。
お店で入れてくれるホットのオレンジペコは薫り高く味わい深くて、この紅茶を楽しみにご来店されるお客様も多いです。
英国風のアフタヌーンティーにピッタリなお店の雰囲気に合う紅茶。
お店の庭で育てたハーブで作られたハーブティーもおすすめ。こちらもオーナーのこだわりの逸品です。

ホットティー オレンジペコ 650円(税込み)
アイスティー アールグレー 650円(税込み)

ゴスペルの期間限定商品は?

いつもの変わらないママの優しい味でお客様を向かえてくれるゴスペルでは、普段はオーナーの手作りのお料理しか出さないのですが、時々、京都の人気店「ミディ・アプレミディ」の有名なロールケーキ「フロール」が食べられることもあるそうです。
またクリスマスには伝統的な焼き菓子もありますので、こちらも見逃せませんよ。
お店で大々的に宣伝はしていないので、出会えたらラッキーといった感じですね。
(お店のHPやツイッターはありません)

ゴスペルの店内は?

ゴスペルが営業している洋館の中は1階がアンティークな雑貨屋さん、2階がカフェ ゴスペルになっています。
お店の外観も店内の雰囲気もとってもおしゃれ。写真を撮っていくお客様が大変多く、インスタやツイッターにもお食事と共に店内の様子がたくさんあがっています。
店内で一番人気のスポットは、外から丸い塔のようになっている個室。
こちらは3名~6名様で利用できるお席になっています。
アンティークな家具とレトロなレコードから流れるクラシックな音楽、そして食器やお料理はまるでイギリスのおしゃれな古いカフェに行ったような気分にさせてくれます。

いつでもお客様を温かく迎えてくれるオーナーの想いが、お店の中いっぱいにあふれているようですね。

ゴスペルのお菓子はお取り寄せできる?

ゴスペルのスコーンやケーキは残念ながらお取り寄せは出来ません。
お店の雰囲気まで含めて【ゴスペルの味】なんです。
どうしても食べてみたい!という方は、京都まで足を運んでください。

【ゴスペル】は予約できる?

ゴスペルでは誕生日会や結婚式の二次会など貸し切り予約を受け付けてくれています。
お店でクラシックの演奏会をしたり、撮影をしたりするための貸し切りもOKだそうです。
パーティーの場合には、お料理やお飲み物のお手伝いもしっかりとしてくださいますので、気になる方はぜひご相談してみてください。
平日の日中はすいていることも多いので、平日に来店することをおすすめしますよ。

ゴスペルへの行き方は?

公共交通機関を利用してゴスペルへ行く場合は電車よりもバスの方が便利です。
京都駅からバスに乗る場合は100号系統に乗り銀閣寺前バス停で下車、もしくは203号系統に乗り銀閣寺道バス停で降りるとわかりやすいです。
電車の場合は最寄駅からいずれも25分程度かかりますので、哲学の道へ向かってお散歩と思いながらゆっくり景色を楽しみながら歩くといいですよ。
お店の専用駐車場はありませんが、すぐ隣にコインパーキングがありますので車の方はそちらをご利用ください。17時以降は50mほど先にある市営駐車場が無料で利用できますので、そちらを利用するのもおすすめです。

<電車利用の場合>
叡山電鉄叡山本線 茶山駅で下車 徒歩23分(1.8km)
叡山電鉄叡山本線  元田中駅で下車 徒歩23分(1.8km)
京都市営地下鉄東西線   蹴上駅で下車 徒歩26分(2.0km)

<バス利用の場合>
京都市バス 100号系統 銀閣寺前バス停で下車 徒歩3分(230m)
京都市バス 17号系統 浄土寺バス停で下車 徒歩5分(340m)
京都市バス 203号系統 銀閣寺道バス停で下車 徒歩6分(460m)
(100号系統は京都駅、17号系統は京都駅、四条河原町、出町柳駅前、203応系統は四条河原町、出町柳駅前から発車します)

店舗情報
店名:ゴスペル
住所:京都市左京区浄土寺上南田町36
営業時間:月・水~日 12:00~18:00(L.O.17:30)
定休日:火曜日