食べづらいと評判の北海道・苫小牧銘菓!三星の「よいとまけ」を紹介♪

photo by よいとまけhttps://yoitomake.jp/yoitomake.html

日本一食べづらいと評判のお菓子があります。
そのお菓子の名は「よいとまけ」。

よいとまけは北海道・苫小牧の銘菓として知られる三星という製菓会社が作っているお菓子です。三星は北海道の名店として評判で、ハスカップを使った珍しいお菓子を数々販売しているのです。

ここでは、三星やまいとまけについてご紹介します。ぜひ三星とよいとまけの魅力に触れると同時に、北海道ならではのよさも知ってみてください。

「まいとまけ」を作る三星ってどんな会社?

三星は明治31年に創業された、歴史深いお菓子店です。小林多喜二の叔父にあたる人が小樽で始めた菓子屋なんだとか!パン・お菓子の老舗として地元のお菓子店として活躍し、現在もハスカップを使ったお菓子を販売しています。

看板商品のよいとまけは日本一食べづらいお菓子と表現され、地元だけではなく全国にその名を轟かせているのです。

そのほかにもほろりんか・ハスカップランド・ハスカップの雫といった、多くの魅力的な商品を取り揃えています。

エグザイルのメンバーが紹介して人気爆発!よいとまけはどんなお菓子?

1953年に発売されたよいとまけ。長く愛される銘菓となりました。第22回全国菓子大博覧会でも受賞している美味しさ!エグザイルのメンバーがテレビで紹介したところ、あっという間に評判が広がっていきました。

よいとまけはロールカステラにハスカップジャムを使った、甘みが強めのお菓子です。ハスカップとは苫小牧に自生するブルーベリーに似た植物のことで、今では美唄市のを使っているのだとか。幻の果実ともいわれています。ハスカップならではの酸味と甘みを感じることができ、口に入れるとジューシーな食感が広がります。ケーキのように食べ応えがあるお菓子なので、食べ応えを重視する方にも食べやすいでしょう。北海道のお土産として喜ばれる一品です。

ちなみになぜ「よいとまけ」と名づけられたかというと、マルタ工場で「よいとまけ」と叫んでいた人たちから着想を得ているのです。よいとまけはさまざまな意味で、北海道を代表するお菓子といえるでしょう。

よいとまけはなぜ食べづらいといわれているのか?

北海道の銘菓として市民権を得ているよいとまけですが、日本一食べづらいお菓子といわれているのです。その理由の一つが小分けがしづらいという点です。

よいとまけにはオブラートがまかれているので、包丁が通りづらくなります。そのうえハスカップジャム自体に粘度があるので、包丁にジャムがまとわりつきさらに切りにくくなっているのです。今は予め7等分されて売られています。

しかし、フォークがオブラートに絡まるなどなど、まだ食べづらいお菓子であることに変わりはないようです。結局手づかみで手をべたべたにしながら食べる人も少なくないようです。ちなみに、このオブラートは食べられます。

よいとまけの姉妹商品 よいとまけいちご

よいとまめには姉妹商品である、よいとまけいちごが存在しています。ハスカップの代わりにいちごジャムを使うことで、よいとまけとは違った甘さを生み出しているのです。ぜひよいとまけと合わせて、食べてみてください。

よいとまけはどこで購入できる?通販は?

北海道に行く機会のある方ならば、道内の三星の店舗で購入することができますよ。
地元のスーパーにもあるそうです。

三星の商品は店舗だけではなく北海道にある新千歳空港のお土産コーナー「ゆのみのんの」や、通販サイトでも購入可能です。
三星のサイトのオンラインショップからは楽天市場に飛ぶようになっています。

ご利用はこちら↓

楽天市場

北海道以外に住んでいる人も気軽に購入できますね。
店舗に行くのが難しい方は、ぜひ通販を利用してみてください。

よいとまけとコーヒーはいかが?

苫小牧の魅力がたくさん詰まったお菓子、よいとまけ。

コーヒーや紅茶、牛乳などとも相性が良く、ちょっとした寛ぎの時間にいかがでしょうか?
食べにくいと言ってみんなでガヤガヤしながら食べるのも楽しいですよ。