行列必死おはぎ専門店「タケノとおはぎ」の美しい絶品和菓子

美しすぎると人気の「進化系おはぎ」を提供するお店「タケノとおはぎ」。

可愛らしい色合いや美味しそうな風味とどれも魅力的なおはぎばかり。そのセンスに魅せられ、リピーターになる人が続出しています。桜新町の他に学芸大学にも店舗を展開しています。

今回は、「タケノとおはぎ」の魅力をたっぷりとご紹介します。

ドラマのさぼリーマン甘太郎第8話や2020年1月14日(火)放送の「マツコの知らない世界」でも放送された大人気の行列店です!

「タケノとおはぎ」とは?

「タケノとおはぎ」は、その名の通りおはぎの専門店。2016年に東京・桜新町にオープンしたお店です。

おはぎやさんといえば純和風といった外観をイメージするかもしれませんが「タケノとおはぎ」は、ガラス張りのシンプルで落ち着いた雰囲気となっています。これだけでも、普通のおはぎやさんとは違うことがわかりますね。

特徴的な「タケノとおはぎ」という名前は、このお店のオーナー小川寛貴さんのおばあさんの名前が由来なのだそう。小川さんのおばあさんが作るおはぎが絶品で、大好きだったのだそうです。そんなタケノおばあさんの味を引き継ぎ、現代的なエッセンスを入れたのが「タケノとおはぎ」なのです。

「タケノとおはぎ」の店内は、シンプルでスタイリッシュな空間。大きな木のテーブルの上には木箱が置かれており、その中に見栄え良く並べられたおはぎ。

一見おはぎとは思えないようなかわいらしい見た目に、心奪われる方は多いのではないでしょうか。まるでかわいらしい小物のよう。

「タケノとおはぎ」のおはぎ

「タケノとおはぎ」では、定番のつぶあんこしあんのほか、季節限定商品なども含めいくつものおはぎを販売しています。どれも素材にこだわり、添加物も一切使用していません。

炊きたてのもち米を使用し、お店に出したときのおはぎが一番食べごろになるよう調整して作られています。そのため購入したおはぎはその日のうちに食べるのがおすすめです。

「タケノとおはぎ」の美しさの秘密は、海外のデリカテッセンにあります。小川さんは海外旅行をした際に、海外のデリカテッセンの美しさに心を奪われたのだそう。

様々なお惣菜が、色の種類ごとにまとめられて陳列されていたのだそうです。惣菜の色は単色でも、お皿に盛り付けられるとそれぞれの色がお互いを引き立て鮮やかに映る姿が現在の「タケノとおはぎ」のビジュアルのルーツにあるそう。

この姿に魅了された小川さんは、「タケノとおはぎ」でも7種類のおはぎを盛り合わせたときに、完成品となるような色合いを心がけてメニューを作っているそうです。

「タケノとおはぎ」の人気のメニューとは?

「タケノとおはぎ」の人気メニューをご紹介しましょう。ただし季節限定メニューもあるため、購入する際は、事前に店頭に並んでいるメニューを確認してから足を運んでみてくださいね。なお「タケノとおはぎ」のおはぎはすべてその日のうちの消費をおすすめします。

定番おはぎ「こしあん・つぶあん」

「タケノとおはぎ」の定番中の定番おはぎ「こしあん」と「つぶあん」は、小川さんのおばあさん直伝のおはぎです。実は小川さん、あんこが苦手だったのだそうです。しかし、タケノおばあさんの作るおはぎだけはおいしく食べられたのだとか。

あんこには上質な北海道の大納言小豆を使用。甘さ控えめで、小豆本来の味わいを大切にしています。あんこは作った次の日が1番美味しいのだそうで、「タケノとおはぎ」でも作った次の日のあんこを使用するようにしています。こういった細かな配慮も美味しさの秘訣なのでしょうね。

また、「タケノとおはぎ」の使用するもち米も特徴的。おはぎは餡子に注目しがちですが、もち米の味もとても重要なのだと実感できるのがこちらのおはぎです。品の良い餡子に包まれたおはぎを一口食べると、はりのあるもち米のプチプチとした食感が非常に美味しい。

もち米本来の旨味や甘味を活かされており、コンビニなどのスイーツとは違い自然の甘さがを存分に楽しむことができます。「タケノとおはぎ」の定番のこしあん、つぶあんは、ぜひご堪能いただきたい一品です。

定番おはぎ「ナッツ」

「タケノとおはぎ」のおはぎ「ナッツ」は4種類の有機ナッツをたっぷりまとわせた変わり種のおはぎです。もち米の中には白あんが入っており、白あんの甘さとナッツの香ばしさが見事にマッチしています。

おはぎにナッツ?と思われる方も多いかもしれないですが、このナッツと白あん、そしてもち米の味わいが非常に合うのです。

「タケノとおはぎ」のナッツはその香ばしい香りを引き立てるように白あんが優しい甘さで包み込み、そしてはりのあるもち米の食感が新感覚の和菓子を体感できます。

レモンとココナッツ

「タケノとおはぎ」のレモンとココナッツは和洋折衷の個性的な味わいが楽しめるおはぎです。和菓子なのに、一口食べると南国気分にひたれます。中には白あんが入っており、レモンピールの酸味と合わさって爽やかな後味です。

爽やかなおはぎでありますが、ココナッツの味は控え目で後味にふんわり味わえるくらい。レモンがとても主張してくる面白いおはぎになります。

食べた時にレモンの風味が口の中で広がりますが、レモンと一瞬わからないぐらい柑橘の甘味がきます。この柑橘の甘味が自然の味を活かしてさっぱりとした甘味に仕上がっており、後味のココナッツがさらに引き立てる素材の組み合わせを考え抜いた和菓子となっていました。

最近の洋菓子は層を多くして素材の組み合わせを活かしたケーキが多くみられるようになりましたが和菓子でも素材の組み合わせから新しい味を生み出すという試みを行っているタケノとおはぎは珍しいと感じました。

藻塩と八重桜

「桜」が入っているので春限定の商品かと思いきや、「タケノとおはぎ」ではこの商品を通年販売しているのだそうです。これには「桜新町」の代表的なお菓子に成長させたいという思いが込められているそうです。

「タケノとおはぎ」は新メニュー続々!

「タケノとおはぎ」では、毎日インスタグラムで「〇月〇日のおはぎ」という風にその日のタケノとおはぎで出るメニューをアップしてくれています。タケノとおはぎのインスタ(@takeno_to_ohagi)を要チェック!

「タケノとおはぎ」では日常で感じる季節をおはぎで表現しています。日替わりメニューを考えるにあたって、こんなおはぎを作りたいと思いついたら一晩で形にして店頭に並べるのだそうです。春であっても1週間もあれば季節は進んでしまうから。季節の一瞬、一瞬をおはぎに落としこんでいるんですね。

新メニューを一部紹介

  • 春ハヤテ:八重桜塩漬け×レモネード×白漉し餡
  • 藻塩と八重桜:八重桜塩漬け×藻塩
  • オレンジトリュフ:オレンジピール×有機ココアパウダー×白漉し餡
  • 花ツツジ:白こし餡×白ゴマぺースト×ミックスベリーピューレ×有機クコの実
  • 二藍のカーネーション:酪農応援商品。ヨーグルト×白漉し餡×カッテージチーズ×ブルーベリー
  • 木香薔薇:白こし餡×ジャスミンティー×ドライアプリコット

  • ヴィランズ:アップルシナモン×ブラックカカオ×白漉し餡
  • ほうじ茶とたくあんの醤油漬け
  • 竹の春:栗の甘露煮×抹茶×白漉し餡。秋の季語なのだそう。
  • ジニア:白こし餡×フレッシュザクロ×洋梨のピューレ
  • 二重の蕎麦:白こし餡×蕎麦の実×白味噌

などなど。季節を感じる「タケノとおはぎ」の商品は日本人的でもあり、情緒を感じますね。

「タケノとおはぎ」のパッケージも注目したい!

購入したおはぎは、わっぱにいれてマスキングテープで閉じてくれます。わっぱは3個入りから。手土産やギフトにぴったりですね。わっぱに可愛らしいおはぎがおさまっているさまは、ずっと眺めていたくなるほど魅力的です。

わっぱに詰めることができる個数は奇数個だけです。つまり、3,5,7個の場合です。マスキングテープは8種類くらい用意されており、不定期に変わるそうです。選ぶマスキングテープによっても印象が全然違ってきて楽しいですね。

「タケノとおはぎ」はどのくらい並ぶ?予約できる?

大人気の「タケノとおはぎ」ですが、どれくらい並ぶのでしょうか?また予約は可能なのでしょうか?

「タケノとおはぎ」のおはぎは大人気で、土日には行列を作ることも。また人気のおはぎはお昼前には売り切れてしまうこともあるようです。なお商品が売り切れ次第お店は閉店となってしまうのでご注意くださいね。

予約や取り置きは、新桜町店のみ可能だそう。確実に購入したい方は、予約や取り置きがおすすめです。なお購入日の前日までに連絡をすることが必須となります。予約お渡しは14:00〜18:00新桜町店

「タケノとおはぎ」の噂の春まどとは!?

美しすぎるおはぎで名高いタケノとおはぎですが、その中でも一際際立つのが特注の「春まど」です。

この「タケノとおはぎ」の春まど、まるでニコライバーグマンのフラワーボックスのよう。

注文方法はインスタのアカウント「春まど【harumado】」へDMにて「予約希望日と名前」を連絡する必要があります。予約が埋まってなければ、希望日で注文することが可能です。ただし、一日二組限定のみ。春まどはお引き取り日の1カ月前から受付けが可能です。

基本は桜新町店での受け渡しとなるそうですが、都内もしくは都内近郊のみ別途配送料でお届けいただけるという情報もありました。店舗にいけない方にはかなり有難いサービスですね。詳しくは問い合わせてみて下さい。

お値段は個数や種類等によって変わるので、詳しくは相談するのが最善かと思われます。インスタグラムでも情報がアップされているので、インスタもご確認ください。

4・5寸 9個入り 6,000円
6・5寸 16個入り 9,000円

「タケノとおはぎ」は通販・お取り寄せできる?

「タケノとおはぎ」のおはぎは、通販やお取り寄せ、ネット販売は現在のところ行っていないそう。

また店舗も東京のみで大阪等への進出はありません。残念ですが、これもできたての味わいを楽しんでほしいという心遣いからくるもの。気になる方はぜひ直接目黒もしくは世田谷の店舗まで足を運んでみてくださいね。

「タケノとおはぎ」の2号店・学芸大学店もオープン!

桜新町で人気のおはぎ屋となった「タケノとおはぎ」は、2018年学芸大学駅近くにオープンし、やはり人気となっています。中央中通り商店街に面したガラス張りのお洒落な店舗になっています。まるでブティックのよう。

1号店、2号店とも小川寛貴さんがオーナーで、従妹の小川拓郎さんは学芸大学店を切り盛りしているのだそうです。

「タケノとおはぎ」で季節のおはぎを楽しもう

おはぎはお年寄りが好むものとかいっている人の価値観も変えてしまうような「タケノとおはぎ」のおはぎ。贈り物にも喜ばれること間違いありません。

ぜひ「タケノとおはぎ」のおはぎを召し上がってみてください。

タケノとおはぎの店舗情報

学芸大店は、東京都目黒区中町1-36-6イトウビル1階にあります。こちらも営業時間は同じです。

最新情報は、公式Facebookでもチェックできます。
緊急事態宣言延長に伴い、6月20日(日)まで桜新町店と学芸大学店共に土曜日と日曜日は日替わり7種セットのみの販売を継続します。平日に限り単品販売を再開しているそうです。

店舗情報
店名: タケノとおはぎ

住所: 東京都 世田谷区桜新町1-21-11

営業時間: 12:00~18:00(売切次第終了)

定休日:月、火曜

北海道在住の主婦。教員を経てフリーライターデビューしました。 読書とスピッツと映画と食べ歩きが大好きです