食べる?食べない?柏餅の葉っぱ論争をすっきり解決!

端午の節句の祝い菓子である「柏餅」。そんな柏餅を食べる時、「葉っぱはどうすればいいの?」と思ったことのある方は多いのではないでしょうか。葉っぱはただの飾り?!そもそも柏餅の葉っぱは何のためについているのでしょう?今回はそんな柏餅の葉っぱの謎に迫ってみましょう。

柏餅の葉っぱとは?

柏餅が包まれている葉っぱは、その名の通り柏の葉です。ではなぜ柏餅は柏の葉っぱに包まれるようになったのでしょうか?

柏餅の葉っぱの由来

端午の節句の際関西では粽を、関東では柏餅を食べることが多いようです。柏餅は江戸時代から端午の節句のお菓子として広まりました。柏の葉っぱは新芽が出るまで古い葉っぱが落ちないところから、「家系が絶えずに続くことを反映しているようで縁起が良い」と江戸の武家に好まれるようになったのです。

ちなみに柏餅に使われる「柏の葉」ですが、関東ではその名の通り柏の葉っぱを使っていますが、関西では別の葉っぱを使用する地域もあります。

柏餅の名前の由来

柏の葉は古代には食事を運ぶものとして使用されてきた歴史があります。しかし地方によって自生する木が異なるため、食事のときに使われていた葉もそれぞれです。例えば長野県では朴葉が多く利用されていましたし、西日本ではサルトリイバラが多く利用されていました。

こういった食べ物をのせたり包んだりするのに使っていた葉はすべて「炊葉(かしわば)」と呼ばれており、これが柏餅の名前の由来ではないかと考えられています。

柏の葉っぱの裏表の違い

柏の葉っぱには裏と表で違いがあります。表面はツルツルしており、裏面はザラザラしているのです。昔はこの違いを利用し、中に入っている餡が一目でわかるように区別していたのだそうです。

柏餅に入っている餡は、主にあずきと味噌の2種類。しかし外から見ただけではその違いはわかりません。そこで葉っぱの表裏で一目でどちらの餡を使用しているのかがわかるようにしたのです。

柏餅の葉っぱにはこんな効果も

柏餅の葉っぱはただ縁起がいいだけで巻かれているのではなく、そのほかにも様々な効果があるそうです。

・香りをつける
柏の葉にはフィットンチッドという成分が含まれており、リラクゼーション効果のある香りを放っています。

・抗菌作用がある
柏の葉に含まれるオイゲノールという成分には抗菌作用があります。

・保湿
葉っぱで餅を包むことで、餅の乾燥を防ぎます。

他にも手を汚さずに食べられるという効果が挙げられますね。

柏餅の葉っぱは食べられる?食べられない?

では柏餅の葉っぱは食べられるのでしょうか?柏餅に使われる葉は、食べられるように処理はしてあるため食べても問題はないそうですが、あまりおいしくはありません。もともと食べるために巻いてあるものではないようなので、食べないことをおすすめします。

どうしても柏餅の葉っぱまで食べたい人は、蒸し器や電子レンジで蒸したり、柏餅を食べる前に水や熱湯に浸すと葉っぱがしんなりして食べやすくなります。

柏餅の葉っぱは関西と関東で違うの?

柏餅の葉っぱは、地域によって異なるそうです。一般的には関西ではサルトリイバラ、関東では柏の葉を使用します。関西では近くの山で柏の葉っぱが手に入りにくく、代用としてサルトリイバラの葉っぱを使うことが多いとか。このほかにも地域によって違った葉を使っていることがあるようなので、調べてみると面白いかもしれませんね。

葉っぱも準備して柏餅を作ろう!レシピ紹介

最近の若い方や都市部在住の方なんかは自分で柏餅を作るという機会もないかもしれませんが、ぜひ自分で作って食べて見てはいかがでしょうか?

www.kurashiru.com/recipes/5052cdaf-7ffc-46e4-af21-2631e330398b

cookpad.com/recipe/5062346

意外と簡単に作れてしまうのです。柏の葉っぱはインターネット等の通販で簡単に入手できます。

葉っぱ繋がりの桜餅!葉っぱは食べる?食べない?

桜餅の葉っぱは食用として塩漬けされたものが巻かれているので、食べても問題はありません。しかし、全国和菓子協会では「食べないことを推奨」しているらしく、理由は葉っぱを「外したほうが本来のお菓子の味を感じられるため、より風味がするため」ということです。

柏餅の葉っぱのまとめ

いかがでしたか?

葉っぱは食べることもできなくはありません。

見た目がよくなるだけでなく、柏餅の葉っぱには色々な効果があったのには驚かされますね。

北海道在住の主婦。教員を経てフリーライターデビューしました。 読書とスピッツと映画と食べ歩きが大好きです

関連記事一覧