独自性の高さが魅力「リベルターブル」の個性あふれるスイーツたち

ケーキ

これまで見たこともないような、独自性の高いスイーツづくりで話題を集めている洋菓子店「リベルターブル」。フランス菓子の枠にとらわれない、新しい味わいがリベルターブルの人気の秘密です。そんなリベルターブルの魅力と、リベルターブルでおすすめのスイーツたちをご紹介します。

独自性の高さがリベルターブルの魅力

リベルターブルは、2010年に赤坂にオープンしました。オープン当初はデセールをコース仕立てで提供していましたが、2013年にテイクアウト中心の店舗に切り替えて再スタート。現在、リベルターブルは赤坂のほかに、銀座、渋谷の計3店舗を展開しています。

なお、リベルターブル赤坂店にはイートインスペースがあり、お好きな飲み物とともにケーキを味わうこともできます。リベルターブル赤坂店は外観も内装もスタイリッシュで一人で贅沢な時間を過ごせますし、デートにもおすすめです。

リベルターブルのオーナーシェフ森田一頼さんは、国内やフランスのパティスリーやレストランで経験を積んだのち、フランス料理店「ランベリー」のシェフパティシエとなった実力者。

そんな森田さんの作るリベルターブルのスイーツは、「自由な発想、記憶に残るクリエイティブ」がコンセプト。フォアグラや黒トリュフなど、普通はお菓子に使わないような素材を取り入れるなど、固定概念にとらわれない発想で、独自性の高いスイーツを次々と生み出しています。森田さんのコンセプト通り、リベルターブルには他の洋菓子店には無い斬新なお菓子が並びます。

ありきたりなスイーツに飽きてきたという方は、ぜひリベルターブルの唯一無二の味わいを体験してみてはいかがでしょうか。

自由な発想から生まれる唯一無二のスイーツたち

リベルターブルでしか味わえない個性的なスイーツの数々をご紹介しましょう。

リベルターブルのスペシャリティの一つ「ゼニス」は、高級食材のフォアグラをケーキに取り入れた斬新な一品。フォアグラのフランとシブーストクリームを、相性抜群のリンゴでまとめています。フォアグラのコクと塩気、リンゴの香りや酸味のハーモニーを楽しめます。一つのケーキにリンゴとフォアグラを同時に使うという発想は驚きで、さすがリベルターブルですね。

リベルターブルのもう一つのスペシャリティは、黒トリュフをぜいたくに使った「リュクス」。苦みのあるチョコレートムースと黒トリュフの芳醇な香りを楽しめる、大人の味わいです。スイーツといえばコーヒーか紅茶のお供というイメージですが、リベルターブルのリュクスはワインも合いますよ。

春限定のメニュー「レヴェイユ」は、春の味覚ふきのとうを用いたミルフィーユ。その斬新さに驚きと感動が生まれるでしょう。五感で楽しむことのできるリベルターブルのレヴェイユも絶品です。

高級感あふれるスイーツたちはギフトにもピッタリ

リベルターブルには焼き菓子の詰め合わせなど、ギフトに使える商品もそろっています。高級感あふれるリベルターブルのスイーツたちは、大切な方への贈り物にピッタリです。

素材の味を生かした焼き菓子には、ヤギのチーズや黒トリュフなどを取り入れた個性的な味わいのものも。普段なかなか口にできないリベルターブル独自の斬新なおいしさにきっと感動してくれるはず。

夏季限定の「朱夏の果実ジュレ」は、キラキラとした宝石のような見た目がなんともフォトジェニック。さっぱりとして上品な味わいは、暑い夏の日の手土産に最適です。

なお、一部の商品はリベルターブルのオンラインショップでも購入できます。

オンラインショップ
http://libertable.theshop.jp/

とっておきの一日に用意したいホールケーキ

誕生日ケーキやクリスマスケーキなど、とっておきの日に欠かせないホールケーキ。リベルターブルのオシャレで華やかなホールケーキは、いつも人気。すぐに売り切れてしまうことが多いようなので、予約必須です。

クリスマス時期には、リベルターブルでもクリスマス限定商品を販売します。クリスマス限定のホールケーキはもちろん、この時期にしか食べられない、シュトーレンなど焼き菓子の詰め合わせも販売します。

リベルターブルの店舗情報

お店情報
店名:Libertable赤坂店

住所:東京都港区赤坂2-6-24 1F

定休日:不定休

営業時間:11:00~21:00

お店情報
店名:Libertable 松屋銀座店

住所:東京都中央区銀座3-6-1 B1F

定休日:不定休

営業時間:10:00~20:00

お店情報
店名:Libertable 渋谷ヒカリエShinQs店

住所:東京都渋谷区渋谷2-21-1 B2F

定休日:不定休

営業時間:10:00~21:00

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。