• HOME
  • コラム
  • パン
  • 直径15cmで100g以下のフワ軽!浅草新名物「花月堂」のジャンボめろんぱん

直径15cmで100g以下のフワ軽!浅草新名物「花月堂」のジャンボめろんぱん

photo by 浅草花月堂https://asakusa-kagetudo.com/

浅草名物は人形焼き、雷おこし、どら焼きなど和テイストの物が多いですよね。

そんな中、新しい名物として登場したのが、花月堂のメロンパン。ただのメロンパンでなく、花月堂で話題となっているのはジャンボめろんぱん。そのサイズは、なんと直径15cm。

今回は、花月堂のジャンボめろんぱんの人気の秘密に迫ります!

浅草 花月堂

花月堂は1945年に創業した老舗です。現在は花月堂本店や雷門店をはじめ複数の店舗を展開しています。芸能人も多く訪れ、メディアにも多く取り上げられている有名店です。

浅草に行く際には、ぜひ花月堂に立ち寄ってみて下さいね。

ジャンボだけどフワフワで軽い花月堂のメロンパン!

花月堂のジャンボめろんぱんの大きさ直径15cm。ホールケーキでいうと4人分くらいの5号サイズです。

大きくて食べきれないのでは?と思いますが、実はおどろくほどフワフワで軽いです。重量を量ってみると意外にも100gありません。

花月堂で購入した時に、見た目と受け取った時に感じる重量感の違いに驚くでしょう。軽いからと言って中が空洞でスカスカなのではありません。

花月堂の製法に秘訣があり、発酵にかける時間は一般的なパンの3倍をかけているそうです。その日の天気、湿度、小麦粉の状態など考慮して酵母と対話しながら作っています。まさに、花月堂のご主人の知識やパンへの愛情で仕上がった逸品!

花月堂のメロンパンは焼き立てが一番美味しい

花月堂では工場で作ったパン生地を、各店舗のオーブンで焼き上げています。

店舗周辺にはめろんぱんの甘い香りが漂い、行列がさらに伸びてしまいます。狙い目は16時前の浅草寺西参道の花月堂本店です。

行列がひと段落してからの焼き上がりの時間の為、ベストな状態で待ち時間も短めで購入できますよ。ジャンボめろんぱんは値段1個220円、花月堂本店だけで1日に3000個売れることもあります。

花月堂4店舗で日に4000~6000個売れる大人気商品です。

また、花月堂は全国各地のデパートの催事で出店することもあります。詳しくは花月堂のHPでチェックしてみてください。

花月堂のHP

花月堂のアイスメロンパンも見逃せない!

メロンパンばかりじゃ飽きるというなら、ひんやり冷たいアイスを挟んだアイスメロンパンがおススメです。

サックサクのクッキー生地と、フワフワのパンの中に滑らかなソフトクリームのようなバニラアイス。甘くてしつこい?!なんて心配は御無用です。

バニラだけではなく抹茶やクッキー&クリーム、バニラ+苺ソースなどバリエーションも豊富ですよ。仲間内でいろいろ買って、シェアして食べ比べるのも楽しそうです!

浅草に行く機会があれば、ぜひ花月堂に寄ってみて下さいね。

お店情報
店名:浅草 花月堂

住所:東京都台東区浅草2-7-13

定休日:なし

営業時間: 9:00~17:00(ジャンボめろんぱん完売に次第閉店)